脊椎圧迫骨折後のベッド上安静は何日が妥当か?

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脊椎圧迫骨折後のベッド上安静は何日が妥当か?

本邦でも脊椎圧迫骨折例に対するリハビリテーションでは1週間の床上安静の後にコルセットを装着して離床を進めるのが一般的になってきております.

理学療法士・作業療法士としては可能な限り早期に離床を進めたいわけですが,一方で椎体圧壊進行のリスクも気になるところです.

今回は脊椎圧迫骨折後のベッド上安静は何日が妥当かを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

throw pillow on bed frame

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Asian Spine J. 2022 May 10. doi: 10.31616/asj.2021.0396. Online ahead of print.

Absolute Bed Rest Duration of 3 Days for Osteoporotic Vertebral Fractures: A Retrospective Study

Sung Tan Cho 1, Seung Joo Kim 1, Bum Joon Nam 1, Kun Woo Kim 1, Gyu Hyeon Lee 1, Jin Hwan Kim 1

Affiliations expand

PMID: 35527538 DOI: 10.31616/asj.2021.0396

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Study design: Retrospective case-control study.

研究デザインは後方視的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: To reduce unnecessary absolute bed rest (ABR), this study sought to determine the optimal aimed length of ABR in older patients getting conservative treatment for osteoporotic vertebral fractures (OVFs).

不要な絶対安静を減らすため,この研究では骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)の保存的治療を受けている高齢者における絶対安静の最適な期間を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Overview of literature: OVFs are quite common in elderly patients. ABR is a vital part of conservative treatment for OVFs, although the length of ABR may increase patient. No recommendations regarding how long ABR should last.

骨粗鬆症性椎体骨折は高齢者によく見られます.

絶対安静は骨粗鬆症性椎体骨折の保存的治療の重要な部分でありますが,絶対安静の長さはクライアントの負担につながる可能性があります.

また絶対安静をどの程度の期間継続すべきかに関する推奨はありません.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This study was conducted in 134 patients with OVFs initially treated conservatively. The patients were split into two groups: 3-day and 7-day ABR. From the time of injury to 1, 4, and 12 weeks after injury, compression rate (CR) and local kyphotic angle (LKA) were assessed and compared between the two groups. Any complications such as pneumonia, deep vein thrombosis, delirium, and urinary tract infection known to be related to ABR were examined based on the electronic medical record.

この研究は初期に保存的治療を受けた骨粗鬆症性椎体骨折患者 134 例を対象に実施されております.

対象者を3日絶対安静と7日絶対安静の2群に分類しております.

受傷時から1,4,12週後まで圧壊率(CR)および局所弯曲角(LKA)を評価し,2群間で比較しております.

肺炎,深部静脈血栓症,せん妄,尿路感染症など絶対安静に関連することが知られている合併症については,電子カルテをもとに検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Forty-four patients underwent ABR for 3 days and 90 underwent ABR for 7 days. There was no significant difference in CR and LKA between the two groups at the time of injury versus 1, 4, and 12 weeks after injury. The patients were divided into two groups: those who received a 3-day ABR and those who received a 7-day ABR. CR and LKA were measured and compared between the two groups from the time of damage to 1, 4, and 12 weeks after injury. The ABR-related complication rate was 43.4% in the 7-day ABR group and 22.7% in 3-day ABR group (p=0.02). The duration of hospital stay was significantly shorter in the 3-day ABR group (12.8 days) than in the 7-day group (16 days) (p=0.01).

3日間絶対安静を実施した症例は44例,7日間絶対安静を実施した症例は90例でありました.

圧壊率(CR)および局所弯曲角(LKA)は受傷時と受傷後1,4,12週後とで両群間に有意差はありませんでした.

絶対安静関連の合併症率は7日絶対安静群で43.4%,3日絶対安静群で22.7%でありました(p=0.02).

入院期間は3日絶対安静群(12.8日)が7日絶対安静群(16日)より有意に短い結果でありました(p=0.01).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Considering radiological outcomes, prognosis, complications, patient convenience, and economic impact, a 3-day ABR period is appropriate for the conservative treatment of OVFs.

放射線治療成績,予後,合併症,患者の利便性,経済的影響を考慮すると,骨粗鬆症性椎体骨折患者の保存的治療には 3 日間の絶対安静期間が適切であると考えられます.

 

今回は脊椎圧迫骨折後のベッド上安静は何日が妥当かを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

結局のところダーメンコルセットが完成するまでの期間が3日以内というのが現実的に可能かといったところも問題になりそうですが,やはり早期離床が重要だということですね.

 

タイトルとURLをコピーしました