結局のところ変形性膝関節症の発症に膝関節伸展筋力低下は関連しているのか?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結局のところ変形性膝関節症の発症に膝関節伸展筋力低下は関連しているのか?

変形性膝関節症といえば昔から膝関節伸展筋力との関連性が多く報告されております.

一方で膝関節伸展筋力低下は変形性膝関節症の結果であって原因ではないといった議論もあります.

今回は結局のところ変形性膝関節症の発症に膝関節伸展筋力低下は関連しているのかについて考える上で重要な論文をご紹介させていただきます.

white paper on persons lap

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Br J Sports Med. 2021 Dec 16;bjsports-2021-104861. doi: 10.1136/bjsports-2021-104861. Online ahead of print.

Knee extensor muscle weakness is a risk factor for the development of knee osteoarthritis: an updated systematic review and meta-analysis including 46 819 men and women

Britt Elin Øiestad 1, Carsten B Juhl 2 3, Adam G Culvenor 4, Bjørnar Berg 5, Jonas Bloch Thorlund 3 6

Affiliations expand

PMID: 34916210 DOI: 10.1136/bjsports-2021-104861

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To update a systematic review on the association between knee extensor muscle weakness and the risk of incident knee osteoarthritis in women and men.

女性および男性における膝関節伸展筋力低下と変形性膝関節症の発症リスクとの関連について,システマティックレビューを更新することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Systematic review and meta-analysis.

研究デザインはシステマティックレビューとメタアナリシスとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: Systematic searches in PubMed, EMBASE, SPORTDiscus, CINAHL, AMED and CENTRAL in May 2021.

2021年5月にPubMed,EMBASE,SPORTDiscus,CINAHL,AMED,CENTRALを用いて系統的に検索を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究選択のための基準

Eligible criteria for selecting studies: Longitudinal studies with at least 2 years follow-up including baseline measure of knee extensor muscle strength, and follow-up measure of symptomatic or radiographic knee osteoarthritis. Studies including participants with known knee osteoarthritis at baseline were excluded. Risk of bias assessment was conducted using six criteria for study validity and bias. Grading of Recommendations Assessments, Development and Evaluation assessed overall quality of evidence. Meta-analysis estimated the OR for the association between knee extensor muscle weakness and incident knee osteoarthritis.

ベースラインの膝関節伸展筋力測定,フォローアップの症候性またはX線写真による変形性膝関節症の測定を含む,少なくとも2年間のフォローアップを伴う縦断的研究となっております.

ベースラインで変形性膝関節症が判明している参加者を含む研究は除外しております.

バイアスリスク評価は,研究の妥当性と偏りに関する6つの基準を用いて行っております.

推奨の評価,開発・評価の評定では,エビデンスの全体的な質を評価しております.

メタアナリシスにより,膝関節伸展筋力低下と変形性膝関節症の発症との関連についてのオッズ比を推定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: We included 11 studies with 46 819 participants. Low quality evidence indicated that knee extensor muscle weakness increased the odds of symptomatic knee osteoarthritis in women (OR 1.85, 95% CI 1.29 to 2.64) and in adult men (OR 1.43, 95% CI 1.14 to 1.78), and for radiographic knee osteoarthritis in women: OR 1.43 (95% CI 1.19 to 1.71) and in men: OR 1.39 (95% CI 1.07 to 1.82). No associations were identified for knee injured populations except for radiographic osteoarthritis in men.

46819例の対象を含む11件の研究を対象となっております.

質の低いのエビデンスは膝関節伸展筋力低下が女性では症状のある変形性膝関節症のオッズを増加させ(OR 1.85、95%CI 1.29~2.64),成人男性では(OR 1.43、95%CI 1.14~1.78),女性ではX線上の変形性膝関節症のオッズ比を増加させることを示しました(OR 1.43(95% CI 1.19~1.71)、男性。OR 1.39(95% CI 1.07~1.82)).

膝関節周囲に外傷を有する集団については,男性におけるX線上の変形性膝関節症を除き関連は確認されませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Discussion: There is low quality evidence that knee extensor muscle weakness is associated with incident symptomatic and radiographic knee osteoarthritis in women and men. Optimising knee extensor muscle strength may help to prevent knee osteoarthritis.

膝関節伸展筋力低下が女性および男性における症候性およびX線撮影による変形性膝関節症の発症と関連するという質の低いエビデンスが明らかとなりました.

膝関節伸展筋力を向上させることは変形性膝関節症の予防に役立つ可能性があります.

 

今回は結局のところ変形性膝関節症の発症に膝関節伸展筋力低下は関連しているのかについて考える上で重要な論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると変形性膝関節症の発症(X線および臨床症状)には膝関節伸展筋力低下が関与するということになりますね.

ただエビデンスの確実性は低い結果ですね.

低い確実性=信用できないというわけでもないので,1つの原因としては考慮しておく必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました