振り子運動も方法を誤ると腱板修復術後の再断裂を引き起こす可能性が…

肩関節
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振り子運動も方法を誤ると腱板修復術後の再断裂を引き起こす可能性が…

腱板損傷に対する修復術後には再断裂を予防することが重要となります.

また上腕骨近位端骨折後には腱板筋群の収縮が骨折の転位を進行させてしまう可能性があります.

このように腱板筋群を収縮させることが禁忌となることが多くあるわけですが,その際に用いられる運動として振り子運動が挙げられます.

でも本当に振り子運動って腱板筋群の収縮が起こらないのでしょうか?

振り子運動も方法を誤ると腱板修復術後の再断裂を引き起こす可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

gray concrete horse figurine on white table

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Sports Phys Ther. 2010 Apr;40(4):230-7. doi: 10.2519/jospt.2010.3095.

Activation of the shoulder musculature during pendulum exercises and light activities

Joy L Long 1, Ramon A Ruberte Thiele, Jack G Skendzel, Jongeun Jeon, Richard E Hughes, Bruce S Miller, James E Carpenter

Affiliations expand

PMID: 20200451 DOI: 10.2519/jospt.2010.3095

今回ご紹介する論文は2010年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Study design: Prospective, single-group, repeated-measures design.

研究デザインは単一グループを対象とした前向き反復測定研究デザインとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: To evaluate electromyographic (EMG) signal amplitude in the supraspinatus, infraspinatus, and deltoid muscles during pendulum exercises and light activities in a group of healthy subjects.

この研究では健常例を対象として,振り子運動および軽運動中の棘上筋,棘下筋,三角筋の筋電図における筋活動を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: There are numerous rehabilitation protocols used after rotator cuff repair. One of the most commonly used exercises in these protocols is the pendulum. Patients can easily perform these exercises incorrectly, and may also perform light activities of daily living without knowing that they may be putting excessive stress on the repair. The effect of improperly performed pendulum exercises and light activities after rotator cuff repair is unknown.

腱板修復術後に使用されるリハビリテーションプロトコルは数多く存在します.

これらのプロトコルの中で最も一般的に使用されているエクササイズの1つが振り子運動です.

しかしながら腱板断裂術後症例ではこれらのエクササイズを誤って行いやすく,また修復部に過剰なストレスを与えている可能性があることを知らずに,日常生活の軽い動作を行ってしまうこともあります.

腱板修復後の不適切な振り子運動や軽作業が及ぼす影響については不明であります.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Muscle activity was recorded in 13 subjects performing pendulum exercises incorrectly and correctly in both large (51-cm) and small (20-cm) diameters, and while typing, drinking, and brushing their teeth.

13例の被験者に誤った方法で大径(51cm)と小径(20cm)の両方で振り子運動を行った際,タイピング中,飲酒中,歯磨き中の筋活動を記録しております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Incorrect and correct large pendulums and drinking elicited more than 15% maximum voluntary isometric contraction in the supraspinatus and infraspinatus. The supraspinatus EMG signal amplitude was greater during large, incorrectly performed pendulums than during those performed correctly. Both correct and incorrect large pendulums resulted in statistically higher muscle activity in the supraspinatus than the small pendulums.

棘上筋と棘下筋の最大随意筋収縮は,誤った大径振り子と正しい振り子と飲酒で15%以上誘発されました.

棘上筋の筋活動は,正しく行われた振り子よりも,誤って行われた大きな振り子で大きくなりました.

正しい振り子も誤った振り子も,小さな振り子よりも棘上筋の筋活動が統計的に高くなりました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Larger pendulums may require more force than is desirable early in rehabilitation after rotator cuff repair.

大きな振り子では,腱板修復術後のリハビリテーションの初期に,望ましい振り子運動よりも大きな力を必要とする可能性があります.

 

振り子運動も方法を誤ると腱板修復術後の再断裂を引き起こす可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

振り子運動も運動範囲が大きくなりすぎると棘上筋の筋活動を誘発してしまう可能性がありますね.

理学療法士・作業療法士が振り子運動を指導する際には腱板筋群へのストレスを考慮した上で運動範囲をある程度抑える必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました