医師と患者では腰痛に対する捉え方が大きく異なる?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

医師と患者では腰痛に対する捉え方が大きく異なる?

理学療法士・作業療法士が腰痛を持つ患者を担当する機会は多いと思います.

理学療法士・作業療法士は専門的な視点で腰痛の症例に対して評価をしたり解釈をしたりするわけですが,ここで重要なのは患者の視点です.

理学療法士・作業療法士は医療従事者ですので医療従事者ならでは視点で腰痛をとらえますが,クライアントがどういう風に腰痛を捉えているのかを知っておくことも重要です.

今回は医師と患者では腰痛に対する捉え方が大きく異なるといったお話です.

woman in white tank top and blue denim shorts sitting on bed

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Spine J. 2021 Sep 19;S1529-9430(21)00906-2. doi: 10.1016/j.spinee.2021.09.007. Online ahead of print.

What does the Patient with Back Pain Want? A Comparison of Patient Preferences and Physician Assumptions

Matthew Smuck 1, Kevin Barrette 2, Agnes Martinez-Ith 3, Geoffrey Sultana 4, Patricia Zheng 2

Affiliations expand

PMID: 34551322 DOI: 10.1016/j.spinee.2021.09.007

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Backgroud context: Low back pain can be difficult to diagnose, leaving patients frustrated and confused after medical visits.

腰痛は診断が難しく,患者は受診後に不満や混乱を抱えることがあります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: To evaluate the importance of reasons for seeking care in patients with back pain, and to compare this to physicians’ assumptions about these patients’ reasons.

腰痛患者が医療機関を受診する理由の重要性を評価し,これらの受診理由についての医師の腰痛の捉え方と比較することを目的として研究が行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Study design/setting: Prospective survey study carried out at two Academic Spine Centers.

この研究は2つの学術的スパインセンターで実施された前向きの調査研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究対象者

Patient sample: 419 patients with back pain upon initial presentation to a spine clinic, and 198 physicians; all volunteered to complete a survey.

脊椎診療所に初診で来院した腰痛患者419例と医師198例を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトカム測定

Outcome measures: Variance in mean values between patient and physician responders with significance determined by non-overlapping 95% confidence intervals.

患者と医師の回答を2群で比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Patients were asked to “rate each of the following with regard to their importance to you” (answering between 0 “not important” to 4 “extremely important”): improvement in level of pain, improvement in ability to perform daily tasks, explanation of what is causing your problem, thorough physical examination, diagnostic testing, medication, physical therapy, surgery. Physicians were asked to rate each of these “with regard to their importance to your patients.”

患者には「あなたにとっての重要性について次の各項目を評価してください」と尋ねております(0「重要ではない」から4「非常に重要である」の間で回答).

疼痛のレベルの改善,日常業務を行う能力の改善,問題の原因についての説明,身体機能評価,診断,投薬,理学療法,手術に関して質問が行われております.

医師はこれらの各項目について,「あなたの患者にとっての重要性に関して」評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Patients indicated the following items were the most important (mean values): explanation of what is causing your problem (3.27), improvement in level of pain (3.48) and improvement in ability to perform daily tasks (3.31). Patients attributed the least importance and lowest scores to: surgery (1.07) and medication (1.89). Comparing the mean values to each item by patient and physician responders revealed statistically significant differences in certain items. Specifically, physicians underestimated the importance of an explanation of what is causing the problem (2.78 ± 0.119 vs. 3.28 ± 0.098, 95% CI) and overvalued diagnostic tests (2.64 ± 0.120 vs. 2.30 ± 0.147, 95% CI), medications (2.38 ± 0.118 vs. 1.89 ± 0.143, 95% CI) and surgery (1.60 ± 0.126 vs 1.07 ± 0.140, 95% CI).

患者は「原因の説明」(3.27),「痛みの改善」(3.48),「日常生活の改善」(3.31)が最も重要であると回答しておりました.

患者が最も重要視していない項目は「手術」(1.07)と「薬」(1.89)でありました.

各項目の平均値を患者と医師で比較したところ,一部の項目で統計的に有意な差が見られました.

具体的には医師は「原因の説明」の重要性を過小評価し(2.78±0.119対3.28±0.098、95%信頼区間),「診断」(2.64±0.120対2.30±0.147、95%信頼区間),「投薬」(2.38±0.118対1.89±0.143、95%信頼区間),「手術」(1.60±0.126対1.07±0.140、95%信頼区間)を過大評価しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Patients did not place as much importance on diagnostic tests, medications and surgery as the physicians assumed. Physicians understand that back pain patients want improvement in both pain and function, but they underestimate the importance of an explanation for the pain.

患者は医師が想定しているほど,診断,投薬,手術を重要視しておりませんでした.

医師は腰痛患者が疼痛と機能の両方の改善を望んでいることを理解しておりますが,疼痛に対する説明の重要性を過小評価していることが明らかとなりました.

 

今回は医師と患者では腰痛に対する捉え方が大きく異なるといったお話でした.

この結果は理学療法士・作業療法士にとってもかなり重要な結果ですね.

やはり患者は腰痛の原因について専門家に意見を聞きたいと思っているということです.

われわれ理学療法士・作業療法士は診断はできませんが,疼痛の原因をわれわれならではの視点で考えたうえで患者と共有することが重要だと言えるでしょうね.

原因も考えずモミモミしててもダメですね.

タイトルとURLをコピーしました