新概念Respiratory sarcopeniaに注目が集まる

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新概念Respiratory sarcopeniaに注目が集まる

最近はSarcopenic obesityやOsteosarcopeniaをはじめサルコペニアの概念にもさまざまなものが提唱されるようになってきております.

そんな中で今回は呼吸に関連する新しいサルコペニアの概念Respiratory sarcopeniaに関連する報告をご紹介させていただきます.

Oxygen, Pressure Regulator, Oxygen Bottle, Bottle

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

The Relationship between Sarcopenia and Respiratory Muscle Weakness in Community-Dwelling Older Adults

Tomoyuki Morisawa

Int. J. Environ. Res. Public Health 2021, 18(24), 13257; https://doi.org/10.3390/ijerph182413257

Received: 17 November 2021 / Revised: 12 December 2021 / Accepted: 13 December 2021 / Published: 16 December 2021

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

An association between respiratory muscle weakness and sarcopenia may provide a clue to the mechanism of sarcopenia development. We aimed to clarify this relationship among community-dwelling older adults.

呼吸筋の弱化とサルコペニアの関連はサルコペニア発症のメカニズムを解明する手がかりとなる可能性があります.

この研究では地域在住高齢者を対象として,呼吸筋の弱化とサルコペニアの関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

In total, 117 community-dwelling older adults were assessed and classified into 4 groups: robust, respiratory muscle weakness, sarcopenia, and respiratory sarcopenia.

合計117例の地域在住高齢者を対象に評価を行い,ロバスト,呼吸筋弱化,サルコペニア、呼吸筋弱化+サルコペニア(呼吸気サルコペニア)の4群に分類しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

The respiratory sarcopenia group (12%) had a significantly higher percentage of males and had lower BMI, skeletal muscle index, skeletal muscle mass, phase angle, and oral function than the robust group (32.5%). All physical functions were significantly lower. The respiratory muscle weakness group (54.7%) had a significantly lower BMI and slower walking speed, compared with the robust group. The sarcopenia group (0.8%) was excluded from the analysis. The percent maximum inspiratory pressure was significantly lower in both the respiratory muscle weakness and respiratory sarcopenia groups, compared with the robust group.

呼吸器サルコペニア群(12%)は,男性の割合が有意に高く,ロバスト群(32.5%)に比べてBMI,骨格筋指数,骨格筋量,位相角,口腔機能が低下しておりました.

身体機能はすべて有意に低い結果でありました.

呼吸筋機能低下群(54.7%)は頑健群に比べ,BMIが有意に低く,歩行速度が遅い結果でありました.

サルコペニア群(0.8%)は解析から除外しております.

最大吸気圧パーセントは,ロバスト群に比べ,呼吸筋弱化群、呼吸筋サルコペニア群ともに有意に低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の考察

Almost all participants with sarcopenia showed respiratory muscle weakness. In addition, approximately 50% had respiratory muscle weakness, even in the absence of systemic sarcopenia, suggesting that respiratory muscle weakness may be the precursor of sarcopenia. The values indicating physical function and skeletal muscle mass in the respiratory muscle weakness group were between those in the robust and the respiratory sarcopenia groups.

サルコペニアの対象のほぼ全例に呼吸筋の弱化が認められました.

また全身のサルコペニアがない場合でも,約50%に呼吸筋の弱化が認められたことから,呼吸筋の弱化がサルコペニアの前兆である可能性が示唆されました.

呼吸筋群における身体機能および骨格筋量を示す数値は,ロバスト群と呼吸筋機能低下群の中間でありました.

 

今回は呼吸に関連する新しいサルコペニアの概念Respiratory sarcopeniaに関連する報告をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えるとサルコペニア症例では呼吸機能にも目を向けて何かしらの介入を行っていく必要がありそうですね.

 

タイトルとURLをコピーしました