脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効?

以前に比較すれば人工股関節全置換術後の脱臼も頻度は減少しておりますが,なかなかゼロにならないのが人工股関節全置換術後の脱臼です.

今回は脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Bandage, Gauze, Cure, Medical Treatment

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Rehabil. 2022 Feb 15;2692155221081462. doi: 10.1177/02692155221081462. Online ahead of print.

Effectiveness of a bandage to prevent re-dislocation after total hip arthroplasty in patients with a previous hip dislocation. A randomized controlled trial with 12-week follow-up

Inger Mechlenburg 1 2 3, Jens Knak 4, Sebastian BreddamMosegaard 4, Mette Axelsen 5, Niels Krarup Jensen 6, Torben Bæk Hansen 2 4, Maiken Stilling 1 2

Affiliations expand

PMID: 35167386 DOI: 10.1177/02692155221081462

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

Clinical Rehabilitationに掲載された論文ですね.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate if using a hip bandage is more effective than standard care in the prevention of total hip arthroplasty re-dislocation in patients with a previous total hip arthroplasty dislocation.

この研究では人工股関節全置換術の既往がある症例において,股関節包帯の使用が標準治療よりも人工股関節全置換術の再脱臼予防に有効であるかどうかを調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: randomized controlled trial.

研究デザインは無作為化比較試験となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Holstebro Regional Hospital and Viborg Regional Hospital.

この研究はHolstebro Regional HospitalとViborg Regional Hospitalで行われた多施設共同研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Subjects: A total of 99 patients, 51 women, mean 70.7 (SD 9.9) years were enrolled in an un-blinded, clinical randomized controlled trial.

合計99例,51名の女性,平均70.7(SD 9.9)歳が非盲検臨床無作為化比較試験に登録されております.

 

 

 

 

 

 

 

介入

Interventions: Participants with at least one previous total hip arthroplasty dislocation were randomized to either wearing a bandage reducing flexion, adduction, and internal rotation of the hip (intervention group) or to standard care (control group). The participants were followed for 12 weeks. Main follow-up measures were as follows: number of re-dislocations (primary outcome), hip disability measured with the Oxford Hip Score (0-48, 48 best), quality of life measured with the 36-Item Short Form Survey (0-100, 100 best), satisfaction with treatment and serious adverse events. Statistical analyses followed the intention-to-treat principle.

人工股関節全置換術による脱臼の既往が1回以上ある対象者を股関節の屈曲・内転・内旋運動を抑制する包帯を装着する群(介入群)と標準ケア(対照群)のいずれかに無作為に割り付けております.

対象者は12週間追跡されております.

主な追跡調査項目は再脱臼回数(主要アウトカム),Oxford Hip Score(0~48,ベスト48)で測定した股関節障害,36項目Short Form Survey(0~100,ベスト100)で測定したQOL,治療満足度,重大害事象などでありました.

統計解析はintention-to-treatの原則に従っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: No significant group differences were observed for the primary outcome re-dislocations (9 versus 15, P = 0.143) or for disability (11.3 versus 14.4, P = 0.161), quality of life (57.7 versus 48.3, P = 0.050) or satisfaction with treatment (P = 0.562). There were 3 serious adverse events leading to total hip arthroplasty revision in the intervention group and 4 in the control group.

主要評価項目である再脱臼(9 vs 15, P = 0.143),障害(11.3 vs 14.4, P = 0.161),QOL(57.7 vs 48.3, P = 0.050),治療への満足度(P = 0.562)に有意差は認められませんでした.

人工股関節全置換術の再置換につながる重篤な有害事象は,介入群で3件,対照群で4件でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: We found that a hip bandage is not superior to standard care in the prevention of total hip arthroplasty re-dislocation in those with a previous total hip arthroplasty dislocation.

人工股関節全置換術の既往がある症例の人工股関節全置換術再置換の予防において,股関節バンデージは標準治療よりも優れていないことが明らかとなりました.

 

今回は脱臼予防を目的とした脱臼予防包帯が人工股関節全置換術後の脱臼予防に有効かどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

易脱臼性の無い症例においてもその効果が確認できなかったということですね.

介入群でも脱臼が発生しておりますし,包帯の強度で脱臼を予防するのは難しいのかもしれませんが,易脱臼性を有する症例においてはこういったツールを検討するのも1つなのかもしれませんね.

タイトルとURLをコピーしました