高齢骨折症例における歩行獲得に必要な栄養指標のカットオフ値が明らかに

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高齢骨折症例における歩行獲得に必要な栄養指標のカットオフ値が明らかに

近年,リハビリテーション栄養という概念が理学療法士・作業療法士の間でも一般的となり,栄養指標を考慮した上で運動負荷量を調整する必要性が認識されております.

大腿骨近位部骨折をはじめとする高齢者の骨折に対しても栄養指標を考慮した上で運動療法を展開することが重要となります.

今回は高齢骨折症例における歩行獲得に必要な栄養指標のカットオフ値が明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Vegetables, Garden, Harvest, Organic, Gardening

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J-STAGE home/Physical Therapy Research/Advance online publication/Article overview

Cutoff Value for a Nutritional Indicator Related to Gait Independence in Elderly Fracture Patients: A Preliminary Study

Megumi KURITA, Takaaki FUJITA, Ryuichi KASAHARA, Yoko OHIRA, Koji OTSUKI, Yuichi YAMAMOTO

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Previous studies have reported the relationship between nutritional status and gait independence in elderly fracture patients. However, the degree to which nutritional indicators are related to gait independence is unclear. The purpose of this study is to calculate a cutoff value for a nutritional indicator related to gait independence in patients with hip and vertebral compression fractures.

過去の研究で,高齢骨折症例における栄養状態と歩行自立度の関係が報告されております.

しかしながら,栄養指標がどの程度歩行自立度に関連するかは不明であります.

この研究では,大腿骨近位部骨折および椎体圧迫骨折例において,歩行自立度に関連する栄養指標のカットオフ値を算出することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: This study included 69 patients (33 hip fracture, 36 vertebral compression fracture) who underwent rehabilitation at a convalescent rehabilitation ward. The relationships between nutritional indexes (Mini-Nutritional Assessment-Short Form [MNA®-SF] and skeletal muscle mass index [SMI] ) at admission and gait independence at discharge were analyzed using logistic regression. In addition, receiver operating characteristic analysis was performed to calculate a cutoff value that predicts gait independence.

この研究では回復期リハビリテーション病棟でリハビリテーションを受けた69例(大腿骨近位部骨折33例,椎体圧迫骨折36例)を対象としております.

入院時の栄養指標(Mini-Nutritional Assessment-Short Form[MNA®-SF]および骨格筋量指数[SMI])と退院時の歩行自立度の関係をロジスティック回帰法により分析しております.

またROC曲線を用いて,歩行自立度を予測するカットオフ値を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Among the nutritional indicators used in this study, only MNA®-SF was significantly able to predict gait independence at discharge, and this association was maintained, even after adjustment for confounders. The calculated MNA®-SF cutoff values were 5.5 (sensitivity 100%, specificity 46.3%) and 7.5 points (sensitivity 67.9%, specificity 78.0%).

この研究で用いた栄養指標のうち,MNA®-SFのみが退院時の歩行自立を有意に予測することができ,この関連性は交絡因子調整後でも不変でありました.

MNA®-SFのカットオフ値は5.5点(感度100%,特異度46.3%),7.5点(感度67.9%、特異度78.0%)と算出されました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This study suggests that MNA®-SF may be an index for predicting gait independence in patients with hip or vertebral compression fractures in the convalescent rehabilitation ward. The cutoff values calculated in this study were simple and useful index for physical therapists to interpret the results of MNA®-SF.

回復期リハビリテーション病棟における大腿骨近位部骨折・椎体圧迫骨折症例の歩行自立度を予測する指標として,MNA®-SFが有用であることが示唆されました.

この研究で算出されたカットオフ値は,理学療法士がMNA®-SFの結果を解釈する上で,シンプルで有用な指標になると考えられます.

 

今回は高齢骨折症例における歩行獲得に必要な栄養指標のカットオフ値が明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

特異度が低い点が気になりますが,MNA®-SFのカットオフ値の1つの指標としては5.5点または7.5点という数値が使えそうですね.

タイトルとURLをコピーしました