上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例は在院期間が長い?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例は在院期間が長い?

大腿骨近位部骨折例の中には上腕骨や橈骨など上肢の骨折を合併した症例が少なくありません.

上肢の骨折を合併した大腿骨近位部骨折例のリハビリテーションって難渋することが多い印象ですが,実際のところはどうなのでしょうか?

今回は上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例は在院期間が長いのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

human X-ray result chart

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Injury. 2022 May 24;S0020-1383(22)00365-5. doi: 10.1016/j.injury.2022.05.039. Online ahead of print.

Greater length of hospital stay for concurrent hip and upper limb fractures compared to isolated hip fractures: a systematic review of 13 studies including 210,289 patients and meta-analysis

Martin Sharrock 1, James Hagan 2, Joshua Lee 3, Charalambos P Charalambous 4

Affiliations expand

PMID: 35644643 DOI: 10.1016/j.injury.2022.05.039

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The impact of concurrent upper limb and fragility hip fractures has not been well defined. A greater understanding of this can guide decision making in the early peri-operative period and subsequent rehabilitation of such patients.

大腿骨近位部骨折例における上肢骨折の影響というのはまだまだ不明なところがあります.

上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例に対する理解が深まれば術後早期のリハビリテーションにおいても有益だと考えられます.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: To identify if patients with concurrent upper limb and fragility hip fractures have different outcomes and demographics than those with an isolated hip fracture.

この研究では上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例の転帰や基礎的な情報が,単独の大腿骨近位部骨折例と異なるかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A search of MEDLINE and EMBASE was performed to identify cohort and case-control studies, comparing concurrent hip and upper limb fractures with isolated hip fractures. Meta-analysis was conducted using RevMan 5.4. Subgroup analyses were performed for concurrent distal radius and concurrent proximal humerus fractures.

MEDLINEとEMBASEを検索し,上肢骨折と大腿骨近位部骨折を併発した症例と単独の大腿骨近位部骨折を受傷した症例を比較したコホート研究および症例対照研究を同定しております.

メタ解析はRevMan 5.4で行っております.

なお橈骨遠位端骨折と上腕骨近位端骨折の同時併発についてはサブグループ解析を行っております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 13 studies were included reporting on 196,916 patients with an isolated hip fracture and 13,373 with concurrent hip and upper limb fractures. Patients with concurrent upper limb fractures had a significantly longer length of hospital stay (mean difference: 3.97 days, 95% CI: 1.36, 6.57, P=0.003) as compared to those with isolated hip fractures. Patients with concurrent upper limb fractures were significantly more likely to be female (OR: 0.57, 95% CI: 0.46, 0.70, P<0.00001), reside at home pre-injury (OR: 0.6, 95% CI: 0.37, 0.96, P=0.03) and have no cognitive impairment (OR: 0.54, 95% CI: 0.35, 0.84, P=0.006). Patients with concurrent distal radius fractures had significantly lower 90-day mortality (OR: 0.70, 95% CI: 0.49, 0.99, P=0.04) and 1-year mortality (OR: 0.68, 95% CI: 0.51, 0.90, P=0.008).

大腿骨近位部骨折のみの症例196,916例,大腿骨近位部骨折と同時に上肢骨折を合併した症例13,373例について報告した13件の研究がメタ解析の対象となりました.

上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例は,大腿骨近位部骨折単独の症例と比較して,入院期間が有意に長い結果でありました(平均差:3.97日、95%CI:1.36、6.57、P=0.003).

また上肢の骨折を併発した大腿骨近位部骨折例は,女性(OR: 0.57, 95% CI: 0.46, 0.70, P<0.00001),受傷前の自宅居住(OR: 0.6, 95% CI: 0.37, 0.96, P0.03),認知障害がない(OR: 0.54, 95% CI: 0.35, 0.84, P0.006)が有意により高率でありました.

橈骨遠位端骨折を併発した症例では,90日死亡率(OR:0.70、95%CI:0.49、0.99、P=0.04)および1年死亡率(OR:0.68、95%CI:0.51、0.90、P=0.008)は有意に低値でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Concurrent fragility hip and upper limb fractures are associated with increased length of hospital stay. We recommend early, aggressive, individualised rehabilitation to help improve outcomes and early hospital discharge in this highly vulnerable patient group.

上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折は入院期間の延長と関連することが明らかとなりました.

この非常に脆弱な大腿骨近位部骨折例に対しては,転帰の改善と早期退院のために,早期かつ積極的に,個人に合わせたリハビリを行うことが推奨されます.

 

今回は上肢骨折を合併した大腿骨近位部骨折例は在院期間が長いのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

予想通りの結果ですね.

上肢骨折を合併すると使用できる歩行補助具も限定されますし,歩行練習を勧めるのが難しいのも実際です.

上肢骨折例こそPOPO等の部分免荷が行える歩行支援機器が役に立ちそうですね.

タイトルとURLをコピーしました