前鋸筋を効率的に活動させるためのpush upエクササイズのコツは?

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前鋸筋を効率的に活動させるためのpush upエクササイズのコツは?

肩関節周囲炎や腱板断裂後の運動療法では前鋸筋にターゲットをあててトレーニングを行うことは多いと思います.

前鋸筋を効率的に活動させることができれば肩峰下インピンジメントを回避することにもつながります.

今回は前鋸筋を効率的に活動させるためのpush upエクササイズのコツを考えるうえで役に立つ論文をご紹介させていただきます.

man in green long-sleeved shirt doing a push-up on gray concrete pavement

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Phys Ther Sci. 2014 Nov;26(11):1737-40. doi: 10.1589/jpts.26.1737. Epub 2014 Nov 13.
Effect of the Push-up Plus (PUP) Exercise at Different Shoulder Rotation Angles on Shoulder Muscle Activities
Sung-Hak Cho 1, Il-Hun Baek 2, Ju Young Cheon 2, Min Jung Cho 2, Mi Young Choi 2, Da Hye Jung 2
Affiliations expand
PMID: 25435689 PMCID: PMC4242944 DOI: 10.1589/jpts.26.1737

今回ご紹介する論文は2014年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

[Purpose] Although the Push-Up Plus is a useful exercise method for shoulder stabilization, few studies have examined its effects at different angles of shoulder rotation. Therefore, the present study investigated the most effective exercise method for shoulder stabilization by analyzing muscle activities of the rotator cuff muscles at different angles of shoulder rotation.

プッシュアッププラスは肩の安定化のために有用な運動法でありますが,肩の回旋角度を変化させてその効果を調べた研究は少ないのが現状です.

この研究では肩関節の回旋角度を変化させて腱板筋群の筋活動を分析することで,肩の安定化に最も効果的な運動法を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

研究の対象

[Subjects] Fifteen healthy university students in their 20s were the subjects of this study.

対象は20代の健康な大学生15例としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

[Methods] Changes in muscle EMG related to shoulder stabilization were analyzed by performing the Push-Up Plus in shoulder positions of neutral, internal and external rotation.

肩関節回旋中間位,内旋位,外旋位でPush-Up Plusを行い,肩の安定化に関連する筋電図の変化を分析しております.

 

 

 

 

 

研究の結果

[Results] The highest muscle activity was found in external rotation, and in internal rotation the pectoralis major and levator scapula showed significantly lower activities than the other positions.

肩関節外旋位で最も筋活動が高く,内旋位では大胸筋と肩甲挙筋が他の部位に比べ有意に低い活動量を示しました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

[Conclusion] Selectively changing the rotation angle of the shoulder for different purposes of the shoulder exercise would be an effective exercise method.

肩の運動の目的に応じて肩関節の回旋角度を選択的に変化させることは,効果的な運動方法であると思われます.

 

 

今回は前鋸筋を効率的に活動させるためのpush upエクササイズのコツを考えるうえで役に立つ論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると前鋸筋をターゲットにしてpush upエクササイズを行う際には肩関節外旋位が効率的と考えることができると思います.

タイトルとURLをコピーしました