筋力トレーニング間のインターバル時間を見直そう

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋力トレーニング間のインターバル時間を見直そう

理学療法士・作業療法士の皆様も筋力トレーニングを指導する際にはさまざまなことを考慮されると思います.

1セットあたりの回数であったり,セット数,収縮時間など挙げればキリがありません.

理学療法士・作業療法士が筋力トレーニングを指導する際に重要となるのがインターバル時間です.

どのくらいのインターバル時間を設けるのが妥当なのでしょうか?

今回は筋力トレーニング間のインターバル時間を見直すべきだと痛感させられる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Man

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Front Physiol. 2022 Feb 28;13:827847. doi: 10.3389/fphys.2022.827847. eCollection 2022.

Higher Muscle Damage Triggered by Shorter Inter-Set Rest Periods in Volume-Equated Resistance Exercise

Gilmar Weber Senna 1 2, Estélio Henrique Martin Dantas 2 3, EstevãoScudese 1 2, Paula ParaguassúBrandão 2, Vitor A Lira 4, Matheus Baffi 1, Luiz Claudio Pereira Ribeiro 2, Roberto Simão 5, Ewan Thomas 6, Antonino Bianco 6

Affiliations expand

PMID: 35295573 PMCID: PMC8920480 DOI: 10.3389/fphys.2022.827847

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: The aim of the manuscript was to analyze the effects of two rest periods between volume-equated resistance exercise (RE) on inflammatory responses (cytokines and leukocyte) and muscle damage.

この研究ではレジスタンス運動(RE)の間に2回の休息時間を設けることが,炎症反応(サイトカイン,白血球)および筋損傷に与える影響を分析することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Ten trained men (26.40 ± 4.73 years, 80.71 ± 8.95 kg, and 176.03 ± 6.11 cm) voluntarily participated in training sessions consisting of five sets of 10 reps performed at 10-RM on (1) the barbell bench press followed by (2) leg press, with either 1- or 3-min rest between sets and exercises. Circulating concentrations of different biomarkers was measured before (Pre), and after 3 h (excepted for cytokines), 6, 12, and 24 h from exercise. The rate of perceived exertion (RPE) was recorded after each set on both planned visits.

10名のトレーニングを行っている男性(26.40±4.73歳、80.71±8.95kg、176.03±6.11cm)が自主的に(1)バーベルベンチプレスと(2)レッグプレスを10RMで行い,5セット×10レップのトレーニングセッションに参加し,セットとエクササイズ間は1分または3分の休憩としております.

運動前,3時間後(サイトカインを除く),6時間後,12時間後,24時間後に様々なバイオマーカーの血中濃度を測定しております.

また両日とも各セット終了後に自覚的疲労感(RPE)を記録しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: We found greater increases triggered by the 1-min rest period in Creatine Kinase (CK), occurring from 12 to 24 h post-exercise compared to the 3-min rest condition. A significant increase in the 1-min rest condition was also observed in the total number of leukocytes, neutrophils, and monocytes. The 1-min rest period also triggered increases compared to baseline in pro-inflammatory cytokines [Interleukin 1 beta (IL-1β), p = 0.004; tumor necrosis factor α (TNF-α), p = 0.01; and granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF), p = 0.01], which were more evident after 6 and 12 h post-exercise. Similarly, increases in anti-inflammatory cytokines [Interleukin 5 (IL-5), p = 0.01; Interleukin 6 (IL-6), p = 0.01; and Interleukin 10 (IL-10), p = 0.01] at all time-points were observed.

クレアチンキナーゼ(CK)は3分間の休息に比べ,運動後12時間から24時間の間に,1分間の休息によってより大きく増加することが明らかとなりました.

また白血球,好中球,単球の総数においても,1分休息条件下で有意な増加が認められました.

1分間の安静は炎症性サイトカイン[インターロイキン1β(IL-1β),p=0.004;腫瘍壊死因子α(TNF-α),p=0.01;顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF),p=0.01]もベースラインより増加し,運動後6時間,12時間でより顕著でありました.

同様に抗炎症サイトカイン[インターロイキン5(IL-5),p=0.01;インターロイキン6(IL-6),p=0.01;およびインターロイキン10(IL-10),p=0.01]の増加がすべてのタイムポイントで観察されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our results indicate that a 1-min rest condition in volume-equated RE promoted greater overall muscle tissue damage with a longer duration of the inflammatory processes compared to a 3-min rest.

この研究結果から筋力トレーニングにおける1分間の安静状態は,3分間の安静状態と比較して,炎症過程の持続時間が長く,全体的に大きな筋組織損傷を促進することが示されました.

 

今回は筋力トレーニング間のインターバル時間を見直すべきだと痛感させられる論文をご紹介させていただきました.

普段あまり目を向けられることの無いセット間の休息時間ですがこの結果を見ると休息時間というのは非常に重要だということが再認識できます.

この結果を考えると休息時間は3分以上を設けることが望ましいということになりますね.

タイトルとURLをコピーしました