理学療法士・作業療法士は国家資格なのに給与が低い

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士は国家資格なのに給与が低い

理学療法士・作業療法士は国家資格です.

理学療法士・作業療法士も昔は国家資格を持っていれば高い評価を得られ,高い給与をいただけました.

いわゆる希少価値時代ですね.

このころは研鑽しなくても資格を持ってさえいれば高い給与を得ることができたわけです.

しかしながら今は違います.

今回は理学療法士・作業療法士は国家資格なのに給与が低いといったお話です.

woman in blue and white academic dress holding certificate

 

 

 

 

 

 

 

国家資格=給与が高い

一般の方の多くが国家資格=給与が高いと考えられていると思います.

しかしながら理学療法士・作業療法士は国家資格ですが初任給なんかは年々下がっています.

今や初任給が15万円前後なんてところも少なくありません.

正職員でこれですからね…

パートやアルバイトの理学療法士・作業療法士の求人を見ても時給が1200円なんてところも多いです.

私立大学を卒業して800万円近くの学費を支払って初任給が15万円ですから,かなり厳しいです.

 

 

 

 

 

 

 

医療系の国家資格にもかなりの格差が

医療系の国家資格でも給与にはかなりの格差があります.

 

医師:1169万円

歯科医師:653万円

獣医師:637万円

薬剤師:563万円

診療放射線技師:507万円

看護師:478万円

臨床検査技師:458万円

理学療法士・作業療法士:413万円

歯科技工士:390万円

 

本当に理学療法士・作業療法士って底辺です.

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして国家資格なのに給与が低いのか?

なぜ理学療法士・作業療法士って国家資格なのに給与が低いのでしょうか?

一番は国の制度上の問題ですね.

診療報酬や介護報酬体系に起因するところが大きいでしょう.

また専門性が十分に認められていない点も理学療法士・作業療法士の給与が低い理由でしょう.

当然ながら誰でもできる仕事だと給与は低くなってしまいます.

医師の仕事は誰でもできるものではないから医師の給与は高いということです.

これは考えれば理解しやすいです.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が給与をアップさせるには?

残念ながら現状では理学療法士・作業療法士に関連する診療報酬や介護報酬が大きくアップすることは無いでしょう.

高齢化により医療や介護に要する費用が膨れ上がる中でリハビリテーションに関連する報酬のみがアップするなんてことは考えにくいです.

そう考えると職場の給与体系が大きく変わることもありません.

理学療法士・作業療法士が給与をアップさせるには転職か副業のどちらかしかないと思います.

 

年収300万円の理学療法士・作業療法士こそ動けばすぐに年収が上がる
理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円といわれております. 平均年収が406万円ですから,年収が600万円を超える理学療法士・作業療法士もいれば,年収が300万円前後の理学療法士・作業療法士もいるわけです. ただせっかく3~4年間養成校に通って,国家試験にも合格して年収300万円ってきつすぎますよね?

 

どのくらいの理学療法士・作業療法士が副業しているの?
今回は第132回 労働政策審議会安全衛生分科会(令和2年8月19日)で公表された副業・兼業に関する労働者調査結果をもとに,どのくらいの人が副業に取り組んでいるのかについて考えてみました. 個人的な印象としては全体で考えると20人に1人ですので,まだ副業に取り組む人は少ないのだなといった印象ですが,時代の流れからすると今後,理学療法士・作業療法士も副業に取り組まれる方が増えていきそうですね.

 

今回は理学療法士・作業療法士は国家資格なのに給与が低いといったお話でした.

理学療法士・作業療法士が資格だけで高い給与を頂ける時代は終わりました.

こう考えると理学療法士・作業療法士が所属施設だけで収入をアップするには限界があるのも事実だと思います.

副業も含めて収入を増やす方法を考える必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました