凍結肩に対する理学療法の効果はいかに?SR論文紹介

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

凍結肩に対する理学療法の効果はいかに?SR論文紹介

凍結肩に対して理学療法士や作業療法士が関わる機会は多いと思います.

しかしながら凍結肩に対する理学療法の効果ってどうなのでしょうか?

今回は凍結肩に対する理学療法の効果を考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

裸の女性のグレースケール写真

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Back Musculoskelet Rehabil. 2021;34(2):195-205. doi: 10.3233/BMR-200186.

The efficacy of physiotherapy interventions in the treatment of adhesive capsulitis: A systematic review

Piumi Nakandala 1, Indumathie Nanayakkara 2, Surangika Wadugodapitiya 1, Indika Gawarammana 3

Affiliations expand

PMID: 33185587 DOI: 10.3233/BMR-200186

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Adhesive capsulitis is a debilitating condition which causes the capsule of the gleno-humeral joint to thicken and contract progressively. The effectiveness of various non-operative methods has been demonstrated to improve the pain, range of motion (ROM) and functional status of patients with adhesive capsulitis.

凍結肩は肩甲上腕関節の関節包が徐々に厚くなり,拘縮した状態とされます.

癒着性関節包炎症例の疼痛,可動域(ROM),機能状態を改善するために,様々な非手術的方法が有効であることが示されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: This study aims to review recent evidence on the efficacy of physiotherapy interventions in the treatment of adhesive capsulitis.

この研究では凍結肩の治療における理学療法による介入の有効性に関する最近のエビデンスを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: PubMed, Physiotherapy Evidence Database (PEDro), Science Direct and Cochrane databases were searched for studies published since 2013. The search terms included: Frozen shoulder, adhesive capsulitis, physical therapy, rehabilitation, manual therapy, mobilization, exercise, education, and electrotherapy. The search was limited to studies published in English and studies that used human subjects.

PubMed,Physiotherapy Evidence Database(PEDro),ScienceDirect,Cochraneの各データベースで,2013年以降に発表された研究を検索しております.

検索キーワードは以下の通りとなっております.

 

五十肩

凍結肩

理学療法

リハビリテーション

徒手療法

モビライゼーション

運動療法

教育

電気療法

 

検索対象は,英語で発表された研究,およびヒトを対象とした研究に限定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Results: Quality scores of 33 articles were reviewed according to the Sackett’s critical appraisal criteria and the grades of recommendation were determined for physiotherapy interventions used in the studies.

33編の論文の品質スコアをSackettの批判的評価基準に従って検討し,研究で用いられた理学療法の介入について推奨のグレードを決定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The empirical evidence suggests that certain physical therapy techniques and modalities are strongly recommended for pain relief, improvement of ROM, and functional status in patients with adhesive capsulitis, while others are either moderately or mildly recommended. However, the efficacy of one treatment modality over another is uncertain. The poor methodological rigors demonstrated in most of the reviewed studies emphasize the urgent need of properly conducted, adequately sampled randomized controlled trials with adequate follow up to determine the superior combination of treatment.

経験的エビデンスによると,ある種の理学療法技術や様式は,凍結肩の疼痛緩和,ROMの改善,機能状態の改善に強く推奨され,他のものは中程度または軽度に推奨されます.

しかしある治療法が他の治療法よりも有効であるかどうかは,不確かであります.

レビューされた研究のほとんどで示された方法論的厳密性の低さは,治療の優れた組み合わせを決定するために,適切に実施され,適切にサンプリングされたランダム化比較試験と適切なフォローアップが緊急に必要であることを強調しております.

 

今回は凍結肩に対する理学療法の効果を考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

結果としてはまだまだその有効性は不確かということですね.

タイトルとURLをコピーしました