ADLに必要な腰椎の可動域って?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ADLに必要な腰椎の可動域って?

近年,脊柱管狭窄症に対する椎体間固定術が増加しております.

椎体間固定術では腰椎の可動性が損なわれてしまうわけですが,腰椎の可動域とADLの関連性ってどうなのでしょうか?

今回はADLと腰椎の可動域を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

brown and black clipboard with white spinal cord print manual

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Manipulative PhysiolTher. Jul-Aug 1994;17(6):353-8.

Range of motion of the lumbar spine required for four activities of daily living

C Y Hsieh 1, R K Pringle

Affiliations expand

PMID: 7964194

今回ご紹介する論文は1994年に掲載された少し古い論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To assess the range of motion of the lumbar spine required for four activities of daily living.

この研究では日常生活における4つの動作に必要な腰椎の可動域を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Descriptive study.

研究デザインは記述的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Chiropractic college research laboratory.

この研究はカイロプラクティック大学の研究室で行われた研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究対象

Subjects: Forty-eight young and healthy subjects.

対象は健常若年者48例となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Instrumentation: OSI CA-6000 computerized spinal motion analyzer.

OSI CA-6000コンピュータ式脊髄運動分析器を用いて関節可動域を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The intraclass correlation coefficient ranged from .99-.95 for peak flexion measurements. Stand-to-sit and sit-to-stand activities required approximately 56-66% of lumbar flexion. Putting on socks required about 90% of lumbar flexion. Picking an object off the floor required almost full lumbar flexion (95%). Analysis of variance showed significant differences among all four activities (p < .001). Scheffe tests revealed that the differences were found between sit/stand activities and picking up an object from the floor, and also between sit/stand activities and putting on socks.

屈曲ピークの測定における級内相関係数は0.95-0.99の範囲でありました.

立位から座位,座位から立位の動作では腰椎の屈曲は約56~66%でありました.

靴下を履く動作では腰椎の約90%の屈曲が必要でありました.

床から物を取る動作では腰椎のほぼ完全な屈曲が必要でありました(95%).

分散分析の結果,4つの活動すべてにおいて有意差が認められました(p < 0.001).

Scheffe法による多重比較により,座位/立位での活動と床から物を取る活動の間,また座位/立位での活動と靴下を履く活動の間にも差異があることが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: We showed that four activities of daily living could be reliably measured by an OSI CA-6000 motion analyzer. Putting on socks and picking up an object off the floor were found to require more lumbar flexion motion than sit/stand activities. Also, different strategies were observed in performing these activities. Future research shall address these activities and their changes in low back pain patients.

OSI CA-6000モーションアナライザーを用いて,4つの日常生活動作における信頼性の高い測定が可能であることが示されました.

靴下を履く動作と床から物を取る動作は,座位/立位動作よりも腰椎の屈曲動作が必要であることが明らかとなりました.

またこれらの活動を行う際に,異なるストラテジーが観察されました.

今後,腰痛患者におけるこれらの動作とその変化について研究していく予定であります.

 

今回はADLと腰椎の可動域を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

床から物を取る動作や,靴下をはく動作ではかなりの屈曲角度が必要であることが分かりますね.

これらのADL動作を獲得するうえでは股関節の可動域と合わせて腰椎の可動域を改善させることが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました