関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連?

変形性膝関節症例の特徴の1つに関節弛緩性が挙げられます.

関節弛緩性が増加すると荷重時の関節へのストレスが増加することは容易に想像できますが,本当に関節弛緩性と変形性膝関節症の進行とには関連性があるのでしょうか?

今回は関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連しているか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Knee, Taping, Massage, Shoulder, Human, Relaxation

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Rheumatol. 2022 Jan 22. doi: 10.1007/s10067-021-06015-9. Online ahead of print.

Varus-valgus knee laxity is related to a higher risk of knee osteoarthritis incidence and structural progression: data from the osteoarthritis initiative

Mingyang Li 1, Yi Zeng 1, Yong Nie 1, Yuangang Wu 1, Yuan Liu 1, Limin Wu 1, Bin Shen 2

Affiliations expand

PMID: 35064422 DOI: 10.1007/s10067-021-06015-9

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: No prospective data have confirmed the effect of laxity on the development of KOA, and evidence of the relationship between laxity and KOA progression is still limited. This study aimed to reveal the risk of KOA incidence or progression in no laxity, mild laxity, and severe laxity knees.

過去に関節弛緩性が変形性膝関節症発症に及ぼす影響を確認した前向き研究データはなく,関節弛緩性と変形性膝関節症進行の関係を示す証拠はまだ限られております.

この研究では関節弛緩性なし,軽度関節弛緩性,重度関節弛緩性の膝における変形性膝関節症発症・進行のリスクを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A total of 3610 knees without radiographic KOA in OAI (osteoarthritis initiative) database were prospectively divided into no, mild, and severe laxity groups to compare KOA incidence in 7-year follow-up via multi-variable Cox regression. Similarly, another 3155 knees with radiographic KOA were analyzed to investigate the effect of laxity on knee replacement surgery, joint space narrowing, malalignment, and pain.

OAI(Osteoarthritis Initiative)データベースに登録されたX線写真上変形性膝関節症のない膝3610例を前向きに関節弛緩性なし,軽度関節弛緩性,重度関節弛緩性に分類し,多変量Cox回帰により7年後の変形性膝関節症発生率を比較しております.

同様にX線写真上の変形性膝関節症を有する別の膝3155個を分析し,関節弛緩性が人工膝関節置換術,関節腔狭小化,マルアライメント,疼痛に及ぼす影響を検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The severe laxity group has a higher incidence of KOA (adjusted HR = 1.63, CI = [1.08, 2.47]). Laxity increased the risk of medial joint space narrowing (adjusted OR of mild laxity = 1.36, CI = [1.10, 1.68], adjusted OR of severe laxity = 1.51, CI = [1.06, 2.15]), malalignment (adjusted OR of mild laxity = 1.21, CI = [1.01, 1.45]; adjusted OR of severe laxity = 1.45, CI = [1.05, 2.00]), but had no significant effect on the risk of knee replacement (adjusted HR of mild laxity = 1.19, CI = [0.91, 1.54]; adjusted HR of severe laxity = 1.05, CI = [0.71, 1.54]) or pain (adjusted OR of mild laxity = 1.17, CI = [0.97, 1.42]; adjusted OR of severe laxity = 1.07, CI = [0.75, 1.51]).

重度の関節弛緩性を有する群では変形性膝関節症の発生率が高い(調整後HR=1.63、CI=[1.08、2.47])ことが明らかとなりました.

また関節弛緩性は内側関節腔狭窄のリスクを増加させ(軽度のLaxityの調整済みOR=1.36、CI=[1.10、1.68]、重度のLaxityの調整済みOR=1.51、CI=[1.06、2.15]),マルアライメントを生じさせることが明らかとなりました(軽度のLaxityの調整済みOR=1.21、CI=[1.01、1.45]、重度のLaxityの調整済みOR=1.45、CI=[1.05、2.45])。 00]).

一方で人工膝関節置換術のリスク(軽度のLaxityの調整済みHR=1.19、CI=[0.91、1.54];重度のLaxityの調整済みHR=1.05、CI=[0.71、1.54]),痛み(軽度のLaxityの調整済みOR=1.17、CI=[0.97、1.42];重度のLaxityの調整済みOR=1.07、CI=[0.75、1.51])に大きな影響を与えないことが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Compared with no laxity, severe laxity predicts higher KOA incidence in subjects with risk factors. Either mild or severe laxity increases KOA structural progression. Varus-valgus laxity could become a potential predictor and therapeutic target of KOA. Key points • Severe knee laxity predicts higher KOA incidence. • Mild or severe knee laxity increases medial joint space narrowing and malalignment in KOA patients. • Intervention in varus-valgus laxity might be promising in the prevention and management of KOA.

関節弛緩性がない場合と比較して,重度の関節弛緩性は危険因子を有する対象者においてより高い変形性膝関節症発生の予測要因となることが明らかとなりました.

軽度または重度の関節弛緩性は変形性膝関節症の構造的進行を増加させ,内外反の関節弛緩性は変形性膝関節症の予測因子および治療ターゲットになる可能性があります.

 

今回は関節弛緩性が変形性膝関節症の進行と関連しているか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この研究結果から考えると変形性膝関節症の予防と管理には内外反方向への関節弛緩性に対する介入が有効である可能性がありますね.

 

タイトルとURLをコピーしました