コルセットの使用は腰痛予防に有効なのか?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コルセットの使用は腰痛予防に有効なのか?

コルセットを使用する目的に腰痛予防が挙げられます.

特に理学療法士・作業療法士や看護師といった医療従事者は腰痛発症率が高いので予防的にコルセットを使用する方も少なくありません.

しかしながらコルセットの使用というのは腰痛予防に有効なのでしょうか?

今回はコルセットの使用は腰痛予防に有効なのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman in white tank top and blue denim shorts sitting on bed

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial Spine (Phila Pa 1976). 2022 May 1;47(9):656-665. doi: 10.1097/BRS.0000000000004258. Epub 2021 Oct 5.

Effectiveness and Safety of Inelastic Versus Elastic Lumbosacral Orthoses on Low Back Pain Prevention in Healthy Nurses: A Randomized Controlled Trial

Jianzhong Hu 1 2 3 4, Liyuan Jiang 1 2 3 4, Yong Cao 1 2 3 4, Jin Qu 2 3 4 5, Hongbin Lu 2 3 4 5

Affiliations expand

PMID: 34618790 DOI: 10.1097/BRS.0000000000004258

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Study design: A randomized controlled trial.

研究デザインは無作為化比較試験となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate the effects of inelastic and elastic lumbosacral orthoses (LSOs) on the prevention of low back pain (LBP) in healthy nurses.

この研究では健康な看護師を対象として硬性および軟性腰仙骨装具(LSO)の腰痛(LBP)予防効果を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Summary of background data: Over 80% of people experience LBP during their lifetime. LSOs, as a device used to maintain lumbar stability, were widely used in LBP management. The effects of inelastic LSOs (iLSOs) and elastic LSOs (eLSOs) on the prevention of LBP are controversial.

80%以上の人が一生の間にLBPを経験するとされております.

腰仙骨装具は腰部の安定性を保つために使用される装具として腰痛管理に広く使用されております.

硬性腰仙骨装具と軟性腰仙骨装具の腰痛予防効果については議論のあるところであります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A randomized clinical trial recruiting healthy nurses was conducted from November 2011 to June 2013 at a tertiary hospital in China. A total of 300 eligible participants aged 20 to 25 years were randomly assigned to iLSO, eLSO, or control groups. The intervention period was 6 months, and follow-ups were continued for an additional 6 months. Participants in both iLSO and eLSO groups were required to wear LSOs daily. Outcomes included the incidence of LBP, changes in trunk muscle endurance, and spinal range of motion assessed at baseline, 6months, and 12 months from the starting date. The incidence of LBP among groups was analyzed by ANOVA. Wilcoxon rank-sum test, Kruskal-Wallis H test, etc. were used for secondary outcomes comparison across groups.

2011年11月から2013年6月まで,中国の三次病院で健康な看護師を募集した無作為化臨床試験を実施しております.

20~25歳の対象者300例を硬性腰仙骨装具群,軟性腰仙骨装具群,対照群に無作為に割り付けております.

介入期間は6カ月でさらに6カ月間フォローアップを継続しております.

硬性腰仙骨装具群と軟性腰仙骨装具群の両群の対象者はいずれも毎日腰仙骨装具を装着することを求められております.

アウトカムにはベースライン,6ヵ月後,12ヵ月後に評価された腰痛発生率,体幹筋持久力の変化,脊柱可動域となっております.

グループ間の腰痛発生率については分散分析を用いて分析が行われております.

副次的アウトカムの群間比較には,Wilcoxon rank-sum test,Kruskal-Wallis H testが用いられております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Two hundred seventy-eight out of 300 participants (92.7%) completed the trial. No statistically significant differences were observed in LBP incidence among the three groups. No difference was observed in abdominal/back muscle endurance among groups at 6 months. In secondary outcome analysis regarding spinal range of motion, flexion and extension improved in iLSO groups at 12 months compared with that at baseline (flexion, P = 0.01; extension, P = 0.01), whereas only extension motion improved at 12 months in the eLSO group (P = 0.00).

300例中278例(92.7%)が試験を完了しております.

腰痛発症率は3群間で統計的に有意差は認められませんでした.

また6ヵ月後の腹筋・背筋の持久力にも群間差は認められませんでした.

脊椎可動域に関する副次的アウトカムの分析では硬性腰仙骨装具群ではベースライン時と比較して12ヵ月後に屈曲と伸展が改善していた(屈曲:P = 0.01,伸展:P = 0.01)のに対し,軟性腰仙骨装具群では12ヵ月後に伸展のみ改善がみられました(P = 0.00).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Six-month wearing of LSO showed neither a significant difference in preventing LBP nor causing adverse effects to participants.Level of Evidence: 1.

腰仙骨装具の6ヶ月間の装着は,腰痛予防に有意な効果を示さず対象者に悪影響を及ぼすこともありませんでした.

 

今回はコルセットの使用は腰痛予防に有効なのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると腰仙骨装具による腰痛予防効果は乏しいと言わざるを得ませんね.

バイオメカニクスの視点から考えると若い時に腰仙骨装具を使用して,胸腰椎を屈曲せずに股関節・膝関節を使った動きを学習するというのは非常に意味があると思いますけどね.

コルセットを半年装着しても筋力低下も起こっていないという点もポイントですね.

タイトルとURLをコピーしました