人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのか?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのか?

人工膝関節全置換術後に生じることが多いのが伏在神経領域の感覚障害です.

人工膝関節全置換術例は下腿近位外側の感覚障害を訴えることが多いです.

しかしながらこの人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman in white dress shirt

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arthroplast Today. 2021 Jan 11;7:264-267.e2. doi: 10.1016/j.artd.2020.11.020. eCollection 2021 Feb.

The Effect of Sensory Deficit After Total Knee Arthroplasty on Patient Satisfaction and Kneeling Ability

Brett MacDonald 1, Anton Kurdin 1, Lyndsay Somerville 1, Douglas Ross 2, Steven MacDonald 1, Brent Lanting 1

Affiliations expand

PMID: 33786352 PMCID: PMC7987932 DOI: 10.1016/j.artd.2020.11.020

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Skin numbness after total knee arthroplasty is a common complication. The incidence in the literature is variable from 27% to 100%. However, there is conflicting evidence about the consequences of this complication. The purpose of this study was to evaluate if postoperative numbness influenced patient satisfaction or kneeling ability.

人工膝関節全置換術後の皮膚のしびれはよくある合併症であります.

文献上の発生率は27%から100%とさまざまです.

しかしながらこの合併症の結果については,相反するエビデンスが存在します.

この研究では術後のしびれが患者満足度や膝立ち上がり能力に影響を与えるかどうかを評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We recruited patients who underwent a total knee arthroplasty for osteoarthritis one to 5 years before the study. Sensation was measured using a Semmes-Weinstein, 10-gram monofilament. Measurements were taken in several zones around the incision, and overall sensory status was classified as full numbness, partial numbness, and no numbness. Patients completed a questionnaire evaluating their subjective numbness, overall satisfaction, and kneeling ability. We evaluated the effect of numbness on satisfaction and function.

変形性膝関節症のために人工膝関節全置換術を受けた症例を,研究の1~5年前にリクルートしております.

感覚評価についてはSemmes-Weinsteinの10グラムのモノフィラメントを用いております.

測定は切開部周辺の数カ所で行い,全体の感覚状態を完全なしびれ,部分的なしびれ,しびれなしと分類しております.

対象者には主観的なしびれ感,全体的な満足度,膝立ち上がり能力を評価するアンケートを聴取しております.

しびれの有無が満足度と機能に及ぼす影響を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 96 patients were enrolled. Thirty-four patients were classified as no sensory deficit, 29 as partial deficit, and 33 as full deficit. There were no differences in demographics. Out of all the patients that were found to have a sensory deficit, 54.8% of them did not report any subjective numbness. Average patient-reported satisfaction scores were 8.76/10, 8.97/10, and 8.48/10 for no numbness, partial numbness, and full numbness, respectively. Eleven out of 96 patients noted an inability to kneel. There was no statistical difference for satisfaction scores or kneeling ability between the groups.

合計96例が分析対象となりました.

34例が感覚障害なし,29例が部分的な感覚障害,33例が完全な完全障害と分類されました.

人口統計学的な差はありませんでした.

感覚障害ありと判定された症例のうち54.8%は主観的なしびれを訴えませんでした.

また自己報告による平均満足度は,しびれなし,部分的しびれ,完全しびれでそれぞれ8.76/10、8.97/10、8.48/10でありました.

96例中11例が膝立ちが困難でありました.

満足度スコアや膝立ち上がり能力については両群間に統計的な差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Sensory deficit after total knee arthroplasty is a frequently reported complication. However, the majority of the patients do not report subjective sensory deficits. Postoperative numbness does not appear to affect patient satisfaction or kneeling ability.

人工膝関節全置換術後の感覚障害は頻繁に報告される合併症であります.

しかしながら大半の症例は主観的な感覚障害を訴えないことが明らかとなりました.

また術後のしびれは患者の満足度や膝立ち上がり能力に影響を与えないことも明らかとなりました.

 

今回は人工膝関節全置換術後の伏在神経領域の感覚障害はADLに関連を与えるのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

感覚障害があっても大きな影響はなさそうですね.

こういった情報をきちんとクライアントに提供してあげることが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました