変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している?

内側型変形性膝関節症例では脛骨大腿関節内側に疼痛を訴える場合が多いです.

ただ注意しないといけないのが膝関節内側というのは関節由来の疼痛のみならず鵞足付着部の以上に伴う疼痛が出現する可能性があるということです.

今回は変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Knee

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Rheumatol. 2015 Mar;34(3):529-33. doi: 10.1007/s10067-014-2653-8. Epub 2014 May 6.

Prevalence of pes anserine bursitis in symptomatic osteoarthritis patients: an ultrasonographic prospective study

Fatma Uysal 1, Ayla Akbal, Ferhat Gökmen, Gürhan Adam, Mustafa Reşorlu

Affiliations expand

PMID: 24797774 DOI: 10.1007/s10067-014-2653-8

今回ご紹介する論文は2015年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The aim of this prospective study was to determine the prevalence of pes anserine bursitis (PAB) in patients with osteoarthritis.

この研究では変形性関節症例における鵞足下滑液包炎(PAB)の有病率を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

A total of 85 patients with primary knee osteoarthritis diagnosed according to the American College of Rheumatology (ACR) criteria were included in the study. The patients were divided into four groups using the Kellgren-Lawrence staging system. The knee X-rays evaluated according to this system indicated that 15.6% of patients were grade 1, 34.1% grade 2, 37.1% grade 3, and 13.5% grade 4. Ultrasonography (USG) was performed on both knees by a radiologist experienced in musculoskeletal system ultrasonography and unaware of the patients’ physical examination or direct X-ray findings. The presence of PAB, longest diameter of bursitis, and area of bursitis were recorded.

米国リウマチ学会(ACR)の基準に従って診断された一次性変形性膝関節症例85例を研究対象としております.

症例をKellgren-Lawrence病期分類システムにより4群に分けております.

このシステムに従って評価された膝関節X線は15.6%の患者がグレード1,34.1%がグレード2,37.1%がグレード3,そして13.5%がグレード4でありました.

超音波検査(USG)は,筋骨格系超音波検査の経験豊富な放射線科医が,患者の身体検査や直接X線所見を知らずに両膝に実施しております.

鵞足下滑液包炎の有無,滑液包の最長径,滑液包の面積を記録しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The average age of the 11 male and 74 female patients included in the study was 58.9 ± 9.0 years. A total of 170 knees of 85 patients were examined. The incidence of bursitis was significantly higher in females (p = 0.026). The incidence of bursitis on ultrasound was 20% (34/170). There was a statistical difference between the grades for bursitis incidence (p = 0.004). There was a significant positive correlation between both the longest length (p = 0.015, r = 0.187) and area (p = 0.003, r = 0.231) of PAB with osteoarthritis grade. The mean age of bursitis patients was higher than that of those without the condition (p = 0.038). In addition, the osteoarthritis (OA) grade and bursitis prevalence increased as the patients’ age increased, and these increases were statistically significant (p < 0.001).

男性11例,女性74例の平均年齢は58.9±9.0歳でありました.

85例170膝が検査対象となりました.

滑液包炎の発生率は女性で有意に高い結果でありました(p = 0.026).

超音波検査での滑液包炎の発生率は20%(34/170)でありました.

滑液包炎の発生率はグレード間で統計的な有意差がありました(p = 0.004).

鵞足下滑液包炎の最長径(p = 0.015, r = 0.187)および面積(p = 0.003, r = 0.231)はいずれも変形性関節症グレードと有意な正の相関がありました.

滑液包炎患者の平均年齢は同疾患のない患者よりも高いっけ化でありました(p = 0.038).

また変形性関節症(OA)グレードと滑液包炎有病率は,症例の年齢が上がるにつれて増加しこれらの増加は統計的に有意でありました(p<0.001).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

PAB is easily evaluated with ultrasonography. Pes anserine bursitis was observed in one out of every five symptomatic OA patients and was more common in female patients and with advanced age. A positive correlation was found between OA grade and PAB size and area.

鵞足下滑液包炎は超音波検査で容易に評価できます.

鵞足下滑液包炎は有症状変形性膝関節症例の5人に1人に認められ,女性や高齢者に多くみられました.

変形性膝関節症グレードと鵞足下滑液包炎の大きさ・面積の間に正の相関が認められました.

 

今回は変形性膝関節症例の約20%が鵞足炎を合併している可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

実に変形性膝関節症例の5人に1人が鵞足炎を合併しているというのは驚きですね.

脛骨大腿関節の疼痛と決めつけず疼痛の原因をきちんと評価することが重要だと言える結果だと思います.

タイトルとURLをコピーしました