理学療法士・作業療法士の給料あるある

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の給料あるある

理学療法士・作業療法士の平均年収は407万円です.

お世辞には高いとは言えない理学療法士・作業療法士の年収ですが,理学療法士・作業療法士ならではの給料あるあるってありますよね.

今回は理学療法士・作業療法士の給料あるあるについてご紹介させていただきます.

Free photos of Euros

 

 

 

 

 

 

業務と見合っていない?

毎日7時には出勤して夜は遅くまで研修会に参加して…

それで手取り給与は14万円…

こんな話もよく聞きます.

業務量と給料が見合っていないと考える理学療法士・作業療法士も少なくないと思います.

年々,理学療法士・作業療法士の初任給って下がっていますからね.

厳しい時代ですよね.

 

 

 

 

 

 

給料が全然上がらない

理学療法士・作業療法士の職場で多いのが昇給が500円とか1000円とかいったケースです.

経験年数を重ねても全く給料が上がらないなんて理学療法士・作業療法士の職場って多いです.

初任給に騙されて就職してしまったものの,一向に給料が上がらないとボヤいている理学療法士・作業療法士は少なくありません.

責任の重い仕事は増えても一切給料に反映されないわけです.

 

 

 

 

 

時給換算すると安い

時給自体は高いけど,サービス残業が多いので結局安い時給で働いてしまっているなんてこともけっこうあります.

残業申請しても却下されたり,そもそも申請できる空気ではなかったり…

ブラックな職場は給料にも大打撃です…

 

 

 

 

 

給料日が一番幸せ

あともうちょっと頑張ろうと思えるのは給料日のおかげです.

口座に振り込まれた額を見てガッカリすることもありますが,給料日だけは頑張って働けるといった理学療法士・作業療法士も多いと思います.

今回は理学療法士・作業療法士の給料あるあるについてご紹介させていただきました.

お金がすべてはありませんが,やっぱり長く働くためにはそれなりの給料の条件の職場を探したいところです.

理学療法士・作業療法士が平均年収より100万UPさせる3つの方法
お世辞にも高いとはいえない理学療法士・作業療法士の平均年収ですが,残念ながら理学療法士・作業療法士で年収1000万円以上なんていうのは現実的ではありません. ただちょっとした工夫をすれば理学療法士・作業療法士の平均年収を100万円アップさせて500万円台にするのはそんなに難しいことではありません.
タイトルとURLをコピーしました