なぜEBPTが実践できないのか?システマティックレビューで阻害要因が明らかに

学会発表・論文投稿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜEBPTが実践できないのか?システマティックレビューで阻害要因が明らかに

エビデンスに基づく理学療法・作業療法が重要なのは言うまでもありませんが,実際のところエビデンスに基づいた理学療法・作業療法を実践するというのは簡単なことではありません.

今回はシステマティックレビューを用いてなぜEBPTが実践できないのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

eyeglasses with gray frames on the top of notebook

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Meta-Analysis Int J Qual Health Care. 2021 Jun 26;33(2):mzab093. doi: 10.1093/intqhc/mzab093.

Barriers to evidence-based practice implementation in physiotherapy: a systematic review and meta-analysis

Matteo Paci 1, Gianni Faedda 2, Alessandro Ugolini 3, Leonardo Pellicciari 4

Affiliations expand

PMID: 34110410 DOI: 10.1093/intqhc/mzab093

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: To review and meta-analyse the evidence about the prevalence of barriers to evidence-based practice (EBP) reported in physiotherapy.

この研究では理学療法で報告されているエビデンスに基づく実践(EBP)に対する障壁の普及に関するエビデンスをレビューしメタ分析することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Two independent investigators conducted an extensive electronic search in EMBASE, PubMed, Scopus, Web of Science and CINAHL databases from their inception to July 2020 and included the retrieved articles if they investigated barriers to EBP among physiotherapy professionals. Subsequently, they extracted data and assessed the methodological quality using a scale described in a similar previous study. The outcome for meta-analysis was frequency of each reported barrier. Sub-analyses were performed grouping studies based on countries where surveys were performed, classified as either developed or developing countries.

2名の独立した研究者がEMBASE,PubMed,Scopus,Web of Science,CINAHLデータベースの開始から2020年7月までの広範囲な電子検索を行い,理学療法士におけるEBPの障壁を調査した論文を検索対象としております.

その後,データを抽出し,同様の先行研究に記載されている尺度を用いて方法論の質を評価しております.

サブ解析は,調査が行われた国に基づいて,先進国と発展途上国のいずれかに分類して行われました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Twenty-nine articles were included in the systematic reviews and meta-analysis. Risk of bias assessment of included studies showed a median score: 4 points (interquartile range: 3-4). The findings of meta-analysis revealed that lack of time was the most frequently reported barrier (53.0% [95% confidence interval, 95%CI, 44.0-62.0]), followed by language (36.0% [95%CI 16.0-62.0]), lack of access (34.0% [95%CI 23.0.27]) and lack of statistical skills (31.0% [95%CI 20.0-44.0]). Lack of skills and lack of generalizability were declared as barriers by 27.0% [95%CI 18.0-38.0] and 23.0% [95%CI 15.0-33.0] of responders, respectively. Lack of support and lack of interest are less frequent, with 16.0% [95%CI 11.0-24.0] and 9.0% [95%CI 6.0-15.0] of responses, respectively. Barriers reported in investigations performed in developed countries were less frequent when compared to those performed in developing countries.

29の論文がシステマティックレビューとメタアナリシスの対象となりました.

対象論文のRisk of Bias評価では中央値4点(四分位範囲:3-4点)でありました.

メタアナリシスの結果,時間不足が最も頻繁に報告された障壁(53.0%[95%信頼区間、95%CI、44.0-62.0])であり,次いで言語(36.0%[95%CI 16.0-62.0]),アクセス不足(34.0%[95%CI 23.0.27]),統計に関する知識不足( 31.0%[95%CI 20.0-44.0])であることが明らかになりました.

スキル不足と一般化可能性不足は,それぞれ27.0% [95%CI 18.0-38.0] と 23.0% [95%CI 15.0-33.0] の回答者が障壁と宣言しておりました.

サポートの欠如と関心の欠如は頻度が低く,それぞれ16.0% [95%CI 11.0-24.0] と 9.0% [95%CI 6.0-15.0] の回答でありました.

先進国で実施された調査で報告された障壁は,発展途上国で実施された調査と比較すると頻度が低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Organizational issues and methodological skills seem key issues to allow the implementation of EBP, suggesting the need to adopt or enhance organizational and training strategies to facilitate the implementation of the EBP. Quantitative synthesis showed high heterogeneity for all analyses, and therefore, pooled data should be interpreted with caution.

組織的な問題と方法論的なスキルがEBPの実施を可能にする重要な問題と思われ,EBPの実施を促進するために組織的な戦略とトレーニング戦略を採用または強化する必要性が示唆されました.

定量的統合では,すべての解析で高い異質性が認められたため,プールされたデータの解釈には注意が必要であります.

 

今回はシステマティックレビューを用いてなぜEBPTが実践できないのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

まとめるとEBPTの阻害因子は以下のようになると思います.

 

1位. 時間が足りない

2位. 言語

3位. アクセスできない

4位. 統計学の知識

 

われわれもこの1~4位の障壁を考慮した上でEBPTを実践できるような体制を構築することが重要となるでしょう.

タイトルとURLをコピーしました