理学療法士・作業療法士が仕事が楽しいと感じる時

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が仕事が楽しいと感じる時

理学療法士・作業療法士の仕事も楽しいことばかりではありませんが,理学療法士・作業療法士として仕事をしていて良かったとか,仕事が楽しいと感じる時って幸せですよね.

辛いこともありますが,仕事で喜びを感じられると,次も頑張ろうと前向きな気持ちになれます.

今回は理学療法士・作業療法士が仕事が楽しいと感じる時について考えてみたいと思います.

Free photos of Happy

 

 

 

 

 

 

クライアントの回復が見えた時

理学療法士・作業療法士であればクライアントの回復は何よりの喜びです.

車椅子移動だったクライアントが杖歩行が可能になるなんてのは本当に嬉しいですよね.

クライアントと回復の喜びを共有することができるというのは理学療法士・作業療法士にとって仕事が楽しいと感じられる場面の1つだと思います.

 

 

 

 

 

 

 

アセスメントできた時

理学療法士・作業療法士の仕事で重要となるのが評価,アセスメントです.

自分が考えた仮説の下で治療を行って,その治療がうまくいった時ってとても嬉しいです.

勉強してきてよかった,仕事が楽しいと感じられる瞬間だと思います.

理学療法士・作業療法士は自分の都合のよいように解釈してしまいがちなところもありますけどね…

 

 

 

 

 

 

 

感謝の気持ちを伝えられた時

クライアントから言葉や手紙で感謝の気持ちを伝えられた時って何よりうれしいですよね.

理学療法士・作業療法士をやってて良かったなと思える瞬間です.

理学療法士・作業療法士の仕事が楽しいと思える時間でもあると思います.

 

 

 

 

 

 

 

スキルアップを実感できた時

理学療法士・作業療法士として研鑽を積んできて自分自身が成長できたと感じられる場面ってけっこうありますよね.

自分自身のスキルアップを実感できた時ってとても嬉しいものです.

理学療法士・作業療法士の仕事が楽しいと思える時間でもあると思います.

時には自分自身を客観的に振り返ってみるのも良いでしょうね.

 

 

 

 

 

 

自分の好きな分野を学べているとき

理学療法士・作業療法士であれば興味のある分野のことを学んでいる時って楽しいですよね.

学んだことがクライアントに活かされるのはもちろんですが,好きなことって勉強しているときも楽しいんですよね.

最近は理学療法士・作業療法士の仕事も分化しておりますので,自分の好きな分野を見つけて,好きなことにのめりこんで勉強できるようになると楽しい時間も増えるでしょうね.

 

今回は理学療法士・作業療法士が仕事が楽しいと感じる時について考えてみました.

理学療法士・作業療法士の仕事も楽な仕事ではありません.

長く理学療法士・作業療法士として仕事を続けていくには仕事を楽しいと感じられるかどうかって重要だと思います.

日々のクライアントのちょっとした変化を楽しいと感じられるとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました