器の小さい理学療法士・作業療法士の特徴

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

器の小さい理学療法士・作業療法士の特徴

皆様の職場にも器の小さい理学療法士・作業療法士の先輩っていませんか?

なんか細かいところにうるさくて専門職としての実力はというと…

今回は器の小さい理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみたいと思います.

Free photos of Baby

 

 

 

 

 

 

自分の非を認めない

器の小さい理学療法士・作業療法士の特徴として自分の非を認めないことが多いです.

自分に非があっても言い訳ばっかり…

場合によっては後輩理学療法士・作業療法士に自分のミスを擦り付けたりなんてこともあります.

 

 

 

 

 

 

 

思い通りにならないと不機嫌になる

器の小さい理学療法士・作業療法士って機嫌の良し悪しにかなり波があります.

相手のことを考えることなく自分の都合ばかりを考えているので,目的が達成できないと不機嫌になってきます.

若い理学療法士・作業療法士からすると近寄りがたいです.

 

 

 

 

 

 

自慢話が多い

器の小さい理学療法士・作業療法士って自慢話が多いです.

自分のコンプレックスを隠すために自慢にもならないような事柄を大げさに話したり,武勇伝にもならないようなしょうもない話を延々としていることが多いです.

また自分に自慢できるところが無いから〇●先生と知り合いだとか,〇●先生と飲んだとかそういった権力者の肩を借りて自分を大きく見せようとしていることが多いです.

 

 

 

 

 

 

嫉妬が多い

器の小さい理学療法士・作業療法士ってすぐに自分自身と他人を比較したがります.

自分よりも経験が上の理学療法士・作業療法士や自分よりも知識や技術が長けている理学療法士・作業療法士を攻撃したり批判したりしがちです.

まともに戦っても勝てないので,相手を下げて自分の地位を保とうとします.

器の大きい理学療法士・作業療法士であれば相手のことを認めて吸収しようとする方が多いです.

 

 

 

 

 

 

肩書で人を判断する

器の小さい理学療法士・作業療法士って世間体や肩書に弱い傾向にあります.

その人自身の中身ではなく,役職とか職種で判断しがちです.

先輩や上司にはへこへこしているくせに,自分より少し下の後輩には横柄な態度をとっていることが多いです.

 

今回は器の小さい理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみました.

皆様も器が小さい理学療法士・作業療法士に成り下がらないように注意しましょう.

タイトルとURLをコピーしました