理学療法士・作業療法士も知っておきたいセルフメディケーション税制

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたいセルフメディケーション税制

理学療法士・作業療法士の皆様はセルフメディケーション税制という制度をご存じですか?

これは医療費控除の一種ですがこれを知っているだけでもけっこう節税につながります.

いつも市販の医薬品を購入されるという理学療法士・作業療法士の方は使わないと損です.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいセルフメディケーション税制について

Woman, Adult, People, Money, Law Of Attraction, Happy

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフメディケーション税制とは?

これまで1年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合には,超えた額が所得から控除されて税金が還付・減額される医療費控除という制度があります.

しかしながら理学療法士・作業療法士の場合には,健康で病院を受診することもなくこの制度を利用できるほど医療費を支払ったことがないという方も少なくないと思います.

そういった方でも,ちょっとした身体の不調などで市販薬(OTC医薬品)をよく利用される方であれば,一定の条件を満たせば税金が還付・減額される制度が2017年1月から始まっています.

一定の条件とは,特定の成分を含む市販薬(OTC医薬品)を1年間に12,000円以上購入し,更にその年に会社の健康診断や自治体のメタボ検診などを受けていることです.

 

 

 

 

 

 

 

 

OTC医薬品とは?

ここでいうOTC医薬品とはどんなものなのでしょうか?

OTC医薬品というのは,医師に処方してもらう「医療用医薬品」ではなく,薬局やドラッグストアなどで自分で選んで買える「要指導医薬品」と「一般用医薬品」のことを指します.

「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で,対面販売で薬を買うことを意味しています.

これまで「大衆薬」や「市販薬」とも呼ばれてきましたが,最近,国際的表現の「OTC医薬品」という呼称が使われるようになりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフメディケーション税制の対象者

セルフメディケーション税制の対象者ですが,健康の保持増進及び疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みを行う個人が対象となります.

 

定期健康診断:会社の健康診断

特定健康診断:メタボ検診など

健康診査:市町村の検診など

がん検診:市町村の検診など

 

どれかの検診や予防接種を受けた方々が対象となるため,病院や施設で勤務する理学療法士・作業療法士の場合には健康診断を受けていることがほとんどだと思いますので基本的にこのセルフメディケーション制度の対象となります。

 

 

 

 

 

 

 

対象商品

対象商品ですが以下のような薬品が対象となります.

 

風邪薬

胃腸薬

鼻炎薬

頭痛薬

水虫・たむし用薬

肩こり・腰痛・関節痛の張り薬など

 

上記のように生活には当たり前の薬がずらりと並んでいます.

しかしながらセルフメディケーション税制のマークが入った商品しか対象ではないため注意が必要です.

これらのセルフメディケーション税制対象商品は病院レベルの薬であることを示しています.

ドラッグストアなどにて対象商品を購入された際にレシートを見てみてみるとわかるのですが,レシートの品目に★印が付いている商品が対象商品となります.

★印以外もマークは存在しますが,★や■など様々なマークが付いているので何かしらの目印を確認するとよいでしょう.

なお印が付いているレシートは大切に保管しておくことが必要です.

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフメディケーション税制を申告する際に必要な書類

セルフメディケーション税制を申告する際には以下のような書類の提出が必要となります.

 

健康診断の結果通知書,領収書(パソコンにて添付または提示が必要)

控除を受けるためのレシート

予防接種にて申告をする際には予防接種の領収書

 

 

 

 

 

 

 

申告はいつ行うか?

基本的にセルフメディケーション税制の申告は医療費控除と同様に確定申告の際に行います.

紙媒体で提出してもいいですし,パソコンなどの電子媒体を使用して申告する方法もあります.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいセルフメディケーション税制についてご紹介させていただきました.

該当する理学療法士・作業療法士の方はこういった制度もうまく活用しないと損ですね.

タイトルとURLをコピーしました