変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なの?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なの?

理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例に対して関節牽引を行う機会って多いと思います.

関節牽引の方法もさまざまですが、関節牽引を行う際に重要となるのが関節角度です.

どのくらいの関節角度で関節牽引を行うのが効果的なのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Knee

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial Clin Rehabil. 2022 Aug;36(8):1083-1096. doi: 10.1177/02692155221091508. Epub 2022 Apr 4.

Mechanical traction from different knee joint angles in patients with knee osteoarthritis: A randomized controlled trial

Nabil Mahmoud Abdel-Aal 1, Amal Hussein Ibrahim 1, Mohamed Mostafa Kotb 2, Alaa Abdelraheem Hussein 3, Hisham Mohamed Hussein 1

Affiliations expand

PMID: 35369762 DOI: 10.1177/02692155221091508

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To compare the effect of mechanical traction from different knee angles on pain, physical function, and range of motion in patients with knee osteoarthritis.

この研究では変形性膝関節症例の疼痛,身体機能,関節可動域に対する異なる膝関節角度からの機械的牽引の効果を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: A single-blinded, randomized controlled trial.

研究デザインは単盲検無作為化比較試験となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Outpatient public and governmental Hospital clinics.

公立・公立病院の外来診療所で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

 

対象者

Participants: One hundred and twenty patients with knee osteoarthritis were randomly assigned into 4 equal groups with 30 patients in each group.

対象は変形性膝関節症例120例とし,120例を無作為に4群に割り付け,各群30名ずつとしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

介入

Interventions: Group (A) received conventional physiotherapy(CPT) treatment; group (B) received CPT with knee traction from full extension, group (C) received CPT with knee traction from 90° flexion, while group (D) received CPT with knee traction from 20° flexion. Interventions were applied 3 sessions a week for 4 weeks.

グループ(A)は従来の理学療法,グループ(B)は膝を完全伸展位からの牽引+従来の理学療法,グループ(C)は膝関節90°屈曲位からの牽引+従来の理学療法,グループ(D)は膝関節20°屈曲位からの牽引+従来の理学療法を施行しております.

介入は週3回,4週間にわたって行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトカム

Outcome measurements: Visual analog scale (VAS), knee passive range of motion and the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) were measured at baseline, immediately after 4 weeks of intervention, and after 4 weeks of no intervention as a follow-up.

Visual analog scale(VAS),膝関節可動域,Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)をベースライン時,介入4週間後,フォローアップとして介入なし4週間後に測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: After eight weeks, the mean (SD) for VAS scores were 30.97 ± 8.68, 24.0 ± 8.8, 15.43 ± 6.31, and 16.17 ± 6.11 mm; for total WOMAC scores were 26.77 ± 9.19, 20.3 ± 8.52, 13.27 ± 6.25, and 13.43 ± 7.14 for groups A, B, C and D, respectively. The three traction groups showed statistically significant changes in pain scores, physical function, and total WOMAC, but not for knee passive range of motion, in favor of traction groups C and D than the conventional group (P < 0.05).

8週間後,VASスコアの平均(SD)はA・B・C・D群でそれぞれ30.97±8.68,24.0±8.8,15.43±6.31,16.17±6.11mm,WOMAC総スコアは26.77±9.19,20.3±8.52,13.27±6.25,および 13.43±7.14 でありました.

3種類の牽引群では疼痛スコア,身体機能,WOMAC総スコアにおいて統計的に有意な変化を示しましたが,膝関節可動域については牽引群C・Dが従来群より有利でありました(P < 0.05).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Traction from 90°and 20° of knee flexion was found superior to full extension knee in improving pain and physical function, but not for knee passive range of motion, in patients with knee osteoarthritis.

変形性膝関節症例において膝関節屈曲90°および20°からの牽引は,膝関節完全伸展よりも疼痛および身体機能の改善に優れておりましたが,膝関節可動域の改善には効果がありませんでした.

 

今回は変形性膝関節症例に対する関節牽引って何度で行うのが効果的なのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると除痛目的に関節牽引を行う際には屈曲90°,屈曲20°が効果的であるといった結果ですね.

ADSやLachman testの関節角度と合わせて考えると覚えやすいですね.

やはりloosse packed positionで関節牽引を行う必要があることを示唆する結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました