理学療法・作業療法・言語聴覚療法はそれぞれ1日当たりFIMを何点向上させるのか?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法・作業療法・言語聴覚療法はそれぞれ1日当たりFIMを何点向上させるのか?

数年前から診療報酬上もFIMの改善度が重要視されるようになり,FIMがどのくらい改善するのかといった視点が重要となりました.

ただ実際のところ理学療法・作業療法・言語聴覚療法はそれぞれ1日当たりFIMを何点向上させるのかって気になりませんか?

今回は理学療法・作業療法・言語聴覚療法はそれぞれ1日当たりFIMを何点向上させるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

他人の足をマッサージする人

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Disabil Rehabil. 2022 Aug;44(17):4639-4647. doi: 10.1080/09638288.2021.1912836. Epub 2021 Apr 26.

Retrospective study demonstrating therapy time impact on inpatient rehabilitation functional gains

Pamela S Roberts 1, Debra Ouellette 2, Nuvia Solis 1, Robert Walters 3, Kathy Chambers 4, David Brown 4, Margaret A DiVita 5

Affiliations expand

PMID: 33899629 DOI: 10.1080/09638288.2021.1912836

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The purpose of this retrospective study is to evaluate the association of total therapy time during inpatient rehabilitation and gain in functional independence for patients admitted to an inpatient rehabilitation facility (IRF).

この後方視的研究では,入院リハビリテーション施設(IRF)に入院した症例の入院リハビリテーション中の総療法時間と機能的自立の獲得との関連性を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: The study utilized a retrospective design that included all IRF patients from three IRFs in California from January 1, 2012 to December 31, 2013. Patient data collected as part of usual, routine medical, and rehabilitation care were used and includes demographics, medical variables, and functional outcomes data.

この研究では2012年1月1日から2013年12月31日までのカリフォルニア州の3つのIRFの全IRF症例を対象としております.

研究デザインは後方視的研究デザインとなっております.

通常診療,ルーチン診療,リハビリテーション診療の一環として収集されたデータを使用し,人口統計,医療変数,機能的転帰のデータを解析対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There were 3212 patients discharged from the three IRFs, with 2,777 patients having received speech language pathology (SLP) therapy along with occupational therapy and physical therapy. Speech language pathology services were not provided for 435 patients in the database. Our results support that among all types of patients, increased therapy hours were associated with increased functional gains. For total functional independence measure (FIM) gain, an additional hour of PT therapy per day was associated with an increase of 7.55 FIM gain points (p < 0.001) and an additional hour of OT therapy per day was associated with an increase of 1.16 FIM gain points (p = 0.045), when adjusted for other variables in the model. SLP hours per day did not remain in the FIM gain model.

3つのIRFから退院した症例は3212例で,2777例が作業療法と理学療法とともに言語聴覚療法(SLP)を受けておりました.

言語聴覚療法は,データベース内の435例の症例には提供されておりませんでした.

治療時間の増加は機能的な向上の増加と関連していることが明らかとなりました.

機能的自立度測定(FIM)利得の合計では,モデル内の他の変数で調整した場合,1日当たり1時間の理学療法は7.55 FIM利得ポイントの増加と関連し(p < 0.001),1日当たり1時間の作業療法は1.16 FIM利得ポイントの増加と関連しておりました(p = 0.045).

1日あたりの言語聴覚療法時間は,FIMゲインモデルに残りませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The findings of this study add to the understanding of therapy time and functional gain in an inpatient rehabilitation program. There is a positive relationship between total therapy time and functional gain. In the future determining the intensity and the related therapy activities provided will be needed to impact functional change. This has implications for shaping rehabilitation practice in the future.Implications for rehabilitationIncreased number of therapy hours were associated with functional gains in an inpatient rehabilitation program for all types of patients.An additional hour of physical therapy per day was associated with an increase of 7.55 functional independence measure (FIM) point gain.An additional hour of occupational therapy per day was associated with an increase of 1.16 FIM point gain.Determining the intensity and related activities are needed to impact functional change which has implications for shaping rehabilitation practice.

この研究の結果は,入院リハビリテーションプログラムにおける治療時間と機能的利得に関する理解を深めるものでありました.

総治療時間と機能的利得の間には正の関係があるk十が明らかとなりました.

将来的には機能的な変化に影響を与えるために,提供される治療活動の強度と関連性を決定する必要があります.

1日の理学療法時間が1時間増えると,機能的自立度評価(FIM)が7.55ポイント上昇し,1日の作業療法時間が1時間増えるとFIMが1.16ポイント上昇することが明らかとなりました.

 

今回は理学療法・作業療法・言語聴覚療法はそれぞれ1日当たりFIMを何点向上させるのかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

非常に面白い研究ですね.

1日の理学療法時間が1時間増えると,機能的自立度評価(FIM)が7.55ポイント上昇し,1日の作業療法時間が1時間増えるとFIMが1.16ポイント上昇するということですね.

タイトルとURLをコピーしました