糖尿病を合併していると大腿骨近位部骨折例のリハビリテーションの進行は遅延するのか?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

糖尿病を合併していると大腿骨近位部骨折例のリハビリテーションの進行は遅延するのか?

本邦における糖尿病の罹患率は年々増加しております.

診療報酬上は糖尿病に対する運動療法の報酬というのが限定されておりますが,理学療法士・作業療法士が関わるクライアントの中で糖尿病を合併されているクライアントというのは少なくないと思います.

でも糖尿病を合併しているとリハビリテーションの進行が遅延するのでしょうか?

今回は糖尿病を合併していると大腿骨近位部骨折例のリハビリテーションの進行が遅延するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Diabetes, Blood Sugar, Diabetic, Medicine, Insulin

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Ann Med. 2021 Dec;53(1):2298-2304. doi: 10.1080/07853890.2021.2009555.

Post-hip fracture rehabilitation outcomes of diabetic and non-diabetic elderly patients

Ronen Ben-Joseph 1, Barak Luboshitz 2, Rachel HeffezAyzenfeld 1, Orit Twito 2 3

Affiliations expand

PMID: 34856850 DOI: 10.1080/07853890.2021.2009555

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Although patients with diabetes mellitus (DM) are at higher risk of hip fracture, data regarding the effect of DM on rehabilitation outcomes are limited.

糖尿病を合併したクライアントは大腿骨近位部骨折リスクが高いことが示されておりますが,糖尿病の合併がリハビリテーションの進行に影響するのかどうかは不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A retrospective single-centre study was conducted comparing elderly diabetic and non-diabetic patients with recent hip fracture, admitted to geriatric rehabilitation, 2014-2019. The functional independence measure (FIM) was used to assess physical and cognitive function. Delta-FIM was calculated by subtracting admission FIM from discharge FIM. One-year mortality, hospitalizations and fractures were assessed.

この研究では2014~2019年にリハビリテーション目的でに入院した大腿骨近位部骨折例を糖尿病合併例と糖尿病非合併例に分類して後方視的に調査を行っております.

身体機能および認知機能の評価には,機能的自立度測定(FIM)を用いております.

FIMの退院時のFIMから入院時のFIMを差し引いて算出しております.

また1年後の死亡率・入院率・骨折率を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Six-hundred-thirty elderly patients, post-hip fracture were included, mean age 83 ± 7 years, 70.5% (444) women. Among them, 193 (30.6%) had type 2 DM, HbA1c 6.6 ± 1.25%. They were younger (81.4 vs. 84.3 years, p < .01) and had more co-morbidities including hypertension, chronic kidney disease, ischaemic heart disease and cerebrovascular disease. Baseline cognitive and motor scores were similar between groups. Delta motor-FIM was similar between diabetics and non-diabetics (15.56 ± 8.95 and 14.78 ± 8.79, respectively, p = .35). Multivariate regression analysis showed motor-FIM improvement was associated with higher BMI, male sex, and younger age, but not with DM. Cognitive FIM did not change significantly during rehabilitation in either group. Similar rates of patients were discharged to nursing care facilities. There was no difference in 1-year hospitalization or fracture rates. One-year, all-cause mortality was higher among diabetic patients (10.9 vs. 6.6%, respectively, p = .07). After adjusting for covariates, DM was associated with higher mortality risk (odds ratio = 2.78, 95% CI [1.28, 6.04], p = .01).

対象は平均年齢83±7歳,70.5%(444名)の女性で,大腿骨近位部骨折後の高齢者63例が対象となりました.

そのうち193例(30.6%)は2型糖尿病で,HbA1cは6.6±1.25%でありました.

年齢は81.4歳と84.3歳で(p < 0.01),高血圧,慢性腎臓病,虚血性心疾患,脳血管障害などの併存疾患が多い結果でありました.

ベースラインの認知機能と運動機能のスコアは両群間で同等でありました.

FIM運動項目の変化量は糖尿病合併例と糖尿病非合併例で類似しておりました(それぞれ15.56±8.95,14.78±8.79,p=0.35).

多変量回帰分析の結果,FIM運動項目の改善は,BMIが高いこと,男性であること,年齢が若いことと関連しておりましたが,糖尿病とは関連しておりませんでした.

FIM認知項目の相違は,いずれの群でもリハビリ中に有意な変化は見られませんでした.

また介護施設への転院率は同程度でありました.

1年後の入院率や骨折率にも差はありませんでした.

1年後の全死亡率は,糖尿病症例で高い結果でありました(それぞれ10.9%対6.6%,p = 0.07).

共変量を調整した結果,糖尿病合併例は死亡リスクの上昇と関連しておりました(オッズ比=2.78,95%CI[1.28,6.04],p=0.01).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Patients with well-controlled DM have similar post-hip fracture rehabilitation potential compared with non-diabetics, despite more co-morbidities. These results support resource allocation for post-hip fracture rehabilitation among patients with DM. The higher 1-year all-cause mortality in patients with DM reinforces the need for close follow-up and control of co-morbidities in this population.

十分にコントロールされている糖尿病合併例,併存疾患が多いにもかかわらず,糖尿病非合併例と比較して,大腿骨近位部骨折後のリハビリテーションの効果は同等であると考えられます.

今回の結果は,糖尿病合併症例における大腿骨近位部骨折後のリハビリテーションのための資源配分を支持するものであると考えられます.

また糖尿病合併例の1年間の全死亡率が高いことから,この集団では密接なフォローアップと併存疾患の管理が必要であることが明らかとなりました.

 

今回は糖尿病を合併していると大腿骨近位部骨折例のリハビリテーションの進行が遅延するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

糖尿病の合併によってリハビリテーションの進行に大きな差は出ないといった結果でしたね.

こういった結果を知っておくことも重要ですね.

 

タイトルとURLをコピーしました