大腿骨転子部骨折例における組織間滑走性と歩行能力との関連性

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨転子部骨折例における組織間滑走性と歩行能力との関連性

大腿骨転子部骨折例では大腿外側軟部組織間の滑走性が問題となることが少なくありません.

例えば大腿筋膜張筋と外側広筋間の滑走性低下は頻繁に見られますし,この滑走性低下が大腿外側の疼痛の原因となっている症例も少なくありません.

こういった組織間の滑走性低下というのは歩行能力低下と関連するのでしょうか?

今回は大腿骨転子部骨折例における組織間滑走性と歩行能力との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

greyscale photography of skeleton

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Sensors (Basel). 2022 May 19;22(10):3842. doi: 10.3390/s22103842.

Relationship between Tissue Gliding of the Lateral Thigh and Gait Parameters after Trochanteric Fractures

Kengo Kawanishi 1 2 3, Daisuke Fukuda 4 5, Hiroyuki Niwa 2, Taisuke Okuno 2, Toshinori Miyashita 3 6, Takashi Kitagawa 1 5, Shintarou Kudo 1 3 4

Affiliations expand

PMID: 35632253 PMCID: PMC9144969 DOI: 10.3390/s22103842

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Trochanteric fractures lead to severe functional deficits and gait disorders compared to femoral neck fractures. This study aims to investigate gait parameters related to gliding between tissues (gliding) after trochanteric fracture (TF) surgery.

大腿骨転子部骨折は大腿骨頚部骨折と比較して重度の機能障害や歩行障害を引き起こすことが知られております.

この研究では大腿骨転子部骨折術後の組織間の滑走(グライディング)に関連する歩行パラメータを調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

This study implemented a cross-sectional design and was conducted amongst patients who underwent TF surgery (n = 94) approximately three weeks post-trochanteric fracture surgery. The following parameters were evaluated: (1) gliding between tissues; (2) lateral femoral pain during loading; (3) maximum gait speed; (4) stride time variability and step time asymmetry as measures of gait cycle variability; (5) double stance ratio and single stance ratio for assessment of stance phase, (6) jerk; and (7) Locomotor rehabilitation index as a measure of force changes during gait.

研究デザインはは横断研究です.

大腿骨転子部骨折術後約3週間の手術施行例(n=94)を対象として研究が実施されております.

評価項目は(1)組織間の滑走性,(2)荷重時の大腿骨外側痛,(3)最大歩行速度,(4)歩行周期変動の指標である歩幅時間変動および歩幅時間非対称,(5)立脚相評価のための二重立脚比および単立脚比,(6)jerk,(7)歩行中の力変化の指標であるLocomotor Rehabilitation Indexとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The gliding coefficient was significantly correlated with lateral femoral pain (r = 0.517), jerk root mean square (r = -0.433), and initial contact-loading response jerk (r = -0.459). The jerk of the force change value during gait was also effective in understanding the characteristics of the gait in the initial contact-loading response in patients with trochanteric fractures. Additionally, gliding is related not only to impairments such as pain but also to disabilities such as those affecting gait.

組織間の滑走係数は大腿骨外側痛(r=0.517),jerkの二乗平均平方根(r=-0.433),初期接触荷重反応jerk(r=-0.459)と有意な相関を認めました.

また歩行時の力変化値のjerkは,大腿骨転子部骨折患者の初期接触荷重反応における歩行の特徴を把握するうえで有効でありました.

さらに組織環滑走は疼痛などの障害だけでなく,歩行に影響することが明らかとなりました.

 

今回は大腿骨転子部骨折例における組織間滑走性と歩行能力との関連性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

組織間の滑走性が低下すると疼痛のみならず歩行にも影響が出現するといった結果ですね.

大腿骨転子部骨折例では大腿外側軟部組織間の滑走性に着目して理学療法を行う必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました