仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい?

変形性膝関節症例に対する日常生活指導では膝関節へのメカニカルストレスを軽減するような指導が重要となります.

一方で身体活動量が減少すると軟骨代謝にとっては不利益が生じるとも考えられます.

特に若い世代であれば仕事中にかなりの身体活動を強いられるわけですが仕事中の活動量と変形性膝関節症の進行には関連があるのでしょうか?

今回は仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

black distressed jeans

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Occup Environ Med. 2022 May 26;oemed-2022-108212. doi: 10.1136/oemed-2022-108212. Online ahead of print.

Increased risk of incident knee osteoarthritis in those with greater work-related physical activity

Grace H Lo 1 2, Michael J Richard 3, Timothy E McAlindon 3, Chantel Park 4, Michael T Strayhorn 5 6, Matthew S Harkey 7, Lori Lyn Price 8, Charles B Eaton 9 10, Jeffrey B Driban 3

Affiliations expand

PMID: 35618387 DOI: 10.1136/oemed-2022-108212

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Occupations involving greater physical activity may increase risk for knee osteoarthritis (OA). Existing studies have not evaluated work-related physical activity before OA onset. Hence, we aimed to evaluate the association between work-related physical activity and knee OA incidence.

身体活動の多い職業は変形性膝関節症(OA)のリスクを高める可能性があります.

これまでの研究では変形性膝関節症発症前の仕事に関する身体活動については評価がなされておりません.

そこでこの研究では職業および身体活動と変形性膝関節症リスクとの関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We performed a person-based longitudinal study using Osteoarthritis Initiative (OAI) data among people who volunteered or worked for pay without baseline radiographic knee OA or knee pain. Bilateral knee radiographs were obtained at baseline and annual follow-ups. We defined radiographic OA as Kellgren-Lawrence grade ≥2. Questions from the Physical Activity Scale for the Elderly at baseline and annual OAI visits provided information about work-related physical activity level and hours. We performed logistic regression with work-related physical activity level ( mainly sitting , standing and some walking , walking while handling some materials ) and hours as predictors. The outcome was incident person-based radiographic OA within the ensuing 12 months, over 48 months.

Osteoarthritis Initiative(OAI)のデータを用いて,ベースラインのX線写真による膝OAや膝痛のないボランティアや有給で働いている人を対象として縦断研究を実施しております.

ベースラインおよび毎年のフォローアップ時に両膝のX線写真を撮影しております.

X線写真による膝関節痛はKellgren-Lawrenceグレード2以上と定義しております.

ベースラインと毎年のOAI訪問時に高齢者身体活動スケールの質問を行い,仕事に関連した身体活動レベルと時間についての情報を収集しております.

職業関連の身体活動レベル(主に座っている,立っていて多少歩行している,材料を扱いながら歩行している)と時間を予測因子としてロジスティック回帰を実施しております.

アウトカムは48ヶ月間,12ヶ月以内に発生したX線検査による変形性膝関節症としております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Among 951 participants (2819 observations), higher work-related physical activity levels had greater adjusted ORs for incident radiographic OA (people with jobs with standing and some walking : 1.11 (0.60-2.08), and walking while handling some materials : 1.90 (1.03-3.52), when compared with those with mainly sitting work-related activity ). There was no association between number of hours worked and incident radiographic OA.

951例の対象者において職業関連の身体活動レベルが高いほど,X線における変形性膝関節症発症の調整済みORが大きい結果でありました(主に座って仕事をする人と比較して立って多少歩行する仕事をする人:1.11(0.60-2.08),材料を扱いながら歩行する人:1.90(1.03-3.52)).

労働時間数とX線における変形性膝関節症発症との間には関連は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: People performing work that require walking while handling some materials have greater odds of incident knee OA than those with jobs mostly involving sitting. Strategies are needed to mitigate risk factors predisposing them to radiographic OA.

何らかの材料を扱いながら歩行する必要がある職業の者では,主に座っている職業の人に比べて変形性膝関節症の発症率が高いことが明らかとなりました.

X線上で変形性膝関節症を発症しやすい危険因子を軽減するための戦略が必要であります.

 

今回は仕事での活動量が多いと変形性膝関節症が進行しやすい可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

予想通りですが仕事での身体活動,特に重量物を運搬するような職業の場合には変形性膝関節症の発症リスクが高くなるという結果ですね.

この結果はクライアントの職場復帰にあたって理学療法士・作業療法士も知っておく必要がある情報ですね.

タイトルとURLをコピーしました