変形性膝関節症例に対する固有感覚トレーニングに関するシステマティックレビュー

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例に対する固有感覚トレーニングに関するシステマティックレビュー

変形性膝関節症例に対してはさまざまな理学療法アプローチが行われます.

変形性膝関節症例に対する理学療法アプローチの中で昔から重要視されているのが固有感覚トレーニングです.

今回は変形性膝関節症例に対する固有感覚トレーニングに関するシステマティックレビューについてご紹介させていただきます.

blue and white labeled bottle

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Front Med (Lausanne). 2021 Oct 28;8:699921. doi: 10.3389/fmed.2021.699921. eCollection 2021.

Proprioceptive Training for Knee Osteoarthritis: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials

Yi Wang 1, Zugui Wu 1, Zehua Chen 1, Xiangling Ye 1, Guoqian Chen 2, Jiaman Yang 1, Peiming Zhang 3, Fang Xie 4, Yingxin Guan 1, Jiatao Wu 1, Weijian Chen 1, Zixuan Ye 1, Xuemeng Xu 1 5

Affiliations expand

PMID: 34778281 PMCID: PMC8581183 DOI: 10.3389/fmed.2021.699921

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: There is increased interest in proprioceptive training for knee osteoarthritis (KOA). However, little consensus supports the effectiveness of this intervention.

変形性膝関節症(KOA)に対する固有感覚トレーニングへの関心が高まっています.

しかしこの介入の有効性を支持するコンセンサスはほとんどありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: This meta-analysis aimed to assess the effects of proprioceptive training on symptoms, function, and proprioception in people with KOA.

このメタアナリシスでは変形性膝関節症例の症状・機能・および固有感覚トレーニングの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The PubMed, Cochrane Library, Web of Science, and EMBASE databases were systematically searched from the inception dates to April 16, 2021 for relevant randomized controlled trials (RCTs). Data were pooled by calculating the standardized mean differences (SMDs) and 95% confidence intervals (CIs). A random-effects model was used for the analyses.

PubMed,Cochrane Library,Web of Science,EMBASEの各データベースを,開始日から2021年4月16日までの期間に系統的に検索し,関連する無作為化対照試験(RCT)を抽出しております.

データは,標準化平均差(SMD)と95%信頼区間(CI)を計算してプールした.

解析にはランダム効果モデルを用いております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 24 RCTs involving 1,275 participants were included in our analysis. This study indicated that compared to no intervention, proprioceptive training significantly improved pain, stiffness, physical function, joint position sense (JPS), muscle strength, mobility, and knee ROM (P < 0.05) in people with KOA. When compared to other non-proprioceptive training, proprioceptive training provided better results in terms of JPS (SMD = -1.28, 95%CI: [-1.64, -0.92], I 2 = 0%, P < 0.00001) and mobility (timed walk over spongy surface) (SMD = -0.76, 95%CI: [-1.33, -0.18], I 2 = 64%, P = 0.01), and other results are similar. When proprioceptive training plus other non-proprioceptive training compared to other non-proprioceptive training, the two groups showed similar outcomes, but there was a greater improvement for JPS (SMD = -1.54, 95%CI: [-2.74, -0.34], I 2 = 79%, P = 0.01), physical function (SMD = -0.34, 95%CI: [-0.56, -0.12], I 2 = 0%, P = 0.003), and knee ROM (P < 0.05) in the proprioceptive training plus other non-proprioceptive training group. When proprioceptive training plus conventional physiotherapy compared against conventional physiotherapy, the two groups demonstrated similar outcomes, but there was a significant improvement for JPS (SMD = -0.95, 95%CI: [-1.73, -0.18], I 2 = 78%, P = 0.02) in the proprioceptive training plus conventional physiotherapy group.

1,275例を対象とした計24件のRCTが分析対象となっております.

この研究では変形性膝関節症例において固有感覚トレーニングは非介入と比較して,疼痛,こわばり,身体機能,関節位置感覚(JPS),筋力,可動性,膝関節可動域を有意に改善することが示されました(P<0.05).

固有感覚トレーニング,他の非固有感覚トレーニングと比較して,関節位置感覚(SMD = -1.28, 95%CI: [-1.64, -0.92], I 2 = 0%, P < 0.00001)と移動能力(スポンジ状の表面の上を時間をかけて歩く)(SMD = -0.76, 95%CI: [-1.33, -0.18], I 2 = 64%, P = 0.01)の点で優れた結果をもたらし,その他の結果も同様でありました.

固有感覚トレーニングに加えて他の非固有感覚トレーニングを併用した場合,2つのグループは同様の結果を示しておりますが,関節位置感覚ではより大きな改善が見られ(SMD = -1.54, 95%CI: [-2. 74, -0.34], I 2 = 79%, P = 0.01),身体機能(SMD = -0.34, 95%CI: [-0.56, -0.12], I 2 = 0%, P = 0.003)、膝ROM(P < 0.05)については,固有感覚トレーニングと他の非固有感覚トレーニングを併用した群の方が改善が大きい結果でありました.

固有感覚トレーニングと従来の理学療法を比較した場合,両群は同様の結果を示しておりますが,関節位置感覚(SMD = -0.95, 95%CI: [-1.73, -0.18], I 2 = 78%, P = 0.02)については,固有感覚トレーニングと従来の理学療法を併用した群で有意な改善が見られました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Proprioceptive training is safe and effective in treating KOA. There is some evidence that proprioceptive training combined with general non-proprioceptive training or conventional physiotherapy appears to be more effective and should be considered as part of the rehabilitation program. However, given that the majority of current studies investigated the short-term effect of these proprioceptive training programs, more large-scale and well-designed studies with long-term follow up are needed to determine the long-term effects of these proprioceptive training regimes in KOA.

結論としては固有感覚トレーニングは変形性膝関節症の治療に安全で効果的であります.

固有感覚トレーニングと一般的な非固有感覚トレーニングまたは従来の理学療法との併用がより効果的であると思われる証拠がいくつかあり,リハビリテーションプログラムの一環として考慮すべきであると考えられます.

現在の研究の大半は,これらの固有感覚トレーニングプログラムの短期的な効果を調査したものであることを考えると,変形性膝関節症におけるこれらの固有感覚トレーニングの長期的な効果を決定するためには,長期的なフォローアップを伴うより大規模でデザイン性の高い研究が必要であると考えられます.

 

今回は変形性膝関節症例に対する固有感覚トレーニングに関するシステマティックレビューについてご紹介させていただきました.

昔から使用されている固有感覚トレーニングですが,こういったメタアナリシスで有効性が確認されたのは大きいですね.

タイトルとURLをコピーしました