変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性

変形性膝関節症例に対しては内反モーメントの改善を目的に膝装具が用いられることが多いです.

近年,膝装具にバイブレーター機能が付いたものが出てきておりますが,これはバイブレーターを使用して筋機能を改善するといった趣旨のものです.

今回は変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Encounter

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Gait Posture. 2022 Oct 29;99:83-89. doi: 10.1016/j.gaitpost.2022.10.019. Online ahead of print.

Effect of equipping an unloader knee orthosis with vibrators on pain, function, stiffness, and knee adduction moment in people with knee osteoarthritis: A pilot randomized trial

Kourosh Barati 1, Mojtaba Kamyab 2, Ismail Ebrahimi Takamjani 3, Shahrbanoo Bidari 4, Mohamad Parnianpour 5

Affiliations expand

PMID: 36368240 DOI: 10.1016/j.gaitpost.2022.10.019

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Wearing unloader knee orthoses for the long term may have a side effect on knee adduction moment (KAM).

荷重軽減用装具膝装具を長期間装着することで膝関節内転モーメント(KAM)に悪影響が出る可能性があります.

 

 

 

 

 

 

 

研究疑問

Research question: This study sought to determine whether equipping an unloader knee orthosis with vibrators improves its effectiveness in pain, stiffness, function, and reducing the KAM.

この研究では荷重軽減用装具膝装具にバイブレーターを装備することで痛み,こわばり,膝関節機能,および膝関節内転モーメント(KAM)の減少に対する効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The authors performed a clinical evaluation with the Western Ontario and McMaster Universities (WOMAC) questionnaire and instrumented gait analyses on 14 participants with medial compartment knee osteoarthritis in two testing sessions: before wearing the orthosis and after 6 weeks of use.

Western Ontario and McMaster Universities(WOMAC)質問票による臨床評価と機器による歩行分析を,内側コンパートメント変形性膝関節症の被験者14例を対象として装具装着前と使用6週間後の2回の試験セッションで実施しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果と意義

Results and significance: Wearing both orthoses for 6 weeks significantly improved (p < 0.05) pain, stiffness, and function compared to the baseline assessment. There was a significantly greater reduction in the first peak KAM (p = 0.016) and KAM impulse (p = 0.008) in the vibratory unloader knee orthosis than in the conventional knee orthosis in the second session. Equipping the unloader knee orthosis with vibrators can improve its effectiveness in reducing the KAM and can prevent the side effects of its use. Furthermore, equipping the unloader knee orthosis with the vibrators did not interfere with its effectiveness on pain, stiffness, and function.

装具を6週間装着することでベースライン評価と比較して痛み,こわばり,膝関節機能が有意に改善しました(p<0.05).

振動式荷重軽減用装具膝装具では2回目のセッションにおいて,従来の膝装具に比較して,膝関節内転モーメント第1ピーク(p=0.016)および膝関節内転モーメントインパルス(p=0.008)の有意な減少がみられました.

荷重軽減用装具膝装具にバイブレーターを装備することで,膝関節内転モーメント低減効果を向上させ,その使用による副作用を防止することが可能であります.

さらに荷重軽減用装具膝装具にバイブレータを装着しても痛み,こわばり,機能に対する効果を阻害することはありませんでした.

 

今回は変形性膝関節症例に対するバイブレーター機能付きの荷重軽減用装具の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

内転モーメントが減少する機序が不明ではありますが,振動刺激によって筋活動が賦活されることが内転モーメントを減少させることにつながるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました