THA後には腰痛も改善するのか?腰痛が改善する症例の特徴は?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

THA後には腰痛も改善するのか?腰痛が改善する症例の特徴は?

変形性股関節症例といえば股関節のみならず腰部に疼痛を訴える症例も少なくありません.

THA後には術前の腰痛が改善する症例もいますが,一方で新たに腰痛が出現する症例も存在します.

今回はTHA後には腰痛も改善するのか,また腰痛が改善する症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

woman in white tank top and blue denim shorts sitting on bed

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2022 Mar 15;S0883-5403(22)00320-5. doi: 10.1016/j.arth.2022.03.038. Online ahead of print.

Does Low Back Pain Improve Following Total Hip Arthroplasty?

Jonathan M Vigdorchik 1, Karim Shafi 2, David A Kolin 2, Aaron Buckland 3, Kaitlin M Carroll 2, Seth A Jerabek 2

Affiliations expand

PMID: 35304301 DOI: 10.1016/j.arth.2022.03.038

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Introduction: Frequently, patients indicated for total hip arthroplasty (THA) present with low back pain (LBP) and hip pain. The purpose of this study was to compare patients whose back pain resolved after THA with those where back pain did not resolve and identify how to predict this using spinopelvic parameters.

人工股関節置換術(THA)の適応となる症例には腰痛と股関節痛がしばしば見られます.

この研究ではTHA後に腰痛が消失した症例と腰痛が消失しなかった症例を比較し,脊椎骨盤パラメータを用いてその予測方法を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We reviewed a series of 500 patients who underwent THA for unilateral hip osteoarthritis by two surgeons. Patients underwent biplanar standing and sitting EOS radiographs pre-operatively. Patients with previous spine surgery or femoral neck fracture were excluded. Demographic data was analyzed at baseline. The Oswestry Disability Index (ODI) scores were calculated pre-operatively and at one year postoperatively. Spinopelvic parameters included pelvic incidence and sacral slope (SS) change from standing to sitting.

2名の外科医によって片側変形性股関節症に対してTHAを受けた500例を対象としております.

対象者には術前に立位および座位にてX線写真を撮影しております.

脊椎手術の既往のある症例や大腿骨頸部骨折のある症例は除外しております.

またベースライン時の人口統計学的データを分析しております.

Oswestry Disability Index(ODI)スコアは術前と術後1年目に算出されております.

脊椎骨盤パラメータには立位から座位への骨盤傾斜と仙骨傾斜(SS)変化を含めております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 204 patients (41%) had documented LBP prior to THA. The ODI for patients improved from 38.9 ± 17.8 pre-operatively to 17.0 ± 10.6 at one year post-operatively (p < 0.001). At one- and two-year follow-up, resolution of back pain occurred in 168 (82.4%) and 187 (91.2%) patients respectively. Pelvic incidence was not predictive of back pain resolution. All patients whose back pain resolved had a sacral slope change from standing to sitting of >10 degrees, while those patients whose back pain did not resolve had a change of <10 degrees.

204例(41%)がTHA前に腰痛を有しておりました.

症例のOswestry Disability Index(ODI)スコアは術前38.9±17.8から術後1年では17.0±10.6に改善しておりました(p<0.001).

1年後と2年後のフォローアップではそれぞれ168例(82.4%)と187例(91.2%)の症例で腰痛が解消されました.

骨盤傾斜は腰痛の解消を予測するものではありませんでした.

腰痛が消失した症例は全員,立位から座位への仙骨傾斜の変化が10度以上でありましたが,腰痛が消失しなかった症例は変化が10度未満でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Discussion: This study demonstrates that symptomatic LBP resolves in 82% of patients after THA. The results of this study may be used to counsel patients on back pain and its resolution following total hip replacement.

この研究結果から,THA例の82%で症状のある腰痛が消失することが明らかとなりました.

この研究結果は人工股関節全置換術後の腰痛とその改善について予測を行う上で有益できあると考えられます.

 

今回はTHA後には腰痛も改善するのか,また腰痛が改善する症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

THA後に80%以上の症例で腰痛が改善するというのは驚きですね.

また腰痛が改善する症例では仙骨傾斜角の変化量が大きいというのもポイントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました