胸腰椎圧迫骨折後に腰痛が残存しやすい症例の特徴は?

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

胸腰椎圧迫骨折後に腰痛が残存しやすい症例の特徴は?

脊椎圧迫骨折例の中には腰背部痛が遷延する症例が少なからず存在します.

しかしながらどういった症例が腰背部痛が遷延しやすいのでしょうか?

今回は胸腰椎圧迫骨折後に腰痛が残存しやすい症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Back, Pain, Spine, Injury, Backache, Sciatica

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Clin Med. 2022 Mar 12;11(6):1566. doi: 10.3390/jcm11061566.

Factors Contributing to Residual Low Back Pain after Osteoporotic Vertebral Fractures

Hiroyuki Inose 1, Tsuyoshi Kato 2 3, ShoichiIchimura 4, Hiroaki Nakamura 5, Masatoshi Hoshino 5 6, Shinji Takahashi 5, Daisuke Togawa 7 8, Toru Hirano 9, Yasuaki Tokuhashi 10, TetsuroOhba 11, HirotakaHaro 11, Takashi Tsuji 12, Kimiaki Sato 13, Yutaka Sasao 14, Masahiko Takahata 15, Koji Otani 16, SuketakaMomoshima 17, Takashi Hirai 3, Toshitaka Yoshii 3, Atsushi Okawa 3

Affiliations expand

PMID: 35329892 DOI: 10.3390/jcm11061566

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

研究の目的

Although osteoporotic vertebral fractures (OVFs) are the most common type of osteoporotic fracture, few reports have investigated the factors contributing to residual low back pain in the chronic phase after OVFs by using radiographic evaluation.

骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は最も一般的な骨折でありますがが,骨粗鬆症性椎体骨折後の慢性期に残存する腰痛の要因をX線評価により検討した報告は少ないのが現状です.

この研究では骨粗鬆症性椎体骨折後の残存腰痛の重症度に対する骨癒合不全,椎体変形,胸腰椎のアライメントの寄与を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We examined the contribution of nonunion, vertebral deformity, and thoracolumbar alignment to the severity of residual low back pain post-OVF. This post hoc analysis of a prospective randomized study included 195 patients with a 48-week follow-up period. We investigated the associations between radiographic variables with the visual analog scale (VAS) scores for low back pain at 48 weeks post-OVF using a multiple linear regression model.

この前方視的無作為化試験の事後分析では,48週間のフォローアップが可能であった195例を対象としております.

重回帰モデルを用いて骨粗鬆症性椎体骨折後48週目の腰痛の視覚的アナログスケール(VAS)スコアとX線写真の変数との関連性を検討しております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Univariate analysis revealed that analgesic use, the local angle on magnetic resonance imaging, anterior vertebral body compression percentage on X-ray, and nonunion showed a significant association with VAS scores for low back pain. Multiple regression analysis produced the following equation: VAS for low back pain at 48 weeks = 15.49 + 0.29 × VAS for low back pain at 0 weeks + (with analgesics: +8.84, without analgesics: -8.84) + (union: -5.72, nonunion: -5.72).

単変量解析の結果,鎮痛剤の使用,MRIでの局所角度,X線での椎体前方圧迫率,骨癒合不全は腰痛のVASスコアと有意な関連を示しておりました.

重回帰分析により以下の式が得られました.

48週目の腰痛VAS=15.49+0.29×0週目の腰痛VAS+(鎮痛剤あり:+8.84、なし:-8.84)+(骨癒合:-5.72,骨癒合不全:-5.72)

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Among local alignment, thoracolumbar alignment, and nonunion, nonunion independently contributed to residual low back pain at 48 weeks post-OVF. A treatment strategy that reduces the occurrence of nonunion is desirable.

局所アライメント,胸腰部アライメント,骨癒合不全のうち骨癒合不全は骨粗鬆症性椎体骨折後48週における残存腰痛に独立して関連することが明らかとなりました.

骨癒合不全の発生を抑制する治療戦略が望まれます.

 

今回は胸腰椎圧迫骨折後に腰痛が残存しやすい症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

予想通り骨癒合不全があると腰痛が長期化しやすいということですね.

理学療法士・作業療法士も早期から骨癒合を妨げないような動作指導を行う必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました