40代理学療法士・作業療法士転職を成功させるには?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代理学療法士・作業療法士転職を成功させるには?

理学療法士・作業療法士は社会人として仕事をしていてその後に養成校に入学し資格を取得したといった方も少なくありません.

ただ社会人経験者の場合にはある程度の年齢になっていることも多いので,転職となるとなかなか難しい側面もあります.

今回は40代理学療法士・作業療法士転職を成功させるにはどうすればよいかといって視点で考えてみたいと思います.

Success, Key, Career, Success Ladder, Career Path, Wood

 

 

 

 

 

 

 

40代の理学療法士・作業療法士

40歳を超えると理学療法士・作業療法士として転職する際にさまざまなことを考えるようになります.

例えば「40歳以上の転職者を受け入れてくれる理学療法士・作業療法士求人はあるのだろうか?」「理学療法士・作業療法士で40歳代の平均年収はどれくらいだろうか?」など,求人自体やお金の悩みを持つ理学療法士・作業療法士は多いのも実際だと思います.

理学療法士・作業療法士の求人に関しては,40歳以上でも募集している求人はたくさんあります.

ただ管理職募集や介護施設が多い傾向にあります.

また40歳代の平均年収は480万円と高めですが,立場や経験年数によって異なります.

40歳から転職を考えているのであればこうした点を考慮した上で転職活動をすることが大切です.

 

 

 

 

 

 

 

 

40代の理学療法士・作業療法士に求められる能力

理学療法士・作業療法士で40代になると20代や30代とは転職時に求められることが異なります.

20代や30代であれば勉強に対する意欲などが評価されます.

その一方で40代になると求められるのは経営・管理能力です.

これからの成長というよりも,即戦力となる能力が求められます.

特に管理職者募集として掲載されている求人であれば40代で管理職経験があれば重宝されやすいです.

理学療法士・作業療法士では20代や30代で管理職を経験している人もたくさんいます.

ただ20代や30代での管理職経験者はまだ若く未熟であることがほとんどです.

その一方で40代であればより高いレベルでの管理能力を持っていると期待されます.

こうした管理職募集の理学療法士・作業療法士求人であれば,管理職経験がある40代なら歓迎される可能性が高いです.

管理職募集の求人には「管理職募集」「管理職候補募集」の2つがあります。管理職候補の求人であれば,20代や30代の人材を欲しいと考えているでしょう.

教育して管理職に育てていく人材を求めているからです.

その一方で管理職募集の場合には管理職として即戦力となる40代以上の経験ある理学療法士・作業療法士を求めている可能性が高いです.

このように40代から転職するときは管理職としての能力が求められる傾向にあるといえるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

介護施設だと40代の一般職での理学療法士・作業療法士求人もある

40歳以上となると管理職としての能力が求められる求人が多い一方で,介護施設には40代以上でも一般職の募集をしている求人もたくさんあります.

介護施設には人員不足で困っている施設が多いため,とにかく人材を確保したいと考えていることが多いです.

また他の介護スタッフも中高年の人が多く,40歳以上の理学療法士・作業療法士であっても違和感なく入職できます.

20代ばかりの回復期リハビリテーション病院へ40歳を超えた理学療法士・作業療法士が入るのは勇気が必要ですが,介護施設なら問題なくなじめるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

40歳を超えた理学療法士・作業療法士が転職活動で注意すべきこと

ただ40歳を超えて理学療法士・作業療法士として転職するときには,注意しなければいけないこともあります.

特に以下の3つは40代から転職する際に気をつけるべきポイントです。

 

忙しい職場は体力的に辛い

大病院への転職は難しい

再転職は難しい

 

 

 

 

 

 

 

40代で理学療法士・作業療法士転職を成功させるためには

一言で40歳以上の理学療法士・作業療法士といっても,新卒や管理職経験者など立場はさまざまだと思います.

ただ40代の新卒であっても求人はありますし,管理職経験者であれば管理職を募集している求人からは歓迎されます.

40代における理学療法士・作業療法士の年収は480万円と高めですが,これも経験や立場によって異なります.

管理職であれば500万円を超える求人もありますし経験が浅ければ300万円代という可能性もあります.

また40歳を超えてからの転職では「忙しい職場は体力的に辛い」「大病院への転職は厳しい」「再転職は難しい」ということは頭に入れておきましょう.

以上の点を理解した上で転職活動を行えば40代でも転職を成功させることができます.

ただ実際にはヘッドハンティングでもない限り,40代になって自ら求人を見つけるのはなかなか大変です.

年齢的にも失敗は許されない年齢です.

確実に転職を成功させるためには転職サイトを利用することをお勧めします.

転職サイトでは転職エージェントがあなたの状況に合った求人を紹介してくださいます.

自分一人では頑張っても1~2施設へのアプローチが限界であり,さらに労働条件や年収の交渉まで行うのは現実的ではありません.

一方で専門のエージェントに依頼すれば100施設ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく,病院や施設を含め,その他一般職の求人も含めてあなたに合った求人を紹介して下さいます.

もちろん登録は無料です.

あなたのこれまでの経験を活かせる求人を紹介してくださいます.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビコメディカルでは,医療介護系職員の「定着率」が重要視されております.

そのため職員の定着率が著しく低い医療機関や施設は,原則として紹介されません.

ブラック施設を紹介されずに済むというのは安心ですよね.

マイナビに限ったことではありませんが,これまでの経験を活かせる管理職の求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

これまでの経験を活かせる管理職の求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

LINEで情報を得られるのもありがたいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

これまでの経験を活かせる管理職の求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました