CR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

CR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない?

TKAの場合にはPCLを温存するCR型の機種とPCLを切離するPS型があります.

最近はCS型などの新しい機種も登場しております.

ここで気になるのはPCLを温存している場合にPCLが本来の機能,つまりroll back機能を果たすことができるのかといった点です.

今回はCR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Surgery, Hospital, Medical Professionals, Doctor

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2022 Feb 18;S0883-5403(22)00186-3. doi: 10.1016/j.arth.2022.02.035. Online ahead of print.

Increased Prevalence of Posterior Cruciate Ligament Dysfunction Noted With 3-Dimensional Intraoperative Kinematic Evaluation in Total Knee Arthroplasty

Tracy L Kinsey 1, Michael A Mont 2, Ormonde M Mahoney 1

Affiliations expand

PMID: 35331612 DOI: 10.1016/j.arth.2022.02.035

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Poor restoration of cruciate-driven kinematics after total knee arthroplasty may result from technical difficulties, but the ligament may also be functionally compromised by the presence of arthritis. We asked whether the function of the posterior cruciate ligament (PCL) could be assessed intraoperatively to predict the quality of the resulting posterior cruciate kinematics.

人工膝関節全置換術後のroll back機能の回復が悪いのは,技術的な問題から来る場合もありますが,関節炎の存在によって靭帯が機能的に損なわれている場合もあります.

この研究では術中に後十字靭帯(PCL)の機能を評価することで,得られる後十字運動の質を予測することができるかどうかを検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: PCL integrity was assessed using intraoperative infrared trackers to monitor knee kinematics in 73 patients. Three-dimensional images of the femur and tibia were projected onto a screen, allowing the surgeon to visualize kinematic relationships in real time. We measured femoral rollback (distance of femoral contact as a percentage of antero-posterior tray width) from images captured by the robotic system during initial kinematic assessment, gap balancing, and assessment of the final construct and from lateral flexion radiographs obtained 2 years after surgery. Associations were characterized using Pearson’s correlation and graphical methods.

73例の症例において,術中に赤外線トラッカーを使用して膝関節の運動状態をモニターし,後十字靱帯の完全性を評価しております.

大腿骨と脛骨の3次元画像をスクリーンに投影し,術者は運動学的関係をリアルタイムで視覚化することができております.

初期運動学的評価,ギャップバランス,最終評価時にロボットシステムで撮影した画像と術後2年目に撮影した側屈X線写真から,大腿骨のロールバック(前後トレイ幅に対する大腿骨接触距離の割合)を計測しております.

関連性はピアソンの相関とグラフ法を用いて検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Thirty-six knees (49%) showed rollback <60% during gap balancing, indicative of PCL insufficiency. The rollback during gap balancing was positively correlated with that seen in the final cruciate retaining constructs (r = 0.60, P < .001), which in turn predicted rollback 2 years after surgery on lateral flexion X-rays (r = 0.50, P = .006).

36膝(49%)がgap balancing中に60%未満のrollbackを示し,PCL不全が示唆されました.

gap balancing時のrollbackは最終的なcruciate retaining constructsで見られたrollbackと正の相関があり(r = 0.60, P < .001),この結果から術後2年のX線検査でのrollbackが予測されました(r = 0.50, P = 0.006).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Intraoperative functional evaluations can allow the surgeon to identify cases where rollback is not consistent with desirable knee kinematics, and posterior stabilization may lead to a better outcome for those patients.

術中の機能評価により外科医はrollbackが望ましい膝関節運動学と一致しない症例を特定することができ,後方安定化はこれらの症例にとってより良い結果につながる可能性があります.

 

今回はCR型のTKAでもPCLが機能しているとは限らない可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

この結果から見てもCR型のインプラントを使用していてもPCLが機能していない症例が存在するということを理学療法士・作業療法士は考慮した方がよさそうですね.

タイトルとURLをコピーしました