変形性膝関節症例の膝関節の炎症と膝関節痛には関連があるのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性膝関節症例の膝関節の炎症と膝関節痛には関連があるのか?

変形性膝関節症と言えば昔は関節炎が疼痛の主因であると考えられてきました.

また最近はさまざまな炎症マーカーが報告されております.

でも変形性膝関節症例の膝関節の炎症と膝関節痛には関連があるのでしょうか?

今回は変形性膝関節症例の膝関節の炎症と膝関節痛には関連があるのかを明らかにしたシステマティックレビュー研究をご紹介させていただきます.

white paper on persons lap

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Osteoarthritis and Cartilage

Available online 27 December 2021

Association between knee inflammation and knee pain in patients with knee osteoarthritis: a systematic review

PaoloDainese,KarstenVandenWyngaert, SophieDeMits, RuthWittoek, AnsVanGinckel, PatrickCalders

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

To systematically review the literature on the relationship between markers of inflammation and pain in patients with knee osteoarthritis (OA).

この研究では変形性膝関節症例における炎症マーカーと疼痛の関係についての文献について系統的にレビューすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We searched MEDLINE, Web of Science and EMBASE databases from inception until June 2021. Eligible articles had to report on the association between inflammation (as measured by effusion, synovitis, baker’s cysts, cytokines and C-reactive protein) and pain in patients with radiographic knee OA. Two reviewers independently performed a screening on title and abstracts, data extraction and risk of bias assessment using the Newcastle–Ottawa Scale (NOS). A best evidence synthesis was conducted for each inflammatory sign included in this review.

MEDLINE,Web of Science,EMBASEの各データベースを,開設から2021年6月まで検索しております.

対象となる論文は,X線撮影による膝OA症例における炎症(胸水,滑膜炎,ベーカー嚢胞,サイトカイン,CRPで測定)と疼痛の関連について報告しているものとしております.

2名の査読者が独立してタイトルと抄録のスクリーニング,データ抽出,Newcastle-Ottawa Scale(NOS)を用いた偏りリスク評価を行っております.

このレビューに含まれる各炎症徴候について,最良のエビデンスの統合が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

37 studies were included. Articles reported on the following measures: effusion or synovitis assessed via ultrasound (n=9) or magnetic resonance imaging (MRI) (n=17); baker’s cyst (n=3); cytokine concentrations (n=11); and C-reactive protein levels (n=4). The strength of the association between inflammation and pain does not exceed the moderate level (i.e. correlation coefficient values ranging from 0.19 to 0.61). Moderate levels of evidence were found for the association between synovitis (measured with ultrasound or contrast enhanced MRI) and pain. The levels of evidence between effusion (assessed via ultrasound), effusion/synovitis (assessed via non-contrast enhanced MRI), Baker’s cyst, cytokines, C-reactive protein and pain were conflicting.

最終的に37件の研究がシステマティックレビューの対象となりました.

論文は超音波(n=9)または磁気共鳴画像法(MRI)による胸水または滑膜炎の評価(n=17),ベーカー嚢胞(n=3),サイトカイン濃度(n=11),CRP値(n=4)について報告したものでありました.

炎症と疼痛との関連の強さは,中等度のレベルを超えない(すなわち相関係数の値は0.19から0.61の範囲である)ものであり,滑膜炎(超音波または造影MRIで測定)と疼痛の関連については中等度のエビデンスレベルが見出されました.

胸水(超音波で評価),胸水/滑膜炎(非造影MRIで評価),ベーカー嚢胞,サイトカイン,CRPと疼痛との間のエビデンスレベルは相反するものでありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Different inflammatory markers are associated with pain but the correlation range from weak to moderate, and the quality of evidence from conflicting to moderate. Further research is needed to strengthen the level of evidence and to establish mechanisms.

さまざまな炎症マーカーが疼痛と関連していることが明らかとなりましたが,その相関は弱いものから中等度のものまであり,証拠の質も相反するものから中等度のものまでありました.

エビデンスレベルを強化し,メカニズムを確立するためにさらなる研究が必要であります.

 

今回は変形性膝関節症例の膝関節の炎症と膝関節痛には関連があるのかを明らかにしたシステマティックレビュー研究をご紹介させていただきました.

この結果から考えると炎症=疼痛と単純には説明できないことが考えられます.

また単一指標・概念で疼痛を説明することには限界があることが示唆される結果ではないかと思います.

やはり変形性膝関節症例の疼痛は複雑ですね.

タイトルとURLをコピーしました