ウェイト・サイクリングは筋肉量の減少および筋力の低下と関連?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェイト・サイクリングは筋肉量の減少および筋力の低下と関連?

理学療法士・作業療法士の皆様はウエイト・サイクリングという言葉をご存じですか?

ウェイト・サイクリングというのはダイエット後にリバンウンドして,またダイエットするという体重の変動を繰り返す現象を指します.

今回はウェイト・サイクリングが筋肉量の減少および筋力の低下と関連しているといった報告をご紹介させていただきます.

Slimming, Scales, Health, Lifestyle, Exercises, Obesity

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Obesity (Silver Spring). 2019 Jul;27(7):1068-1075. doi: 10.1002/oby.22493.

Weight Cycling as a Risk Factor for Low Muscle Mass and Strength in a Population of Males and Females with Obesity

Andrea P Rossi 1 2, Sofia Rubele 1 2, Simona Calugi 3, Cesare Caliari 1 2, Francesco Pedelini 1 2, Fabio Soave 3, Elisa Chignola 3, Paola Vittoria Bazzani 4, Gloria Mazzali 1 2, Riccardo Dalle Grave 3, Mauro Zamboni 1 2

Affiliations expand

PMID: 31231958 DOI: 10.1002/oby.22493

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: This study aimed to determine whether multiple weight cycles in adulthood are an independent predictor of lower muscle mass and reduced strength, with potential implication for sarcopenia in adults with obesity.

この研究では成人期における複数回の体重増減が,筋肉量の低下と筋力低下の独立した予測因子であるかどうかを明らかにし,肥満成人におけるサルコペニアに潜在的な意味があるかどうかを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A total of 60 males and 147 females with obesity were included, with a mean BMI of 37.9 ± 6.0 kg/m2 and a mean age of 52.6 ± 12.4 years. Muscle strength was evaluated with handgrip and appendicular skeletal muscle mass was measured with dual-energy x-ray absorptiometry.

平均BMI 37.9 ± 6.0 kg/m2,平均年齢 52.6 ± 12.4 歳の肥満の男性60例,女性147例を対象としております.

筋力は握力計を用いて評価し,骨格筋量は二重エネルギーX線吸収法で測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Participants were categorized into the following three groups: non-weight cyclers, mild weight cyclers, and severe weight cyclers. From a binary logistic regression that considered muscle mass categories as a dependent variable and weight cycling categories, age, and sex as independent variables, severe weight cyclers showed a 3.8-times increased risk of low muscle mass (95% CI: 1.42-10.01). Considering handgrip strength categories as a dependent variable and weight cycling categories, age, sex, and BMI as independent variables, severe weight cycling was associated with an increased risk of low muscle mass (about 6.3 times, 95% CI: 1.96-20.59). Severe weight cyclers showed a 5.2-times greater risk of developing sarcopenia.

対象者は以下の3群に分類されました.

 

非ウェイトサイクラー

軽度のウェイトサイクラー

重度のウェイトサイクラー

 

筋肉量カテゴリーを従属変数,ウェイトサイクリングカテゴリー,年齢,性別を独立変数とした二項ロジスティック回帰から,重度のウェイトサイクラーは筋肉量低下のリスクが3.8倍上昇することが明らかとなりました(95%CI:1.42-10.01).

また握力ストレングスカテゴリーを従属変数とし,ウェイトサイクリングカテゴリー,年齢,性別,BMIを独立変数とすると,重度のウェイトサイクリングは筋肉量低下のリスク上昇と関連しておりました(約6.3倍、95%CI: 1.96-20.59 ).

重度のウェイトサイクラーは,サルコペニアの発症リスクが5.2倍高いことが示されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: In adults with obesity, weight cycling is associated with lower muscle mass and strength and a greater likelihood of developing sarcopenic obesity.

肥満の成人においてウェイトサイクリングは,筋肉量および筋力の低下と関連し,サルコペニア性肥満を発症する可能性が高くなることが明らかとなりました.

 

 

今回はウエイト・サイクリングが筋肉量の減少および筋力の低下と関連しているといった報告をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

この結果から考えると闇雲な減量やそれに伴うリバウンドはサルコペニアを引き起こす要因になる可能性がありますね.

理学療法士・作業療法士が減量指導を行う際にもこのあたりの知識は必須になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました