内側広筋の筋輝度が膝OAの機能障害・症状悪化を予測する?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

内側広筋の筋輝度が膝OAの機能障害・症状悪化を予測する?

変形性膝関節症例における内側広筋の機能というのは以前から注目されております.

最近は筋力のような筋の量ではなく筋の質をターゲットとした研究が増えておりますが,変形性膝関節症例の内側広筋の筋の質ってどうなのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例では筋萎縮よりも筋質低下が早期に生じるといったお話です.

ドックの近くに立っている少年

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Patients with knee osteoarthritis (OA) experience muscle quality loss, and is characterized by the enhanced echo intensity (EI) of the vastus medialis (VM) muscles and a high extracellular water-tointracellular water (ECW/ICW) ratio of the thigh. No longitudinal study has investigated the association of muscle degeneration at baseline with the progression of functional disabilities and symptoms in patients with knee OA, with a focus on muscle quality measured as EI and ECW/ICW. This study aimed to elucidate the association between muscle degeneration and worsening of functional disabilities and symptoms in patients with knee OA over 3 years duration.

変形性膝関節症例では筋肉の質の低下が見られ,内側広筋(VM)のエコー強度(EI)の増強と大腿部の高い細胞外水-細胞内水(ECW/ICW)比が特徴的であります.

エコー強度と細胞外水-細胞内水で測定される筋肉の質に着目し,ベースライン時の筋肉の変性と変形性膝関節症例の機能障害・症状の進行との関連について調べた縦断的研究はありません.

この研究では変形性膝関節症例の3年以上にわたる筋力低下と機能障害・症状の悪化との関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Thirty-three patients with knee OA who completed follow-up over 3 years were included in the analysis. The knee scoring system (KSS) was used to evaluate the functional abilities and symptoms. Based on the 3-year change in KSS scores, patients were classified into progressive or non-progressive groups. Muscle thickness (MT) and EI of the VM were determined using ultrasonography. The ECW/ICW ratio was measured using segmental-bioelectrical impedance spectroscopy. Multivariable logistic regression analyses were conducted with the groups as the dependent variables and VM-MT, VM-EI, and ECW/ICW ratio at baseline as independent variables, including potential confounders as the age, body mass index, radiographic OA severity, and baseline KSS scores.

3年以上の経過観察が終了した変形性膝関節症例33例を解析対象としております.

機能的能力および症状の評価には膝スコアリングシステム(KSS)を用いております.

3年間のKSSスコアの変化に基づいて,患者を進行性群と非進行性群に分類しました.

内側広筋の筋厚(MT)とエコー強度は超音波検査で測定しております.

ECW/ICW比はセグメント生体電気インピーダンス分光法を用いて測定しております.

多変量ロジスティック回帰分析を群を従属変数とし,ベースライン時のVM-MT,VM-EI,ECW/ICW比を独立変数として年齢,肥満度,X線写真によるOA重症度,ベースラインのKSSスコアなどの潜在的交絡因子を含めて実施しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Thirteen (39.4%) patients showed progressive features. VM-EI at baseline, but not the VM-MT and ECW/ICW ratio, was significantly associated with the progression of functional disabilities (adjusted odds ratio [OR], 1.24; 95% confidence interval [CI], 1.03-1.50) and symptoms (adjusted OR, 1.13; 95% CI, 1.01-1.25).

13例(39.4%)が進行性の特徴を示しました.

ベースライン時のVM-EIはVM-MTやECW/ICW比から独立して機能障害(調整オッズ比[OR], 1.24; 95%信頼区間[CI], 1.03-1.50)および症状(調整OR, 1.13; 95% CI, 1.01-1.25)の進展と有意に関連することが示されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The findings of the current study suggest that enhanced VM-EI was associated with worsening of functional disabilities and symptoms in patients with knee OA over a period of 3 years. Therefore, VM-EI, which can be easily determined using the ultrasound images in clinical settings, may be a useful indicator for predicting future dysfunction and symptomatic worsening in patients with knee OA.

この研究の結果から内側広筋のエコー強度の増強が変形性膝関節症例の3年間の機能障害および症状の悪化と関連することを示唆されます.

したがって臨床の場で超音波画像を用いて容易に測定できる内側広筋のエコー強度は,変形性膝関節症例の将来の機能障害や症状の悪化を予測するための有用な指標となる可能性があります.

 

非常に興味深い結果ですね.

変形性膝関節症例では内側広筋の筋輝度評価が機能障害・症状悪化を予測する要因になりそうですね.

臨床でもこういった評価が簡便に行えるとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました