「CapsLock」キーって本当に必要?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「CapsLock」キーって本当に必要?

理学療法士・作業療法士がPCを使って診療記録や様々な作業を行ううえでけっこう問題になるのが,「CapsLock」問題です.

誤って「CapsLock」を押してしまったばっかりに記録がうまく進まないなんてこともあるでしょう.

今回は「CapsLock」キーって本当に必要なのかどうかについて考えてみたいと思います.

Apple, Imac, Ipad, Workplace, Freelancer, Computer

 

 

 

 

 

 

「CapsLock」キーって?

そもそも[CapsLock]キーというのは何をするためのキーなのでしょうか?

「CapsLock」キーというのはアルファベットの大文字にロックするためのキーです.

もともとタイプライターで大文字を打つ場合には[Upper Case]キーを押していたわけですが,タイトルなど大文字が続く場合に押し続けるのが大変なのでこのキーが生まれました.

実はデジタルになり日本語環境でこのCapsキーを使わないと行けない場面はほとんどないのです.

そしてないだけではなくこのキーのせいで無駄な問題が発生してしまいます.

 

 

 

 

 

 

[CapsLock]キーに絡む問題

[CapsLock]キーは手をホームポジションにおいた際に、すぐ左にあるので比較的誤入力しやすいキーです.

左小指で「A」を推したつもりが,「CapsLock」キーを押してしまったなんてことは多いと思います.

またWindowsの場合には「CapsLock」キーを押してしまうと,小文字で入力したい英文が大文字になってしまってイライラしたりなんてことはよく経験すると思います.

単に大文字になってしまう以外にも「CapsLock」が引き起こす問題があります.

突然大文字と小文字が逆になるといった事象以外にも,突然かな入力になってしまうなんて問題もあります.

ちなみに突然かな入力になるといった問題は英語キーボードで「Microsoft IME」を使っている時に「Google 日本語入力」などを使っているときは起きません.

これは「Microsoft IME」を使っていて[Ctrl]+[Shift]+[CapsLock]キーがかな入力へのショートカットキーになってしまっているからです.

実際にはもう一度押せばローマ字入力に戻るのですが,ほとんどの人はこんなショートカットキーを知らないので,どうやって戻せばいいのかわからず困ってしまいます.

結果として再起動するまで戻せないなんていうのもあるあるです.

[Ctrl][Shift][CapsLock]キーってキーボード上に斜めにきれいに並んでおりますので,何かの拍子に3つを同時に押してしまうなんてことが起こり得るわけです.

IMEの設定でなんとかなるかというとそういった設定がないので対応することができません.

 

 

 

 

 

[CapsLock]キーを別のキーに切り替える

実際に[CapsLock]キーがなくてもほぼ困ることはないはずなのでCapsキーは別のキーに切り替えてしまうといった方法もあります.

こうすると変なストレスもなくなります.

「Change Key」や「Lock State」といったアプリを入れておけば[CapsLock]キーに悩まされることも少なくなるでしょう.

 

今回は「CapsLock」キーって本当に必要なのかどうかについて考えてみました.

いっそうのこと「CapsLock」キーを標準機能から外してしまってほしいと思っちゃいますね…

タイトルとURLをコピーしました