理学療法士・作業療法士は何度の関節可動域の変化を視覚的に捉えることができるのか?

理学療法評価
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士は何度の関節可動域の変化を視覚的に捉えることができるのか?

理学療法士・作業療法士の中には目視で関節可動域を測定できると言い張っている怪しい方がいらっしゃいます.

中には1°単位で目視で可動域の測定が可能な方もいらっしゃいますから恐ろしいです.

そういった超能力者の理学療法士・作業療法士は別として一般的に理学療法士・作業療法士はどのくらいの関節可動域の変化を目視でとらえることが可能なのでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士は何度の関節可動域の変化を視覚的に捉えることができるのかを考えるうえで有益な研究論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Maine coon

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Musculoskelet Sci Pract. 2022 Jun 1;61:102594. doi: 10.1016/j.msksp.2022.102594. Online ahead of print.

Physiotherapists could detect changes of 12 degrees or more in single-plane movement when observing forward bending, squat or hand-over-head: A cross-sectional experiment

Emily Abbott 1, Amity Campbell 2, Emma Wise 3, Stephen J Tidman 4, Brendan S Lay 5, Peter Kent 6

Affiliations expand

PMID: 35667319 DOI: 10.1016/j.msksp.2022.102594

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The visual accuracy of physiotherapists to detect changes in dynamic joint angles is currently unknown.

理学療法士が動きの中で関節角度の変化を捉える場合のその精度については不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate (i) the smallest detectable change in movement that physiotherapists could visually observe, and (ii) whether visual accuracy was associated with the functional activity observed or characteristics of the physiotherapist.

この研究では理学療法士が視覚的に観察できる最小の検出可能な動きの変化と,視覚的精度が観察される機能的活動や理学療法士の特徴(性別や経験年数)と関連しているかどうかを調査することを目的としております..

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Thirty-four physiotherapists viewed and rated videos of squat, hand-over-head, forward bend functional activities and an artificial test condition (a reference movement followed by subsequent movements showing random differences in peak angle from 0° to 15°, so 18 sets of paired videos per functional activity). They rated each range of movement (same/more/less) relative to the reference movement, while their visual tracking was continuously monitored. Accuracy was calculated (multilevel regression) using two thresholds – two correct out of three viewings (2/3) and three correct out of three viewings (3/3).

34名の理学療法士がスクワット,上肢挙上,前屈の機能動作と人工テスト条件(基準動作の後に、0°から15°までのピーク角度がランダムに異なる動作が続くため,機能動作ごとに18セットのペアビデオ)のビデオを視聴し,評価を行っております.

視覚的追跡を継続的にモニターしながら,基準動作に対する各可動域の相対的評価(同じ/多い/少ない)を行っております.

精度は2つの閾値(3回中2回正解(2/3),3回中3回正解(3/3))を用いて算出しました(マルチレベル回帰).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: More than 80% of physiotherapists were able to detect 9° difference using the 2/3 threshold and 12° using the 3/3 threshold. There was no association (p > 0.05) between visual accuracy and experience, sex, or movement type, except when viewing shoulder abduction compared with knee flexion using the 3/3 threshold. The only association between accuracy and visual tracking characteristics was for assessing lumbar flexion, where use of more visual fixation areas and a shorter fixation time per area were more accurate.

80%以上の理学療法士が2/3の閾値で9°,3/3の閾値で12°の差を検出することができました.

視覚的精度と経験,性別,動作の種類との間には,3/3閾値で膝関節屈曲と肩関節外転を比較する場合を除き,関連性は認められませんでした(p > 0.05).

精度と視覚的追跡特性との関連は腰椎屈曲の評価においてのみであり,より多くの視覚的固定領域を使用し,領域あたりの固定時間を短くすることがより正確であることが示されました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Physiotherapists were consistently accurate at detecting changes of ≥12° in single-plane, low-speed functional activities. Visual accuracy was not explained by experience or sex, and rarely associated with functional activity type or visual fixation.

理学療法士は単一平面,低速の機能的活動において12°以上の変化を検出することに一貫して正確でありました.

視覚的精度は,経験や性別では説明できず,機能的活動の種類や視覚的固定方法との関連はほとんど見られませんでした.

 

今回は理学療法士・作業療法士は何度の関節可動域の変化を視覚的に捉えることができるのかを考えるうえで有益な研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると目視で動作中の関節角度を捉えるのは12°くらいが限界ということになりますね.

機械のような精度の目をお持ちの理学療法士・作業療法士もいらっしゃるのかもしれませんが,角度はきちんと機器を用いて測定しないと目視で測定した角度なんていうのはあてにならないと考えてよいでしょう.

タイトルとURLをコピーしました