THAの脱臼率は経年的に減少しているのか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THAの脱臼率は経年的に減少しているのか?

人工股関節全置換術後には脱臼が問題となることが多いです.

インプラントや手術手技自体はここ数年でもかなり改善しておりますが,脱臼の発生率は経年的に変化しているのでしょうか?

今回はTHAの脱臼率は経年的に減少しているのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Rehabilitation

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Arch Orthop Trauma Surg. 2022 Nov 10. doi: 10.1007/s00402-022-04678-w. Online ahead of print.

Did the dislocation risk after primary total hip arthroplasty decrease over time? A meta-analysis across six decades

J H J van Erp 1 2 3, M F T Hüsken 4 5, M D Filipe 6, T E Snijders 4 5, M C Kruyt 7 8, A de Gast 4, T P C Schlösser 7

Affiliations expand

PMID: 36357707 DOI: 10.1007/s00402-022-04678-w

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: While continuous optimization is attempted to decrease the incidence of dislocation after total hip arthroplasty (THA), dislocation remains a major complication. This meta-analysis aims to analyze the evolution of the dislocation risk after primary THA over the decades and to evaluate its potential publication bias.

人工股関節全置換術(THA)後の脱臼の発生率を減らすために継続的な最適化が試みられております.

脱臼は依然として主要な合併症の1つであります.

このメタアナリシスでは数十年にわたる初回THA後の脱臼リスクの変遷を分析し,その潜在的な出版バイアスを評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Patients and methods: A systematic search was performed according to the PRISMA guidelines for this meta-analysis in the literature published between 1962 and 2020. MEDLINE, Cochrane and Embase databases were searched for studies reporting the dislocation risk and length of follow-up. Studies that reported on revision rates only and did not mention separate dislocations were excluded. All study designs were eligible. Study quality was assessed by existing quality assessment tools adjusted for arthroplasty research. Overall risk and yearly dislocation rates were calculated and related to historical time frame, study design, sample size and length of follow-up.

1962年から2020年の間に発表された文献を対象としてメタアナリシスのPRISMAガイドラインに従って系統的な検索を実施しております.

MEDLINE,Cochrane,Embaseの各データベースで脱臼リスクとフォローアップ期間を報告した研究を検索しております.

再置換率のみを報告し,個別の脱臼に言及しない研究は除外しております.

全ての研究デザインを対象としております.

研究の質は,関節形成術の研究用に調整した既存の質評価ツールで評価しております.

全体的なリスクと年間の脱臼率を計算し,歴史的な時間枠,研究デザイン,サンプルサイズ,フォローアップの長さと関連付けております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: In total, 174 studies were included with an overall moderate quality. In total there were 85.209 dislocations reported in 5.030.293 THAs, showing an overall dislocation risk of 1.7%, with a median follow-up of 24 months. The overall dislocation risk classified per decade decreased from 3.7% in 1960-1970 to 0.7% in 2010-2020. The yearly dislocation rate decreased from 1.8 to 0.7% within these same decades. There was no significant correlation between the reported dislocation risk and the duration of follow-up (p = 0.903) or sample size (p = 0.755). The reported dislocation risk was higher in articles with registry data compared to other study designs (p = 0.021).

合計で174件の研究が含まれ,全体的な質は中程度でありました.

5,030,293件のTHAにおいて,合計85,209件の脱臼が報告され,全体の脱臼リスクは1.7%であり,追跡調査の中央値は24ヶ月でありました.

10年ごとに分類された全体の脱臼リスクは,1960~1970 年の3.7%から2010~2020年には0.7%に減少しておりました.

年間脱臼率は,同じ年代の中で1.8%から0.7%に減少しておりました.

報告された脱臼リスクと追跡期間(p=0.903)およびサンプルサイズ(p=0.755)の間に有意な相関はありませんでした.

報告された脱臼リスクは他の研究デザインと比較してレジストリデータを用いた論文で高い結果でありました(p=0.021).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The dislocation risk in THA has been decreasing over the past decades to 0.7%. Non-selective registry studies reported a higher dislocation risk compared to studies with selective cohorts and RCTs. This indicates that the actual dislocation risk is higher than often reported and ‘real-world data’ are reflected better in large-scale cohorts and registries.

THAにおける脱臼のリスクは過去数十年の間に0.7%まで減少していることが明らかとなりました.

非選択的レジストリ研究は選択的コホートやRCTを用いた研究と比較して,より高い脱臼リスクを報告しております.

このことは実際の脱臼リスクはしばしば報告されるよりも高く,「実世界のデータ」は大規模コホートやレジストリの方がよく反映されることが示唆されます.

 

今回はTHAの脱臼率は経年的に減少しているのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

脱臼率は減少しているもののやはりゼロではないといったところが大きなポイントだと思います.

また実際の脱臼リスクは報告されているものよりも高い可能性があるということを考慮する必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました