脊椎椎体骨折例に対するコルセットは本当に有効なのか?

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脊椎椎体骨折例に対するコルセットは本当に有効なのか?

脊椎椎体骨折例に対する理学療法・作業療法ではコルセットを作成してから,コルセットを装着し離床を開始するといったケースが多いと思います.

そのためコルセットの採型からコルセットの完成まで1週間はベッド上安静なんてことも少なくありません.

でも脊椎椎体骨折例に対するコルセットは本当に有効なのでしょうか?

今回は脊椎椎体骨折例に対するコルセットは本当に有効性について明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Ortho.Kern | corsets orthopédiques traumatologie

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Global Spine J. 2021 Jul;11(6):975-987. doi: 10.1177/2192568220948036. Epub 2020 Sep 29.

The Role of Spinal Orthoses in Osteoporotic Vertebral Fractures of the Elderly Population (Age 60 Years or Older): Systematic Review

Barry Ting Sheen Kweh 1 2, Hui Qing Lee 1 2, Terence Tan 1 2, Joost Rutges 3, Travis Marion 4, Kim Siong Tew 5, Vikram Bhalla 5, Shyaman Menon 5, Fetullah Cumhur Oner 6, Charles Fisher 7, Jin Wee Tee 1 2

Affiliations expand

PMID: 32990034 PMCID: PMC8258809 DOI: 10.1177/2192568220948036

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Spinal orthoses have been generally used in the management of osteoporotic vertebral fractures in the elderly population with purported positive biomechanical and functional effects. To our knowledge, this is the first systematic review of the literature examining the role of spinal orthoses in osteoporotic elderly patients who sustain low energy trauma vertebral fractures.

脊椎装具は高齢者の骨粗鬆症性椎体骨折の管理に一般的に使用されており,生体力学的および機能的に良い効果があるとされております.

この研究は低エネルギー外傷性椎体骨折を負った骨粗鬆症高齢者における脊椎装具の役割を検討した初めての文献の系統的レビューであります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A systematic literature review adherent to the Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses (PRISMA) guidelines was conducted. Methodical searches utilizing MEDLINE, EMBASE, Google Scholar, and Cochrane Databases was performed.

PRISMA(Preferred Reporting Items for Systematic Reviews and Meta-Analyses)ガイドラインに準拠して系統的に文献レビューを行っております.

MEDLINE, EMBASE, Google Scholar, Cochrane Databasesを用いて検索を行っております.

 

研究の結果

Results: Of the 2019 articles initially retrieved, 7 published articles (4 randomized controlled trials and 3 prospective cohort studies) satisfied the inclusion criteria. Five studies reported improvement in quantitative measurements of spinal column stability when either a rigid or semirigid orthosis was used, while 1 study was equivocal. The studies also showed the translation of biomechanical benefit into significant functional improvement as manifested by improved postural stability and reduced body sway. Subjective improvement in pain scores and quality of life was also noted with bracing.

最初に検索された2019件の論文のうち,7件の発表論文(4件の無作為化比較試験と3件の前向きコホート研究)が取込基準を満たしておりました.

5件の研究では,硬性装具または半硬性装具のいずれかを使用した場合に,脊柱の安定性の定量的測定値の改善が報告されておりますが,1件の研究については結果が曖昧でありました.

またこれらの研究では,生体力学的な利点が姿勢の安定性の向上や体の揺れの減少などの顕著な機能的改善につながることが示されております.

また装具を装着することで,痛みのスコアや生活の質の主観的な改善も認められております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The use of spinal orthoses in neurologically intact elderly patients aged 60 years and older with osteoporotic compression vertebral fractures results in improved biomechanical vertebral stability, reduced kyphotic deformity, enhanced postural stability, greater muscular strength and superior functional outcomes.

骨粗鬆症性圧迫椎体骨折を有する神経学的障害の無い60歳以上の高齢者に脊椎装具を使用すると,生体力学的な椎体の安定性の向上,後弯変形の減少,姿勢の安定性の向上,筋力の向上,そして優れた機能的転帰が得られることが明らかとなりました.

 

今回は脊椎椎体骨折例に対するコルセットは本当に有効性について明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

脊椎装具は脊椎安定性、後弯変形,姿勢安定性,筋力向上に有効ということですね.

クライアントから目の敵にされるコルセットですが,理学療法士・作業療法士の立場としてはこういったデータをもとにコルセット装着の指導を徹底する必要がありますね.

 

タイトルとURLをコピーしました