人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響

変形性膝関節症例では人工膝関節全置換術後に足部の疼痛が出現する症例を経験することは少なくありません.

人工膝関節全置換術に伴う膝関節のアライメント変化によって足部へも大きな影響が生じることは想像に難くありません.

今回は人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響について調査した研究論文をご紹介させていただきます.

person's feet and hands

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2022 Jan 27;S0883-5403(22)00076-6. doi: 10.1016/j.arth.2022.01.059. Online ahead of print.

Effect of Total Knee Arthroplasty on Coronal Alignment of the Ankle Joint

IttaiShichman 1, Erel Ben-Ari 2, Ethan Sissman 2, Christian Oakley 3, Ran Schwarzkopf 3

Affiliations expand

PMID: 35093550 DOI: 10.1016/j.arth.2022.01.059

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: The effect of total knee arthroplasty (TKA) on the ankle joint is not entirely clear. The purpose of this study was to assess postoperative changes in the coronal alignment of the ankle joint in patients undergoing TKA for various degrees of knee deformity.

この研究ではさまざまな程度の膝関節変形に対して人工膝関節全置換術を施行した症例における足関節の水平面のアライメントの術後変化を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This retrospective study included 107 patients who had undergone TKA for primary osteoarthritis. In all cases, preoperative coronal alignment deformity of the knee was corrected in an attempt to restore the native mechanical axis of the knee. Patients were stratified into three groups according to the degree of knee coronal alignment correction achieved intraoperatively: Group 1 (< 10° varus/valgus correction, n=60), Group 2 (≥10° varus correction, n=30), and Group 3 (≥10° valgus correction, n=17). Knee/ankle alignment angles were measured on full-length, standing anteroposterior imaging preoperatively and postoperatively and included: hip-knee-ankle (HKA) angle, tibial plafond inclination (TPI), talar inclination (TI), and tibiotalar tilt (TTT) angle.

この後方視的研究では一次性変形性関節症に対して人工膝関節全置換術を施行した107例の症例を対象としております.

すべての症例において術前の膝のcoronal alignmentを矯正し,膝関節の本来の力学的軸を回復させることを試みております.

症例は術中に得られた膝のcoronal alignment矯正の程度により3群に分類されております.

グループ1(<10° varus/valgus correction, n=60),グループ2(≧10° varus correction, n=30),グループ3(≧10° valgus correction, n=17)の3群となっております.

術前・術後ともに膝・足関節のアライメント角度を全身立位前後画像で測定し,股関節・膝関節角(HKA)、脛骨軟骨傾斜(TPI)、距骨傾斜(TI)、脛骨傾斜(TTT)角の4項目を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Significant changes in ankle alignment, specifically with regard to TPI (9.5°±6.9, p<0.01) and TI (8.8° ±8.8, p=0.03) were noted in the ≥10° valgus correction group compared to the other two groups. Regardless of the degree of knee deformity correction, TKA did not lead to significant changes in the TTT angle.

10°以上の外反矯正群では,他の2群と比較して,特に脛骨軟骨傾斜(TPI)(9.5°±6.9,p<0.01)および、距骨傾斜(8.8°±8.8,p=0.03)に関して足関節のアライメントは有意に変化しておりました.

膝関節変形矯正の程度に関わらずTKAは脛骨傾斜角度に大きな変化をもたらさないといった結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: A correction of ≥10 degrees in a genu valgum deformity can affect ankle joint alignment, leading to alterations in the tibial plafond (TPI) and the talar inclination (TI). These findings need to be taken into consideration in assessing candidates for TKA as a possible cause of post-operative ankle pain.

10度以上の内反矯正は足関節のアライメントに影響を与え,脛骨軟骨傾斜(TPI)と距骨傾斜(TI)に変化をもたらす可能性があります.

これらの所見は術後の足関節痛の原因として考えられるためTKA症例の評価する行う際に考慮する必要があります.

 

今回は人工膝関節全置換術が足部アライメントに与える影響について調査した研究論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士も矯正角度が大きい症例においては脛骨軟骨傾斜(TPI)と距骨傾斜(TI)が起こるということを考慮して後療法を行う必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました