脳卒中後の肩の疼痛の原因は?システマティックレビュー論文紹介

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中後の肩の疼痛の原因は?システマティックレビュー論文紹介

脳卒中片麻痺症例の合併症の1つとして肩の痛みが挙げられます.

脳卒中片麻痺症例の場合には肩の痛みが動作能力改善を大きく妨げるケースが少なくありません.

しかしながらこの脳卒中片麻痺症例の方の痛みの原因ってあまりわかっていないのが現状です.

今回は脳卒中後の肩の疼痛の原因を考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Massage

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Int J Environ Res Public Health. 2020 Jul 9;17(14):4962. doi: 10.3390/ijerph17144962.

Incidence, Prevalence, and Risk Factors of Hemiplegic Shoulder Pain: A Systematic Review

Shahnawaz Anwer 1 2, Ahmad Alghadir 1

Affiliations expand

PMID: 32660109 PMCID: PMC7400080 DOI: 10.3390/ijerph17144962

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The current systematic review aimed to investigate the incidence, prevalence, and risk factors causing hemiplegic shoulder pain (HSP) after stroke.

このシステマティックレビューでは,脳卒中後の片麻痺性肩痛(HSP)の発生率,有病率,危険因子を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Two independent authors screened titles and abstracts for the eligibility of the included studies in the electronic databases PubMed and Web of Science. Studies which reported the incidence, prevalence, and risk factors of HSP following stroke were included. The included studies were assessed using the Newcastle-Ottawa Scale for evaluating the quality of nonrandomized studies in meta-analyses.

電子データベースであるPubMedとWeb of Scienceにおいて,対象研究の適格性について,独立した2名の著者がタイトルと抄録をスクリーニングしております.

脳卒中後の肩痛の発生率,有病率,危険因子を報告した研究を対象としております.

メタアナリシスにおける非ランダム化研究の質を評価するためのNewcastle-Ottawa Scaleを用いて対象研究を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Eighteen studies were included in the final synthesis. In all studies, the number of patients ranged between 58 and 608, with the mean age ranging from 58.7 to 76 years. Seven included studies were rated as “good “quality, while one study rated “fair” and 10 studies rated “poor” quality. Eight studies reported incidence rate while 11 studies reported the prevalence of HSP following a stroke. The incidence of HSP was ranging from 10 to 22% in the metanalysis of the included studies. The prevalence of HSP was ranging from 22 to 47% in the metanalysis of the included studies. The most significant predictors of HSP were age, female gender, increased tone, sensory impairment, left-sided hemiparesis, hemorrhagic stroke, hemispatial neglect, positive past medical history, and poor National Institutes of Health Stroke Scale score.

最終的な統合には18の研究が含まれました.

すべての研究で症例数は58~608例で,平均年齢は58.7~76歳でありました.

7件の研究は「質が良い」と評価され,1件の研究は「まあまあ」,10件の研究は「質が悪い」と評価されました.

なお8つの研究では発症率を11の研究では脳卒中後の肩痛の有病率を報告しておりました.

メタアナリシスでは肩痛の発症率は10~22%でありました.

肩痛の有病率は22~47%でありました(メタアナリシス).

肩痛の最も重要な予測因子は,年齢,女性,筋緊張増大,感覚障害,左半身麻痺,出血性脳卒中,半側空間無視,過去の病歴,米国国立衛生研究所脳卒中スケールスコアの低さでありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The incidence and prevalence of HSP after stroke vary considerably due to various factors. Knowledge of predictors is important to minimize the risk of developing HSP following a stroke.

脳卒中後の肩痛の発生率と有病率は様々な要因でかなり異なっております.

脳卒中後の肩痛発症のリスクを最小限に抑えるためには予測因子に関する知識が重要であります.

 

今回は脳卒中後の肩の疼痛の原因を考えるうえで参考になるシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

年齢,女性,筋緊張増大,感覚障害,左半身麻痺,出血性脳卒中,半側空間無視,過去の病歴,米国国立衛生研究所脳卒中スケールスコアの低さと肩の痛みの原因となる要因が非常に多いことが分かります.

こういった結果を考えると肩痛の原因は一律ではなく症例によっても大きく異なる可能性がありますね.

症例毎に肩痛の原因を考慮した上で対処する必要があるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました