筋膜の厚みは柔軟性に関連するのか?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋膜の厚みは柔軟性に関連するのか?

筋膜に関連する研究もどんどん進んでいますね.

筋膜リリースという言葉が独り歩きしている感も否めませんが,筋膜の厚みが柔軟性に及ぼす影響ってどうなのでしょうか?

今回は筋膜の厚みは柔軟性に関連するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man in white sleeveless top

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Anat. 2019 Jan;234(1):43-49. doi: 10.1111/joa.12902. Epub 2018 Nov 11.

Fascia thickness, aging and flexibility: is there an association?

Jan Wilke 1, Veronica Macchi 2, Raffaele De Caro 2, Carla Stecco 2

Affiliations expand

PMID: 30417344 PMCID: PMC6284431 DOI: 10.1111/joa.12902

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The morphology of the connective tissue may play an important role in locomotor mechanics. Recent research has revealed an association between increased fascia thickness and reduced joint flexibility in patients with chronic pain. The present study aimed to examine the relationship of both factors in healthy individuals, additionally testing the hypothesis that older subjects display a higher fascia thickness.

結合組織の形態は運動力学に重要な役割を果たしています.

最近の研究では慢性疼痛患者における筋膜の厚さの増加と関節の柔軟性の低下との関連性が明らかにされております.

この研究では,健常者における両要因の関係を調べるとともに,高齢になるほど筋膜の厚さが厚くなるといった仮説を検証することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Young (n = 18, 22 ± 1 years) and old (n = 17, 69 ± 4 years) healthy females were recruited for a quasi-experimental, cross-sectional trial. All participants underwent standardized ultrasound-based thickness measurements of the deep fasciae of the trunk and lower limb. Flexibility was assessed using sit and reach testing (hamstring extensibility) and the Schober test (lumbar flexion and extension). Systematic between-group differences of fascia thickness and variable associations (i.e. fascia thickness and flexibility) were detected using non-parametric data analyses.

若年(n = 18, 22 ± 1歳)および高齢(n = 17, 69 ± 4歳)の健常女性を対象として,準実験的な横断的試験を行っております.

参加者全員に,体幹と下肢の深部筋膜の標準的な超音波による厚さの測定を行っております.

柔軟性はsit and reachテスト(ハムストリングスの伸展性)およびSchoberテスト(腰椎の屈曲・伸展)を用いて評価しております.

ノンパラメトリックデータ解析により,筋膜厚の系統的な群間差と変数の関連性(すなわち、筋膜厚と柔軟性)を検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Young adults exhibited higher fascia thickness of the anterior and posterior lower leg, anterior thigh and abdominal wall (+12.3-25.8%, P < 0.05). Conversely, older participants showed higher thickness in the lumbar spine (+40.0-76.7%, P < 0.05). Correlations of both body mass and fascia thickness (τ = 0.45-0.75, P < 0.05), as well as flexibility and fascia thickness (τ = 0.38-0.42, P < 0.05) were found.

若年者は下腿部の前後,大腿部の前側,腹壁の筋膜厚が高い(+12.3〜25.8%、P<0.05)結果であり,逆に高齢者は腰椎で高い厚さを示しました(+40.0-76.7%、P<0.05).

体重と筋膜厚(τ=0.45〜0.75、P<0.05),および柔軟性と筋膜厚(τ=0.38〜0.42、P<0.05)に相関関係が認められました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Age-related changes in fascia thickness may be a contributing factor of restrictions in joint range of motion. Further study delineating the cause-effect triangle of body mass index, flexibility and fascia thickness is necessary.

加齢に伴う筋膜の厚さの変化は関節可動域制限の一因であると考えられます.

肥満度,柔軟性,筋膜の厚さの因果関係を明らかにするためには,さらなる研究が必要であります.

 

今回は筋膜の厚みは柔軟性に関連するのかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今後もこういった基礎研究の積み重ねで筋膜に関する知見が明らかにされることを期待したいですね.

タイトルとURLをコピーしました