理学療法士・作業療法士の靴下の色は白でないとダメなの?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の靴下の色は白でないとダメなの?

理学療法士・作業療法士の皆様の職場では靴下の色って規定されていますか?

昔ながらの職場ではまだまだ靴下は白と規定されている職場も多いのが実際です.

でもこの靴下の色って意味ありますかね?

今回は理学療法士・作業療法士の靴下の色は白でないとダメなのかについて考えてみたいと思います.

Free photos of Pregnant

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士は靴の脱ぎ履きが多い

理学療法士・作業療法士の働き方の特徴の1つですが,プラットホームやベッドに上がることが多いので靴を脱ぎ履きすることが多いです.

また訪問リハビリテーションでは靴下のままクライアントのお宅にお邪魔するということもあるでしょう.

つまり医師や看護師といった他職種と比較しても靴下を晒す機会の多い医療職種だと言えるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

靴下はさすがに支給されない

理学療法士・作業療法士の職場でも靴や白衣(ケーシー・スクラブ)が支給されるといった職場は少なくありません.

一方で靴下はどうでしょうか?

靴下まで支給されるといった職場はほとんどないと思います.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の靴下の色は白でないといけない?

理学療法士・作業療法士の職場でも靴下の色が白出ないといけないといった昭和時代から引き継がれた規則が残っているところもあります.

靴下の色に関しては明文化されていないところが多いと思いますが,上司や先輩から指導を受けることもあるでしょう.

理学療法士・作業療法士はこうでなくちゃいけないという昔からのしきたりがあるわけですね.

靴下は白色でないといけないというのはその典型で,なかには髪の色とかピアスとか容姿に関してもさまざまな規定を設けている職場があります.

なかでも靴下は白色でないといけないなんていうのは,まったくどうでもいいルールとしか思えません.

 

 

 

 

 

 

 

なぜ理学療法士・作業療法士の靴下は白色でないといけないのか?

その理由は清潔感というところだと思います.

ただ白以外でもきちんと洗濯をしていれば清潔感が無いわけはありません.

最近は靴下でもアニメの絵が描いてあるような靴下もありますがそういったものでなければワンポイントとか無地の白以外の靴下でクライアントに不快感を与えることは少ないと思います.

 

 

 

 

 

 

 

色を指定するなら支給すべき

そもそも靴下の色まで病院や施設が規定するのであれば職場で使用する靴下を職場が支給するべきだと思います.

支給もせずに色を指定するというのはこの時代には合ってないなと思うわけです.

 

今回は理学療法士・作業療法士の靴下の色は白でないとダメなのかについて考えてみました.

どうでもないこういったルールは早く無くした方が良いですね.

タイトルとURLをコピーしました