下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃない

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃない

変形性膝関節症例では膝関節痛の原因として下腿の外旋が挙げられます.

下腿の外旋は脛骨大腿関節内側コンパートメントの力学的負荷を増大させ疼痛発生につながります.

下腿の外旋の原因として腸脛靭帯のタイトネスが挙げられますが,実はしかし下腿の外旋に関連する組織として重要なのは腸脛靭帯だけではありません.

今回は下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃないといったお話です.

Free photos of Knee

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Res. 2000 Jan;18(1):101-8. doi: 10.1002/jor.1100180115.

Hamstrings and iliotibial band forces affect knee kinematics and contact pattern

S D Kwak 1, C S Ahmad, T R Gardner, R P Grelsamer, J H Henry, L Blankevoort, G A Ateshian, V C Mow

Affiliations expand

PMID: 10716285 DOI: 10.1002/jor.1100180115

今回ご紹介する論文は2000年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的・仮説

Many clinical studies have emphasized the role of the hamstrings and the iliotibial band on knee mechanics, although few biomechanical studies have investigated it. This study therefore examined two hypotheses: (a) with loading of the hamstrings, the tibia translates posteriorly and rotates externally and the tibial contact pattern shifts anteriorly; furthermore, the changes in tibial kinematics alter patellar kinematics and contact; and (b) loading the iliotibial band alters the kinematics and contact pattern of the tibiofemoral joint similarly to loading the hamstrings, and loading the iliotibial band laterally translates the patella and its contact location.

多くの臨床研究において,ハムストリングスと腸脛靭帯が膝関節力学に与える役割が強調されておりますが,バイオメカニクス的な研究はほとんど行われていません.

そこでこの研究では

(a)ハムストリングスのタイトネスにより脛骨は後方に移動し外旋し,脛骨の接触様式は前方に移動する,さらに脛骨の運動様式の変化は膝蓋骨の運動様式と接触を変化させる,

(b) 腸脛靱帯のタイトネスはハムストリングスのタイトネスと同様に脛大腿関節の運動様式と接触様式を変化させ,腸脛靱帯荷重は膝蓋骨と接触位置を横方向に変化させる

といった2つの仮説を検証しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Five cadaveric knee specimens were tested with a specially designed knee-joint testing machine in an open-chain configuration. At various flexion angles, the knees were tested always with a quadriceps force but with and without a hamstrings force and with and without an iliotibial band force.

5体の膝関節標本を特別に設計された膝関節試験機でオープンチェーン構成で試験を行っております.

様々な屈曲角において,膝には常に大腿四頭筋の力を加え,ハムストリングス・腸脛靱帯の力は加えず試験を行っております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The results support the first hypothesis. Hence, the hamstrings may be important anterior and rotational stabilizers of the tibia, a role similar to that of the anterior cruciate ligament. The results also support the second hypothesis, although the iliotibial band force had a smaller effect on the tibia than did the hamstrings force.

第一の仮説が支持されました.

つまりハムストリングスは前十字靭帯と同様に脛骨の重要な前方および回転安定化因子である可能性があります.

また腸脛靱帯の力はハムストリングスの力よりも脛骨への影響が小さい結果でありましたが,この結果は第2の仮説を支持するものでありました.

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Both forces also changed patellar kinematics and contact, demonstrating that these structures should also be considered during the clinical management of patellar disorders.

ハムストリングス・腸脛靱帯両者とも膝蓋骨の運動と接触を変化させ,膝蓋骨障害の臨床管理において,これらの構造も考慮すべきであることが示されました.

 

今回は下腿の外旋に関連するのは腸脛靭帯だけじゃないといったお話でした.

下腿の外旋を改善するためには腸脛靱帯のみならず外側ハムストリングスのタイトネスに着目した介入が必要ということですね.

タイトルとURLをコピーしました