脳卒中症例に対する体幹トレーニングの効果は?システマティックレビュー論文紹介

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中症例に対する体幹トレーニングの効果は?システマティックレビュー論文紹介

理学療法士・作業療法士であれば脳卒中片麻痺症例に対して体幹トレーニングを行う機会は多いと思います.

しかしながら脳卒中片麻痺症例に対する体幹トレーニングの有効性についてはいかがでしょうか?

今回は脳卒中症例に対する体幹トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man doing push up exerecis

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Rehabil. 2022 Jul 26;2692155221117220. doi: 10.1177/02692155221117220. Online ahead of print.

Effects of core training on trunk function, balance, and gait in stroke patients: A systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials

Noemí Moreno-Segura 1, Rodrigo Martín-San Agustín 1, Sira García-Bafalluy 2, Adrián Escriche-Escuder 3 4

Affiliations expand

PMID: 35892183 DOI: 10.1177/02692155221117220

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The aim of this systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials (RCTs) includes determining the effects of core training alone or combined with conventional therapy on trunk function, balance, and gait in stroke patients; analysing these effects considering the stroke stage and the core training type; establishing the methodological quality of the studies published to date; and knowing the best dosage and type of exercise these aspects.

この無作為化対照試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析では,脳卒中症例の体幹機能,バランス,歩行に対する体幹トレーニング単独または従来の治療との併用の効果を明らかにすること,脳卒中のステージと体幹トレーニングタイプを考慮してこれらの効果を分析すること,現在までに発表された研究の方法論の質を確立し,これらの観点から最適な運動量と種類を把握することを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data source: Cochrane Library, Medline, Web of Science, Scopus, and Science Direct were searched from inception to January 2022.

Cochrane Library,Medline,Web of Science,Scopus,Science Directを開始時から2022年1月まで検索しております.

 

 

 

 

 

 

 

レビュー方法

Review method: A review and meta-analysis of RCTs about core intervention effects on trunk function, balance, and gait in stroke patients was carried out following the Preferred Items for Reporting in Systematic Review and Meta-Analyses guidelines. The Cochrane Collaboration tool was used to assess the risk of bias and internal validity of the included studies.

脳卒中症例の体幹機能,バランス,歩行に対する体幹トレーニングの効果に関するRCTのレビューとメタアナリシスを,Preferred Items for Reporting in Systematic Review and Meta-Analyses ガイドラインに従って実施しております.

Cochrane Collaborationツールを用いて,対象研究のバイアスリスクと内部妥当性を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Twenty-nine studies were included (1030 stroke patients). The mean age of the participants was 58.46 ± 9.89 years, and the average time since the stroke incident was 308.64 ± 175.52 days. The meta-analysis results showed significant improvements in core interventions for trunk function (P ≤ 0.008) and balance (P < 0.00001) but not for gait performance (P = 0.11 in chronic and P = 0.06 in pooled cases). In relation to the differential meta-analysis between training performed on stable and unstable surfaces, no significant differences were found in trunk function (P = 0.06) or balance measures (P = 0.05).

29の研究がメタアナリシスの対象となりました(脳卒中症例1030例).

平均年齢は58.46±9.89歳,脳卒中発症からの平均経過日数は308.64±175.52日でありました.

メタアナリシスの結果,体幹機能(P≦0.008)とバランス(P<0.00001)については,体幹トレーニングにより有意な改善が認められましたが,歩行能力については認められませんでした(慢性例でP=0.11,プール例でP=0.06).

安定した路面と不安定な路面で行ったトレーニングの差分メタアナリシスに関連して,体幹機能(P = 0.06)またはバランス測定(P = 0.05)に有意差は見られませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Core training improves trunk function and balance in acute and chronic patients, but no changes were found in gait performance.

体幹トレーニングは急性期および慢性期の脳卒中症例において体幹機能とバランスを改善しますが,歩行パフォーマンスには変化が見られませんでした.

 

今回は脳卒中症例に対する体幹トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると脳卒中症例に対する体幹トレーニングは体幹機能とバランス機能の改善には有効ですが歩行能力の改善に関してはその効果は不明であるといった結果であります.

興味深い結果ですが具体的な体幹トレーニングの内容が気になるところですね.

タイトルとURLをコピーしました