嚥下障害に対する炭酸水の効果

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

嚥下障害に対する炭酸水の効果

理学療法士・作業療法士であれば環境設定を含めたクライアントの嚥下評価に関わる機会も少なくないと思います.

最近は嚥下障害に対するさまざまな研究が報告されておりますので,そういった新しい知見をわれわれ理学療法士・作業療法士も知っておくことが重要です.

今回は嚥下障害対する炭酸水の効果を検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Drink, Glass, Lime, Mint, Cold, Fresh, Refreshing

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

The Laryngoscope Systematic Review

Effects of Carbonation on Swallowing: Systematic Review and Meta-Analysis

Ayano Nagano MSc,Keisuke Maeda PhD,Akio Shimizu MSc,KentaMurotaniPhD,Naoharu Mori PhD

First published: 17 January 2022 https://doi.org/10.1002/lary.30019

今回ご紹介する論文は2022年に紹介された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The effectiveness of the use of carbonation in preventing penetration/aspiration or enhancing swallowing function in adults remains unclear. This systematic review aimed to evaluate the effectiveness of carbonation on improving swallowing function in adult subjects.

成人における炭酸水の誤嚥予防や嚥下機能強化の効果は未だ不明であります.

このシステマティックレビューは成人における炭酸水の嚥下機能改善効果を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Literature published before March 2021 was inspected using MEDLINE, CINAHL, Web of Science Core Collection, The Cochrane Library, Cochrane Central Register of Controlled Trials, and Ichushi-web databases. We searched for intervention studies or randomized control trials considering the effects of carbonated liquids on swallowing function. The risk of bias was assessed using the Cochrane tool for assessing the risk of bias for randomized controlled trials and the Risk of Bias Assessment Tool for Nonrandomized Studies.

2021年3月までに発表された文献をMEDLINE,CINAHL,Web of Science Core Collection,The Cochrane Library,Cochrane Central Register of Controlled Trials,Ichushi-webデータベースを用いて検索しております.

炭酸飲料の嚥下機能への影響を考慮した介入研究または無作為化対照試験を検索対象としております.

バイアスのリスクはCochrane tool for assessing the risk of bias for randomized controlled trialsとRisk of Bias Assessment Tool for Nonrandomized Studiesを使用して評価が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The systematic review identified 19 studies with a total of 586 participants. The effects of carbonation on swallowing function are diverse. Overall, most studies showed that carbonation promotes swallowing function compared to other liquids. Five studies were included in the quantitative synthesis. Meta-analysis showed that carbonated liquids prevent aspiration (risk difference [RD] −0.27%, 95% confidence interval [CI] −0.44 to −0.10; I2 = 0%; number needed to treat 3.8, 95% CI 2.2 to 15.0; moderate quality of evidence) when compared to noncarbonated thin liquids. Carbonated liquids also increased the duration of swallowing apnea than did noncarbonated liquids (standardized mean difference 0.25 (mean difference 0.36 seconds), 95% CI 0.03 to 0.47; I2 = 0%; low quality of evidence).

システマティックレビューの結果,19の研究が同定され,合計586例のが分析対象となりました.

炭酸水の嚥下機能への効果は多様でありました.

全体として多くの研究で炭酸水は他の液体と比較して嚥下機能を促進することが示されました.

定量的統合では5つの研究が対象となりました.

メタアナリシスでは炭酸飲料は非炭酸の薄い飲料と比較して誤嚥を防止することが示されました(リスク差[RD]-0.27%、95%信頼区間[CI]-0.44~-0.10、I2=0%、治療必要数3.8、95%CI2.2~15.0、証拠の質中程度).

炭酸飲料は非炭酸飲料よりも嚥下性無呼吸の時間を増加させることが明らかとなりました.(標準化平均差0.25(平均差0.36秒)、95%CI 0.03~0.47;I2 = 0%;低い証拠の質).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Carbonation had favorable effects on swallowing function. Further in-depth studies are needed to clarify the benefits of carbonation.

炭酸は嚥下機能に対して好ましい影響を与えることが明らかとなりました.

炭酸の効果を明らかにするためにはさらなる詳細な研究が必要であります.

 

今回は嚥下障害対する炭酸水の効果を検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

非炭酸飲料と比較して炭酸飲料の方が誤嚥リスクが少なく,嚥下時無呼吸時間が短いという結果ですね.

こんごは炭酸飲料を嚥下障害の方へ積極的に提供できる可能性がありますね.

 

タイトルとURLをコピーしました