体幹屈曲姿勢が変形性膝関節症を進行させる?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

体幹屈曲姿勢が変形性膝関節症を進行させる?

Knee spine syndromeという用語は有名ですが脊椎のアライメントと膝関節のアライメントには強い関連があることが示唆されております.

また最近は膝関節内側の圧縮力が変形性膝関節症を進行させ,ハムストリングスをはじめとする膝関節屈曲筋群の過活動が変形性膝関節症を進行させる一因と考えられております.

ここで気になるのが高齢者に多い脊椎の変形をはじめとする体幹屈曲姿勢は変形性膝関節症を増悪させる要因となるのでしょうか?

今回は体幹屈曲姿勢が変形性膝関節症を進行させるかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Knee, X-Ray, Medical, Anatomy, Skeleton, Bone

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Knee. 2021 Oct 27;33:216-225. doi: 10.1016/j.knee.2021.10.006. Online ahead of print.

Increased trunk flexion may underlie elevated knee flexor activity in people with knee osteoarthritis

Stephen J Preece 1, Wael Alghamdi 2

Affiliations expand

PMID: 34717093 DOI: 10.1016/j.knee.2021.10.006

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Background: Previous research has demonstrated elevated activation of the knee flexor muscles in people with knee osteoarthritis. People with this condition have also been observed to walk with increased trunk flexion; this may alter biomechanical loading patterns and change muscle activation profiles. Therefore, the aim of this study was to understand the biomechanical effect of increasing trunk flexion during walking.

変形性膝関節症例は,膝関節屈筋の筋活動が高いことがこれまでの研究で明らかにされております.

また変形性膝関節症例は,体幹を屈曲させた姿勢で歩行することが多いです.

こういった体幹前傾位での歩行は生体力学的な運動パターンを変化させ,筋活動を変化させる可能性があります.

そこでこの研究では歩行時に体幹を屈曲させることによる生体力学的な影響を把握することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Kinetic and EMG data were collected from a sample of 20 people with knee osteoarthritis and a sample of 20 healthy matched controls during normal walking. Using a biofeedback protocol, participants were subsequently instructed to walk with a 5° increase in trunk flexion. Sagittal moments, muscle activations and co-contractions were then compared across a window in early stance with a two-way ANOVA test.

変形性膝関節症例20例と健常なマッチドコントロール20例の通常歩行時の運動データと筋電図データを収集しております.

その後,バイオフィードバックプロトコルを用いて,体幹を5°屈曲させて歩行するように指示しております.

その後,二元配置分散分析を用いて,立脚初期の矢状面上のモーメント,筋活動および共収縮を比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: When trunk flexion was increased, there was a corresponding increase in activity of the medial and lateral hamstrings and gastrocnemius muscles as well as a rise in medial co-contraction. This effect was consistent across the two groups. The most pronounced effect was observed for semitendinosus, which showed a dramatic change in activation profile in the healthy group and a 127% increase in activation during early stance.

体幹の屈曲角度を増加させると,それに応じて内外側のハムストリングスと腓腹筋の活動が増加し,内側の共収縮も増加することが明らかとなりました.

この効果は2つのグループ間で一貫しておりました.

最も顕著な効果が認められたのは半腱様筋で,健常群では筋活動に劇的な変化が見られ,初期立脚時の活性化が127%増加しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: This is the first study to demonstrate that increased trunk flexion in people with knee osteoarthritis may explain, to some degree, the elevated knee flexor activity and medial co-contraction which is associated with this disease. These findings motivate further work to understand the therapeutic potential of interventions designed to improve postural alignment.

この研究の結果から,変形性膝関節症例の体幹の屈曲角度が増加によって膝関節屈筋群の筋活動の上昇と内側の共収縮を説明できることが明らかとなりました.

これらの知見は,姿勢調整を目的とした介入の治療的可能性を理解するためのさらなる研究の必要性を示唆するものだと考えます.

 

 

今回は体幹屈曲姿勢が変形性膝関節症を進行させるかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

これは非常に興味深い知見ですね.

この結果から考えると体幹の伸展を獲得することが膝関節内側の圧縮力を軽減させ,変形性膝関節症の進行を遅延させる可能性がありますね.

 

タイトルとURLをコピーしました