前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割

人工股関節全置換術のアプローチは後方アプローチが主流であった頃から考えると,前方アプローチの手術が増えてきております.

前方アプローチの場合に気になるのが前方関節包の切開による前方不安定性です.

この前方不安定性を考えるうえではiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の果たす役割が重要となります.

今回は前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割を考えるうえで参考にできる論文をご紹介させていただきます.

Surgery, Tromsurgery, Gauze, Surgical, Medical

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

An Anatomic Study of the Relationship Between the Iliocapsularis Muscle and Iliofemoral Ligament in Total Hip Arthroplasty

Kenta Konno 1, Shigeo Hagiwara 1, Junichi Nakamura 1, Takane Suzuki 1, YawaraEguchi 1, Seiji Ohtori 1

Affiliations expand

PMID: 34765713 PMCID: PMC8571414 DOI: 10.1016/j.artd.2021.09.010

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The preservation of soft tissues is an important factor for preventing dislocation after total hip arthroplasty. Anatomical studies have revealed that the inferior iliofemoral ligament (ILFL) contributes significantly to the native stability of the hip. This study aimed to investigate the anatomical structures of the iliocapsularis muscle (ICM) and ILFL from a surgical perspective.

軟部組織の温存は人工股関節全置換術後の脱臼を防ぐための重要な要素となります.

解剖学的研究により腸骨大腿靭帯(ILFL)が股関節の安定性に大きく寄与していることが明らかになっております.

この研究では外科的観点からiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の解剖学的構造を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: In total, we assessed 50 hip specimens from 25 embalmed cadavers. The size and location of ICM and ILFL (at the upper, middle, and lower parts of the femoral head) were assessed in a neutral position. The ratio of ICM and ILFL widths to the femoral head was evaluated.

防腐処理を施した25体の献体から,合計50個の股関節標本を評価しております.

iliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の大きさと位置(大腿骨頭の上部,中部,下部)をニュートラルな状態で評価しております.

また大腿骨頭に対するiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の幅の比を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The mean ICM and ILFL widths were 7.5 and 14.6, 12.0 and 14.2, and 12.8 and 15.2 mm at the upper, middle, and lower levels, respectively. The mean ICM thicknesses were 1.3, 9.0, and 9.1 mm at the upper, middle, and lower levels, respectively. The distributions of ICM and ILFL from the lateral edge of the femoral head were 21.1%-37.4% and 4.9%-36.5%, 9.5%-35.6% and 7.9%-38.7%, and 11.0%-38.7% and 9.5%-42.4% at the upper, middle, and lower levels, respectively.

iliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の幅の平均値は,上段・中段・下段でそれぞれ7.5と14.6,12.0と14.2,12.8と15.2mmでありました.

iliocapsularis muscleの厚さの平均値は,上段・中段・下段でそれぞれ1.3mm,9.0mm,9.1mmでありました.

大腿骨頭の側縁からのiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯の分布は,上段・中段・下段のそれぞれにおいて,21.1%-37.4%と4.9%-36.5%,9.5%-35.6%と7.9%-38.7%,11.0%-38.7%と9.5%-42.4%でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: ICM and ILFL were located at the anterolateral side of the femoral head, and the medial edge of the ILFL corresponded to that of the ICM. ICM can serve as a landmark for preserving ILFL in total hip arthroplasty using the anterior approach.

iliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯は大腿骨頭の前外側に位置し,腸骨大腿靭帯の内側の縁はiliocapsularis muscleのそれと一致しておりました.

iliocapsularis muscleは前方アプローチによる人工股関節全置換術において腸骨大腿靭帯を温存するためのランドマークとなりえます.

 

今回は前方アプローチによるTHA例においてiliocapsularis muscleと腸骨大腿靭帯が果たす役割を考えるうえで参考にできる論文をご紹介させていただきました.

やはり前方安定性を考えるうえではiliocapsularis muscleの役割は重要になりそうですね.

iliocapsularis muscleにターゲットを当てた運動療法の必要性が示唆される結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました