Tandem testで歩行補助具の必要性を判断できる?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Tandem testで歩行補助具の必要性を判断できる?

理学療法士・作業療法士って他職種から歩行補助具の必要性について相談を受けることって多いと思います.

こういった場合,さまざまな評価結果やクライアントの性格等も含めて歩行補助具の必要性を検討するわけですが自分の判断に自信が持てないことってありませんか?

今回はTandem testで歩行補助具の必要性を判断できる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

これは知っておくとかなり役立ちますので是非ご覧ください.

woman walking on train railway

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Archives of Rehabilitation Research and Clinical Translation

Volume 4, Issue 1, March 2022, 100173

Archives of Rehabilitation Research and Clinical Translation

ORIGINAL RESEARCH

Ten-Second Tandem Stance Test: A Potential Tool to Assist Walking Aid Prescription and Falls Risk in Balance Impaired Individuals

Baeho Joo B Phty

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To assess the utility of a 10-second tandem stance test in predicting gait impairment and the need for a mobility aid.

この研究では歩行障害および移動補助具の必要性を予測するための10秒tandem stance testの有用性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Cross-sectional study.

研究デザインは横断的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Public hospital ambulatory and hospitalized care.

この研究は公立病院の外来および入院患者を対象に行われました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Participants were drawn from referrals to the physiotherapy service and patients identified by health care staff as needing mobility assessment. Eighty-seven people were referred to the study. Sixty-one individuals (N=61) consented to participate; mean age was 76±9.8 years and 61% were female. All participants were community dwelling.

理学療法サービスへの紹介者,および医療スタッフによって移動性評価が必要であると認識された対象から参加者を抽出しております.

最終的に87例がこの研究に参加しております.

平均年齢は76±9.8歳で,61%が女性でありました.

参加者は全員,地域住民でありました.

 

 

 

 

 

 

 

介入

The 10-second tandem stance test and gait parameters were measured while walking with no walking aid, a walking stick, and a 4-wheeled walker were assessed.

10秒タンデムスタンステストと歩行パラメータを測定し,歩行補助具なし,杖,4輪歩行器を用いた歩行を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム測定

Associations between the 10-second tandem stance test performance with prescribed walking aids (primary outcome variable), gait parameters (gait cycle time, cadence, stance phase, swing phase, double support, stride length, speed, peak angle velocity, maximal heel clearance), falls history, falls risk (Falls Risk for Older People in the Community [FROP-Com]), and walking aid use.

所定の歩行補助具を用いた10秒タンデム立脚試験の成績(主要評価項目),歩行パラメータ(歩行周期時間,ケイデンス,立脚相,遊脚相,両脚支持期,歩幅,速度,ピーク角速度,最大踵間隔),転倒歴,転倒リスク(Falling Risk for Older People in the Community[FROP-Com])および歩行補助具使用との関連性を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Inability to maintain tandem stance for 10 seconds significantly increased the odds of requiring a prescribed walking aid (odds ratio [OR], 5.19; P=.01). Tandem stance test time was positively correlated with stride length, gait speed, peak angle velocity, and maximal heel clearance during the gait cycle. Correlation between tandem stance time and number of falls was weak but significant (ρ=−0.31, P=.01), and FROP-Com score for falls risk was negative and moderate for nonpreferred foot behind (ρ=−0.58, P<.01). The 10-second tandem stance with nonpreferred foot behind was associated with falling in previous 12 months (P=.04). Walking aid use history in subgroups with the individuals who cannot maintain the tandem stance with nonpreferred foot behind for 10 seconds was associated with falling in previous 12 months (OR, 55.00; 95% CI, 2.44-1238.46; P=.01).

タンデム立位を10秒間維持できない場合,所定の歩行補助具を必要とする確率が有意に上昇しました(オッズ比[OR]、5.19;P=0.01).

タンデム立脚試験時間は歩幅,歩行速度,ピーク角速度,歩行周期中の最大踵クリアランスと正の相関がありました.

タンデム立脚検査時間と転倒回数には有意な弱い相関関係があり(ρ=-0.31、P=.01),転倒リスクに関するFROP-Comスコアは弱化のある側を後方にした場合に負で中等度でありました(ρ=-0.58、P<.01).

10秒タンデムスタンス(弱化のある側が後方)は過去12ヶ月間の転倒と関連しておりました(P=.04).

弱化のある側を後方にしたタンデム姿勢を10秒間維持できない人のサブグループにおける歩行補助具使用歴は,過去12ヶ月の転倒と関連しておりました(OR, 55.00; 95% CI, 2.44-1238.46; P=.01).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The 10-second tandem stance test was associated with professionally prescribed walking aids, gait parameters with prescribed walking aids, falls, and walking aid use history, indicating the test may be useful to guide the prescription of walking aids.

10秒タンデムスタンステストは,専門的に処方された歩行補助具,処方された歩行補助具での歩行パラメータ,転倒,および歩行補助具使用歴と関連しており,このテストが歩行補助具の処方指針として有用である可能性を示しております.

 

今回はTandem testで歩行補助具の必要性を判断できる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

非常に臨床に役立ちそうな結果ですね.

Tandem testが10秒未満の場合には歩行補助具の使用を検討する必要があるということになりますね.

タイトルとURLをコピーしました